蜜柑の花 (花蜜柑)  147句

山窪は蜜柑の花の匂ひ壺   山口誓子  青銅

蜜柑  青蜜柑  

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
やがて日暮の私の星座花みかん 野田田美子 海程 199808  
この闇の香に花蜜柑咲きしこと 稲畑汀子 ホトトギス 199906  
潮風のかすかに届く花みかん 金國久子 青葉潮 199907  
花蜜柑沖釣りの夫戻りくる 堀井より子 春耕 199908  
その周り早く風吹く花みかん 武田美雪 六花 199908  
花蜜柑島燈台の退息所 山口たけし 俳句通信 199908  
杣道のふいに展けて花蜜柑 鈴木マキ子 ぐろっけ 199909  
花蜜柑紀州生まれの土佐育ち 中村祭生 ぐろっけ 199910  
花みかん外厠あり島銀座 品川鈴子 ぐろっけ 200007  
花博の垣の外なる花みかん 宮原利代 ぐろっけ 200008  
山匂ひ海まで匂ひ花蜜柑 嶋田一歩 ホトトギス 200012  
突然のある日に咲いて花蜜柑 嶋田一歩 ホトトギス 200012  
襲ひ来る香ともいふべし花蜜柑 嶋田一歩 ホトトギス 200012  
雨後の霧灘より晴れて花蜜柑 新田巣鳩 馬酔木 200108  
花蜜柑夜のひととき母許へ 天野きく江 200108  
海よりの風に蜜柑の花散れり 細井隆子 200108  
花みかん雀のほかは誰もこず 尾崎久子 ぐろっけ 200108  
花みかん国宝寺の仏達 田中嘉代子 ぐろっけ 200108  
海に向くみかんの花の丘に住む 丸田安子 酸漿 200109  
何処より懐かしき香や花みかん 山田暢子 風土 200207  
空よりも海の青さよ花蜜柑 辻のぶ子 雲の峯 200207  
花みかん瀬戸海流は争はず 鷹羽狩行 200208  
付き過ぎは捨てろと言はれ花みかん 小田元 六花 200208  
島の路地曲がれば匂ひ花みかん 村尾松籟 200209  
潮風のまどろむあたり花蜜柑 佐藤なか 遠嶺 200209  
花みかん数へてもらふ足のつぼ 木野本加寿江 火星 200210  
とうに物作らぬ畑や花蜜柑 山仲英子 200305  
花みかん村塾の戸を敲く風 宇都宮滴水 京鹿子 200307  
海昏れて路地に匂へる花みかん 東野鈴子 雨月 200307  
花蜜柑宮に日露の戦勝碑 山口たけし 雲の峯 200307  
伊予灘を香りがしづめ花蜜柑 鷹羽狩行 200308 菊池啓泰句集『南伊予』序句
花蜜柑夕暮の空に向きて咲く 小林恵子 遠嶺 200308  
花蜜柑段段畑につづきたる 水谷とく 築港 200308  
雨のあとすぐに蜂来る花蜜柑 田中嘉代子 ぐろっけ 200308  
花蜜柑富士に大きく窓あけて 赤羽正行 遠嶺 200309  
忌の庭の闇の深さよ花みかん 垂水イツ子 ぐろっけ 200309  
丘の上一日を酔わす花みかん 岐部陽子 八千草 200311  
紀伊国にぶらりと来れば花蜜柑 山田六甲 六花 200405  
灘に沿ふ傾斜は空へ花みかん 中村翠湖 馬醉木 200407  
湯の町の歩道に匂ふ花蜜柑 中村好子 築港 200407  
黒潮のよせる岬や花蜜柑 大久保恵美子 遠嶺 200408  
花みかん残したき道ありにけり 久保田妙 百鳥 200408  
海女小屋を風吹きぬくる花蜜柑 前田青紀 馬醉木 200408  
花蜜柑沖の潮目の定かなり 久保東海司 200408  
うたた寝に蜜柑の花の風のくる 山浦美代子 草の花 200408  
句を競ひたる父の忌や花みかん 沼口蓬風 河鹿 200408  
かにかくにやすらぎありし花蜜柑 柴田靖子 200409  
