敗 蓮     18句

敗蓮  破蓮

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
敗蓮の錆色ふかし阿弥陀堂 澤野粂子 春耕 200111  
敗蓮を刈る祢宜の背に日の移り 鎌倉喜久恵 あを 200111  
重なれる敗れ蓮に明日思ふなり 小林てる子 草の花 200401  
敗蓮覚えある名の千社札 河崎尚子 火星 200512  
束の間の刻を仏と敗れ蓮 柴田久子 風土 200601  
敗蓮の敵か味方か矢を重ね 宮原利代 ぐろっけ 200603  
万の矢の折れし戦場敗蓮田 河井富美子 ぐろっけ 200606  
水鳥の翔つ敗蓮を動かさず 松下道臣 まんまる 200607  
敗れ蓮時のつまりし穴の数 中野京子 200612  
終ひの声風がさらへり敗蓮 外川玲子 風土 200701  
敗蓮と言へど藩主の庭にかな 南敦子 200802  
不忍の敗蓮風を鳴らしをり 黒澤登美枝 200902  
敗蓮の残るは反旗のみならむ 泉田秋硯 201102  
敗蓮田騙されてみやうかな 大島翠木 201102  
敗れ蓮水の騒(ぞめ)きもなかりけり 宇都宮敦子 201201  
敗蓮に城址の風のあるばかり 柴田志津子 201503  
蓮池の敗れのはじめを巡りけり 半谷洋子 201901  
繊月を沈め当麻の敗蓮 鈴木幾久 馬醉木 202001  

 

2020年10月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。