蚯蚓鳴く          196句

蚯蚓鳴く六波羅密寺しんのやみ    川端茅舎

蚯蚓  みみず  蚯蚓鳴く

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
木簡の文字は貸し借り蚯蚓鳴く 遠藤タミ子 京鹿子 199811  
障害児陶然としてみみず鳴く 安西篤 海程 199902  
蚯蚓鳴く夜の生温かき乳房抱く 浜芳女 海程 199908  
上手言ふ耳語のひとひら蚯蚓鳴く 中原道夫 銀化 199910  
蚯蚓鳴く方から来たる女かな 高橋将夫 199911  
千匹もゐれば此奴は鳴く蚯蚓 中原道夫 銀化 199912  
蚯蚓鳴く廊下の隅にコンセント 小枝恵美子 船団 199912  
蚯蚓鳴くころばぬ右近の像凛々し 水島夜雨 京鹿子 200001  
縁あつて地球に生まれ蚯蚓鳴く 今瀬剛一 200003  
その声に聞き覚えあり蚯蚓鳴く 保田英太郎 風土 200003  
常闇に光りを求め蚯蚓鳴く 村越化石 200010  
探しものは夫の部屋より蚯蚓鳴く 伊藤多恵子 火星 200012  
大日の虚空となれり蚯蚓鳴く 竹内悦子 200012  
彼女とはもう過去のこと蚯蚓鳴く 稲畑廣太郎 ホトトギス 200109  
一人居の昼の蚯蚓に鳴かれをり 瀬戸悠 風土 200109  
蚯蚓鳴く病比べを一人降り 中原道夫 銀化 200110  
蚯蚓鳴く白磁の壷に耳二つ 竹貫示虹 京鹿子 200111  
夜は暗き故郷の道蚯蚓鳴く 棚山波朗 春耕 200111  
蚯蚓鳴く羽黒に残る真の闇 今瀬剛一 200112  
蚯蚓鳴く骨まで黄色い我らかな 九堂夜想 海程 200112  
みみず鳴くまた後ほどといふ都合 北川孝子 京鹿子 200201  
みみず鳴く更けて重荷となる言葉 北川孝子 京鹿子 200201  
憧れの果ての空虚や蚯蚓鳴く 加藤奈那 ぐろっけ 200202  
転生の蚯蚓が耳に入りて鳴く 槐布由子 銀化 200210  
蚯蚓鳴く人の世にある落し穴 柴田雪路 200211  
水音のほかは許さずみみず鳴く 木山杏理 京鹿子 200212  
みみず鳴く母系に享けし薄き眉 星井千恵子 遠嶺 200212  
蚯蚓鳴く升目の歪む原稿箋 伊藤早苗 200301  
蚯蚓鳴く三内丸山遺跡かな 島田和子 風土 200301  
射的屋の棚の傾ぎや蚯蚓鳴く 柿沼盟子 風土 200301  
石を抱く碇据ゑられ蚯蚓鳴く 松崎鉄之介 200302  
鳴かざれど言ひ当ててをり蚯蚓の香 伊藤白潮 200308  
蚯蚓鳴くこんなに弱つてよいものか 吉弘恭子 あを 200310  
受け売りの辻褄合はず蚯蚓鳴く 徳丸峻二 風土 200311  
蚯蚓鳴くてふさみしさのありにけり 長沼紫紅 200311  
草ふかく夕暮の来て蚯蚓鳴く 長沼紫紅 200311  