野ざらしのコンテナ一個花蜜柑 鳴海清美 六花 200409  
花蜜柑坂をのぼれば海の見ゆ 木村みかん 200410  
花蜜柑月にあをめる蕊匂ふ 中尾公彦 200507  
標とす夜道に匂ふ花みかん 福留ゆみえ 河鹿 200508  
香は千両島万両の花みかん 新田巣鳩 馬醉木 200508  
過疎に沈む島とはならず花みかん 新田巣鳩 馬醉木 200508  
波音の大きくなりぬ花蜜柑 金川眞里子 百鳥 200508  
花蜜柑香る熊野の浜街道 原田英子 築港 200508  
曇る日の一と際香る花蜜柑 森本美智子 築港 200508  
太白はいのちのひかり花蜜柑 川崎洋吉 遠嶺 200509  
海鳴りの遥かに聞こゆ花蜜柑 菊地光子 200509  
七半を停めし青年花蜜柑 谷村幸子 200509  
花蜜柑杖の憧る大師道 禰寝瓶史 京鹿子 200509  
杉丸太くりぬく湯舟花みかん 小林洋子 万象 200603  
花蜜柑風に匂ひを放ちけり 岩木茂 風土 200608  
かく晴れて蜜柑の花の匂ふ径 田所洋子 雨月 200609  
今朝咲いて蜜柑の花の山となる 嶋田一歩 ホトトギス 200611  
指切りの約束はたす花蜜柑 西澤ひで子 遠嶺 200612  
蜂の箱運ぶ蜜柑の花の下 川口崇子 万象合同句集 200703  
いくたびも咲いてゐるかと花みかん 稲畑汀子 ホトトギス 200706  
所在なきみかんの花の香の所在 稲畑汀子 ホトトギス 200706  
沖の帆へ香りとどくか花蜜柑 鷹羽狩行 200707  
禅林の山門小振り花蜜柑 中上馥子 春燈 200708  
花みかん遍路の笠のすれ違ひ 城孝子 火星 200708  
花みかん風の荒息香を攫ふ 池田かよ ぐろっけ 200708  
潮の香を押しやり匂ふ花みかん 大井邦子 ぐろっけ 200709  
花みかん駅は匂ひのど真ん中 大井邦子 ぐろっけ 200709  
来し方の思ひしきりや花蜜柑 柴野静 200710  
一島を毬のごとくに花蜜柑 鷹羽狩行 200802 中田貞子句集『花蜜柑』序句
兵卒の墓は横隊花蜜柑 品川鈴子 ぐろっけ 200805  
花みかん色に愚陀仏庵暮るる 稲畑廣太郎 ホトトギス 200806  
宅配を開かば蜜柑の花のあり 筒井八重子 六花 200808  
花蜜柑咲きしは今朝と電話来し 嶋田一歩 ホトトギス 200810  
花蜜柑山の四五戸は一族と 嶋田一歩 ホトトギス 200810  
初島に大島も見え花蜜柑 嶋田一歩 ホトトギス 200810  
ここからが蜜柑の花の香の範囲 嶋田摩耶子 ホトトギス 200810  
花みかん匂ふ家路となつてをり 稲畑汀子 ホトトギス 200906  
玄関に声の行き交ふ花みかん 稲畑汀子 ホトトギス 200906  
一病を忘れしひと日花蜜柑 川崎俊子 馬醉木 200908  
花蜜柑の香の重たさや雨もよひ 窪田粧子 馬醉木 200908  
路地裏に漂ふ香り花蜜柑 岡本迪郎 200908  
真白な灯台と波花蜜柑 山口まつを 雨月 200909  
島のなぞへ海に落ちゆき花蜜柑 佐藤淑子 雨月 200910  
分け入りて蜜柑の花の香の中に 稲畑汀子 ホトトギス 201006  
夕ぐれの香りあつめて花蜜柑 中尾杏子 201008  
甦り蜜柑の花の香立つ 大房帝子 酸奬 201009  
花蜜柑胸にクルスの幼女立ち 有賀昌子 やぶれ傘 201012  
線香の匂ひ届かぬ花みかん 稲畑汀子 ホトトギス 201105  
潮風に紛るる香あり花蜜柑 稲畑汀子 ホトトギス 201106  
望渡りゆく花どきの蜜柑山 山尾玉藻 火星 201106  
ちちははの墓を包める花蜜柑 田中佐知子 風土 201108  
