繭煮る      6句

糸引  糸取  繭煮る

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
繭を煮るいのちの匂ひ生臭き 落合由季女 雨月 200208  
繭を煮るゆつくり円を描きながら 服部早苗 200510  
木の芽風満ちし厨に繭を煮る 林八重子 馬醉木 200706  
繭を煮る鍋の大いさ柿若葉 小山田子鬼 200709  
九会曼陀羅煮え繭ついと寄せらるる 中島陽華 200711  
狂ふごと踊り続けて繭煮らる 佐藤山人 201108  

 

2018年6月2日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。