蚯蚓鳴き伊那に残れる芝居小屋 山本喜朗 雨月 200312  
天平の柱に継ぎ目蚯蚓鳴く 黒崎よし江 雲の峰 200312  
知るはまた厄介であり蚯蚓鳴く 小林朱夏 200312  
一日の終りの手足みみず鳴く 長田曄子 火星 200312  
みみず鳴く花輪立たざる農夫の葬 芝生南天 河鹿 200405  
花札の裏のくれなゐ蚯蚓鳴く 城孝子 火星 200411  
参道の形に星空蚯蚓鳴く 加藤みき 200411  
隅寺の塀の崩れや蚯蚓鳴く 辻井桂子 雲の峰 200411  
蚯蚓鳴き死ぬも生るも闇深し 淵脇護 河鹿 200412  
母子して美容体操蚯蚓鳴く 波田美智子 火星 200412  
みみず鳴くおのれに返る酒の果 森下賢一 春燈 200412  
赤き日に染まらじと鳴く蚯蚓かな 市場基巳 200501  
みみず鳴く雨はたとやみみみず鳴く 坊城俊樹 ホトトギス 200503  
蚯蚓鳴き天地じわじわ幽くする 山元志津香 八千草 200504  
西口は更地蚯蚓の鳴きにけり 須佐薫子 帆船 200507  
一人とは自由とは何蚯蚓鳴く 田中寿恵子 200511  
蚯蚓鳴くとも山墓の父のこゑ 淵脇護 河鹿 200512  
間抜けなる漢でありぬ蚯蚓鳴く 九万田一海 河鹿 200512  
恐竜の生きし世遠く蚯蚓鳴く 蔦三郎 ホトトギス 200602  
そこはほれ私でんがな蚯蚓鳴く 稲畑廣太郎 ホトトギス 200609  
天神のぐるり浄めし蚯蚓鳴く 東亜未 あを 200611  
蚯蚓鳴き鉛筆の芯尖らする 今井妙子 雨月 200612  
千年に一度鳴きゐる蚯蚓かな 川口襄 遠嶺 200701  
物置に古き農薬蚯蚓鳴く 塩田博久 風土 200701  
天つ神国つ神にも蚯蚓鳴く 稲岡長 ホトトギス 200702  
ふいに闇ふくれて蚯蚓鳴きはじむ 檜山哲彦 万象 200702  
歳月の山の重さに蚯蚓鳴く 水野恒彦 200702  
智恵の輪にはまつてをるや蚯蚓鳴く 中貞子 200710  
夜深しの悪癖みみず鳴いてをり 瀬戸悠 風土 200710  
家計簿の空白久しみみず鳴く 和田政子 200712  
いにしへの寺宝一管蚯蚓鳴く 水井千鶴子 風土 200801 薄墨の笛
蚯蚓鳴く闇をぬくしと手のひらに 檜山哲彦 万象 200801  
釣具屋の餌なるみみず夜は鳴くや 品川鈴子 ぐろっけ 200809  
使ひ込むミシンに歪み蚯蚓鳴く 和田政子 200811  
蚯蚓鳴く真夜の鏡に独り居て 柳生千枝子 火星 200811  
蚯蚓鳴く雨戸の外に月照るか 柳生千枝子 火星 200811  
蚯蚓鳴く独りに馴れしわが晩年 柳生千枝子 火星 200811  
天に鳴く迦楼羅地に鳴く蚯蚓かな 高橋将夫 200812  
押し花に指紋あるべし蚯蚓鳴く 中田みなみ 200812