聞え来る風の音沙汰花みかん 福永尚子 ろんど 201108  
旅鞄置きぬ蜜柑の花明り 渡辺数子 火星 201108  
海見ゆる蜜柑畑の花匂ふ 鎌倉喜久恵 あを 201108  
がくがくの肢体投出す花蜜柑 長崎桂子 あを 201108  
海と空ひといろの碧花蜜柑 黒滝志麻子 末黒野 201109  
見えさうな風が海より花蜜柑 佐野ときは 201109  
ふるさとのしだいに恋し花みかん 今橋眞理子 ホトトギス 201111  
花蜜柑香を閉ざしつつ月を浴び 稻畑汀子 ホトトギス 201206  
朝の戸を開ければ匂ふ花蜜柑 竹貫示虹 京鹿子 201206  
使徒はいま祈りの中や花蜜柑 あさなが捷 201207  
県境を越ゆるも匂ふ花蜜柑 松本周二 かさね 201208  
路地の闇豊かに匂ふ花蜜柑 塩千恵子 201208  
花蜜柑匂ふ闇より波の音 斉藤マキ子 末黒野 201208  
託児所はこの裏通り花みかん 柴田志津子 201210  
抜け道にみかんは花を落としけり きくちきみえ やぶれ傘 201210  
倉橋島蜜柑の花に包まるる 川口崇子 万象 201210  
那美さんに君も会ったかみかん咲く 坪内稔典 船団 201212  
有明の海へ傾く花みかん 陽山道子 おーい雲 201304  
海碧し空また青し花蜜柑 安原葉 ホトトギス 201311  
花蜜柑ゑくぼのやうな匂ひかな 本多俊子 光のうつは 201404  
訪ふ門の蜜柑の花の香と知れる 稲畑汀子 ホトトギス 201406  
深呼吸みかんの花の花盛り 森理和 あを 201407  
女生徒と花蜜柑の香積む渡船 コ田千鶴子 馬醉木 201408  
指切りで誓ひしことも花蜜柑 亀井紀子 201408  
しまなみのどの山肌も花みかん 小西和子 201408  
婚列のちよつと止まりし花蜜柑 山田美恵子 火星 201408  
潮の香の光くまなし花蜜柑 川村文英 ろんど 201409  
帰る子を見送る木戸や花みかん 柴田志津子 201409  
月光に匂ひ立ちたる花みかん 泉本浩子 馬醉木 201508  
友情に似て来し夫婦花蜜柑 祐宗千代子 雨月 201508  
並びゆく母娘よく似て花みかん 宮本加津代 万象 201508  
薫風量産全山花蜜柑 八木健 八木健俳句集 201509  
抜け道にみかんは花を落としけり きくちえみこ 港の鴉 201510  
一山が香りて蜜柑花咲くと 嶋田一歩 ホトトギス 201511  
花蜜柑山に家族の散り住むと 嶋田一歩 ホトトギス 201511  
花蜜柑山を降り来て漁父となる 嶋田一歩 ホトトギス 201511  
養蜂の蜂の来てゐる花蜜柑 落合由季女 雨月 201602  
花みかんその香の所在隠れなし 稲畑汀子 ホトトギス 201606  
花蜜柑城太郎碑に逢ひにゆく 林いづみ 風土 201608  
腸に染み入つてくる花蜜柑 杉原ツタ子 201608  
花蜜柑ここはお大師様の山 和田華凛 ホトトギス 201612  
蜜柑咲くゆるりゆったり天浜線 須賀敏子 あを 201708  
島抜けて島また島や花蜜柑 竹澤竹里 万象 201709  
訪へばまづ牛が貌出す花蜜柑 柴田志津子 201806  
花蜜柑匂ひて青き日向灘 山田由利枝 雨月 201809  
花みかん双子の服が干されゐる 秋千晴 201809  
花蜜柑香りし今朝の山となる 嶋田一歩 ホトトギス 201810  
一山に香を溢れしめ花蜜柑 嶋田一歩 ホトトギス 201810  

 

2019年6月4日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。