高千夏子さん

一周忌

蚯蚓鳴くを聞きて眠る座敷かな 滝沢伊代次 万象 200910  
漆黒の闇もてあます蚯蚓鳴く イザベル真央 炎環 200911  
寄せ算のなかなか合はず鳴く蚯蚓 水原春郎 馬醉木 200911  
蚯蚓鳴くいつしか母の年越ゆる 藤村達江 春燈 200911  
変革の瑞穂国や蚯蚓鳴く 中田禎子 200912  
限りなき食物連鎖蚯蚓鳴く 前田美恵子 200912  
昼どきの酒をいささかみみず鳴く 白数康弘 火星 200912  
仕舞風呂落とす頃なり蚯蚓鳴く 貝森光洋 六花 200912  
みみず鳴く蓋開いたまま夜の鍋 中谷仁美 船団 200912  
蚯蚓鳴く心かすかに罅われて 西村純太 201001  
下乗して入る結界や蚯蚓鳴く 木村美智穂 遠嶺 201001  
蚯蚓鳴く短音階のありにけり 松木ひろ ろんど 201001  
点滅の止まぬ外灯蚯蚓鳴く 奥田茶々 風土 201001  
蚯蚓鳴く虚子学びても学びても 山田弘子 ホトトギス 201002  
蚯蚓鳴く離れの間にて寝につけり 滝沢伊代次 万象 201008  
暮しぶりまでは変らず蚯蚓鳴く 稲畑汀子 ホトトギス 201009  
海越えて来られし人に蚯蚓鳴く 稲畑汀子 ホトトギス 201009  
考へのつゞきは夢で蚯蚓鳴く 稲畑汀子 ホトトギス 201009  
夢の世はウイルスがゐて蚯蚓鳴く 高橋将夫 201011  
あめつちの黙に堪らず蚯蚓鳴く 近藤喜子 201012  
みみず鳴く二十四時間心電図 神蔵器 風土 201012  
蚯蚓鳴くまで草になる石になる 南うみを 風土 201012  
人亡びても蚯蚓鳴く世はあらむ 木村享史 ホトトギス 201103  
蚯蚓鳴く俳句の未来語るかに 稲畑廣太郎 ホトトギス 201109  
蚯蚓鳴く地底王国あるやうに 稲畑廣太郎 ホトトギス 201109  
みみず鳴くこの世の義理も日々果たし 本間羊山 風土 201109  
蚯蚓鳴く虫扁の字を厭へるや 井田実代子 雨月 201109  
空海の山の蚯蚓に鳴かれけり 岩木茂 風土 201110  
蚯蚓鳴く世を裏返すこともよし 鈴鹿仁 京鹿子 201111  
蚯蚓鳴く母には母の旅支度 堀内一郎 あを 201110  
蚯蚓鳴く恋の夢路の闇の奥 上原重一 201112  
死に刻を選べぬ不幸みみず鳴く 折橋綾子 201112  
詩心の熟れ来たりしや蚯蚓鳴く 天野みゆき 風土 201112  
寿命七年延びるうはさや蚯蚓鳴く 林いづみ 風土 201201  
やや曲る萩の枝の筆蚯蚓鳴く 山本耀子 火星 201201  
今もなほ生死の境蚯蚓鳴く 前田美恵子 201202  
写真など捨ててしまへと蚯蚓鳴く だいじみどり 201210  
白昼の鴫立庵や蚯蚓鳴く 神蔵器 風土 201211  
美しき人通るたび蚯蚓鳴く 高橋将夫 201211  
眠つたらおけらになると蚯蚓鳴く 柳川晋 201211  
還るべき土清らかや蚯蚓鳴く 中田禎子 201211  
蚯蚓鳴く爺やと我を呼ぶごとし 安藤虎酔 かさね 201212  
思春期は行きつ戻りつ蚯蚓鳴く 福島松子 ぐろっけ 201212  
蚯蚓鳴くバリアフリーにある傾斜 関根揺華 201212  
蒔き終へて土をたたけば蚯蚓鳴く 布施まさ子 風土 201301  
蚯蚓鳴く電子メールの留守居かな 鴨下昭 201301  
遥かなる声に応へて蚯蚓鳴く 水野恒彦 201302  
渇筆やむちの闇より蚯蚓鳴く 水野恒彦 夢寐 201306  
一日の短かし蚯蚓鳴きにけり 近藤喜子 201311  
天上の水あまからむみみず鳴く 井口ふみ緒 風土 201312  
蚯蚓鳴く中仙道の一里塚 池田節 春燈 201312  
蚯蚓鳴く心読める日読めざる日 藤丸誠旨 春燈 201312  
耳鳴りを疑ふほどに蚯蚓鳴く 橋本修平 かさね 201312  
ほどほどの生活(たつき)に露地の蚯蚓鳴く 久保東海司 201312  
蚯蚓鳴く闇のどこかが弛(ゆる)みゐて 水野恒彦 201401  
街中に残る農家や蚯蚓鳴く 瀬島洒望 やぶれ傘 201401  
ほとぼりのまだありにけり蚯蚓鳴く 寺田すず江 201401  
耳少し違くなりしか蚯蚓鳴く 久世孝雄 やぶれ傘 201402  
蚯蚓鳴く水琴窟の竹の筒 二宮一知 万象 201406  
悲鳴あげても蚯蚓には聞こえない 稲畑廣太郎 ホトトギス 201406  
蚯蚓鳴く日光の宿寝付かれず 斉藤裕子 あを 201409  
蚯蚓鳴く心の襞を洗ふべし 藤丸誠旨 春燈 201411  
蚯蚓鳴く中仙道の六地蔵 池田節 春燈 201412  
問ひ返す会話ふえたり蚯蚓鳴く 野畑さゆり 201412  
ならぬことはならぬと掟つ蚯蚓鳴く すずき巴里 ろんど 201412  
御嶽の悲報を知るや蚯蚓鳴く 大口堂遊 春燈 201412  
山頭火泊りし宿や蚯蚓鳴く 門伝史会 風土 201412  
吊り橋の音のはづれに蚯蚓鳴く 鴨下昭 201501  
蚯蚓鳴く半切和紙に自選の句 鈴木石花 風土 201501  
我にある臨死体験みみず鳴く 奥田茶々 風土 201501  
蚯蚓鳴く舞ひ戻りきし封書かな 小林愛子 万象 201501  
数行でこと足る履歴みみず鳴く 浅木ノヱ 春燈 201501  
蚯蚓鳴くこの地のどこか火噴く山 木村享史 ホトトギス 201504  
都内てふ原生林や蚯蚓鳴く 稲畑廣太郎 ホトトギス 201508  
蚯蚓鳴く道を近江へくだりけり 大崎紀夫 やぶれ傘 201511  
みみず鳴く工事現場の午後六時 藤井美晴 やぶれ傘 201511  
仕来りを変ふる勇気や蚯蚓鳴く 小松誠一 201511  
ひとり居の庭草の丈蚯蚓鳴く 池田節 春燈 201512  
罔象女(みずはのめ)を恋ひて蚯蚓の鳴いてをり 江島照美 201512  
蚯蚓鳴き禁じ手つかひ法案成す 秋川泉 あを 201512  
蚯蚓鳴く鼻先にある山の闇 黒滝志麻子 末黒野 201512  
東京のへそてふ杉並蚯蚓鳴く 神蔵器 風土 201512  
蓑虫の鳴けば蚯蚓も鳴く世なり 遠藤逍遙子 風土 201512  
蚯蚓鳴くただ今電話充電中 平野みち代 201601  
相席や正規不正規蚯蚓鳴く 鴨下昭 201601  
衰へてゆく聴覚に蚯蚓鳴く 須藤常央 ホトトギス 201602  
蚯蚓鳴く昭和の歌に酔ひをれば 岡野ひろ子 201602  
大地病みゐるか今宵も蚯蚓鳴く 木村享史 ホトトギス 201604  
蚯蚓鳴く四日で六回の句会 稲畑廣太郎 ホトトギス 201609  
月山の底より蚯蚓鳴きにけり 水野恒彦 201611  
蚯蚓鳴く大仏殿の瓦窯(がよう)跡 宇都宮敦子 201612  
いつまでも消えぬ思ひ出蚯蚓鳴く 秋川泉 あを 201612  
龍となるは夢のまた夢みみず鳴く 近藤喜子 201701  
補聴器の電池入れ替へみみず鳴く 加藤良子 春燈 201701  
裏窓の鍵こはれをり蚯蚓鳴く 天野美登里 やぶれ傘 201702  
蚯蚓鳴きだまってばかりゐて疲る 中川句寿夫 ここのもん 201705  
蚯蚓鳴くビル縫ふジェットコースター 稲畑廣太郎 ホトトギス 201708  
あと少しなどと云はずに蚯蚓鳴く 寺田すず江 201710  
蚯蚓鳴くしらけしこの世をありのまま 平野多聞 201710  
蚯蚓鳴く閻魔不動の膝の下 中村風信子 馬醉木 201711  
追伸のにじみはじめて蚯蚓鳴く 和田照海 京鹿子 201711  
蚯蚓鳴く商店街の裏の路地 山田天 雨月 201711  
結論の出でぬやりとり蚯蚓鳴く 長谷英夫 馬醉木 201712  
音沙汰の途切れし友よ蚯蚓鳴く 宮野了子 201712  
ドツトドツトドツトドツトと蚯蚓鳴く 辻水音 201712  
タイヤ無き空き地の廃車蚯蚓鳴く 泉一九 やぶれ傘 201710  
蚯蚓鳴く合はせて耳も鳴りけらし 井上石動 あを 201810  
蚯蚓鳴くだんだんさうと思ひたる 加藤みき 201811  
蚯蚓鳴く清々しい死に憧れて 波戸辺のばら 201901  
蚯蚓鳴く昼夜の長短説明す つじあきこ 201901

島津製作所

創業記念資料館

嘘つけば増ゆる口数蚯蚓鳴く 吉田悦子 201902  

 

2019年9月7日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。