木守柿 2   123句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
故里の変らぬものに木守柿 岡久枝 酸漿 200603  
百歳の刀自の在せり木守柿 大西八洲雄 万象 200603  
木守柿一頂点にゐる誇り 松田都青 京鹿子 200603  
玄奘の分骨の寺木守柿 土田祈久男 200603  
もぎ取られゆくを見送る木守柿 丸山佳子 京鹿子 200610  
老の艶まだまだ褪せず木守柿 林翔 200612  
細胞の狂気なだめて木守柿 中村邦彦 200701  
この町の静かなりしよ木守柿 出来由子 200701  
木守柿松山(まつちやま)の山すぐ昃り 戸田和子 200702  
雨雲のつつかへてゐる木守柿 蘭定かず子 火星 200702  
父母在さぬ家遠見して木守柿 宮野照子 馬醉木 200702  
坂道を登るリヤカー木守柿 鈴木久香 遠嶺 200703  
木守柿鬼の作左の檀那寺 櫻井白扇 春燈 200710  
やや冷えて日和つづきや木守柿 岡本眸 200711  
輝きにさびしさもあり木守柿 林翔 200712  
まほろばの高麗家一族木守柿 富沢敏子 200801  
廃屋の軒に寄り添ひ木守柿 須藤トモ子 200801  
木守柿昏れ残りたる本籍地 飯塚ゑ子 火星 200802  
墓のみの父郷に残る木守柿 福井久生 200802  
夢を見る時にはあらぬ木守柿 前川明子 200802  
木守柿自尊の赤でありしかな 天野みゆき 風土 200802  
木守柿贄のごとくに萎びけり 原みさえ 200802  
基督に筋肉すこし木守柿 佐藤喜孝 あを 200802  
真間川の空の青さよ木守柿 小松鈴子 酸漿 200802  
太陽を独り占めして木守柿 山本東西 200802  
夕映の己れを通す木守柿 長沼三津夫 200802  
木守柿子に語らひつ柿をもぐ 小林れい 酸漿 200802  
木守柿巡礼の列またも過ぎ 藤井圀彦 200803  
行く雲に一世を乗せむ木守柿 湯浅夏以 遠嶺 200803  
かささぎのごはんソウルの木守柿 陽山道子 船団 200806  
熟れ落つる日を木守柿相照らす 宮津昭彦 200811  
木守柿といふには数のやや多き 林翔 200812  
木守柿離ればなれに急がぬ村 堀内一郎 あを 200812  
木守柿朽ちゆく家の鬼瓦 津野洋子 京鹿子 200901  
落柿舎の門に懸かりし木守柿 笠井清佑 200901  
駒飼は母の里の名木守柿 東亜未 あを 200901  
秩父路の古き寺なり木守柿 加藤すま子 酸漿 200901  
木守柿色濃く発信してをりぬ 上田玲子 200902  
決勝の敗者が見上ぐ木守柿 高木嘉久 200902  
遠くなる昭和を恋ふや木守柿 田中藤穂 あを 200902  
母の忌の空の深さや木守柿 長谷川翠 馬醉木 200902  
木守柿灯りゐるがに過疎の村 木暮剛平 万象 200902  
木守柿母看る父の息づかひ 石田きよし 200903  
木守柿順に啄み淡き空 中野京子 200903  
鵯と共に消えたり木守柿 中島伊智子 酸漿 200903  
木守柿はれて二つとなりにけり 石田きよし 200905  
吹き降りのあとの青空木守柿 乙坂きみ子 末黒野 201001  
空想の置きどころなし木守柿 菊池和子 京鹿子 201001  
天領の鐘の音掠め木守柿 徳井節子 馬醉木 201001  
一身に負ひし使命や木守柿 小山徳夫 遠嶺 201002  
実篤の拓きし村や木守柿 河瀬俊彦 遠嶺 201002  
木守柿明日は落つるかも知れぬ 山口速 201002  
鈴振つて迎ふる里や木守柿 林友次郎 遠嶺 201002  
高々と木守柿照る孤独かな 戸辺信重 春燈 201002  
天辺にランプのやうな木守柿 村上絢子 馬醉木 201003  
一揆の鐘つきし寺てふ木守柿 大西八洲雄 万象 201003  
木守柿吾を窺ふ猫鋭し 近田登志子 遠嶺 201003  
木守柿皮だけとなり乾きをり 堀志皋 火星 201004  
淡々と揮身尽くす木守柿 本間春星 遠嶺 201004  
木守柿半分残す鴉かな 東亜未 あを 201101  
金輪際落ちぬつもりや木守柿 本多ちづ子 馬醉木 201101  
翳(ひかげ)れば明かりとなりし木守柿 内藤三男 ぐろっけ 201102  
木守柿ぽつりと灯す夕ごころ 川村欽子 雨月 201102  
屋根低し山脈低し木守柿 助口もも 火星 201102  
晩節を貫く構へ木守柿 田中藤穂 あを 201102  
木守柿生り年なれば三つほど 大木清美子 201102  
太陽の的となりたる木守柿 水谷靖 雨月 201102  
木守柿思案の色となりにけり 石田きよし 201103  
愛宕嶺の尾根うつくしき木守柿 小林成子 火星 201103  
ふるさとへ流るる雲や木守柿 四方ハツ子 春燈 201103  
木守柿散り散りに雲流れをり 上月智子 末黒野 201103  
木守柿生きぬくものの艶やかさ 平尾栄 末黒野 201103  
鳥声の空を統べをり木守柿 鶴見遊太 201103  
斑鳩の茜したたる木守柿 宇都宮敦子 201201  
青空の半濁点や木守柿 久染康子 201201  
ニュートンに従はぬあり木守柿 塩路五郎 201201  
遠富士のけふよく晴れて木守柿 高橋あさの 201202  
木守柿おき火のごとく残りをり 渡部節郎 201202  
木守柿に歴史の重み光堂 川崎利子 201202  
選ばれて空をとほくに木守柿 甕秀麿 201202  
めぐまれし余生と思ふ木守柿 三浦澄江 ぐろっけ 201203  
動くともなく雲動く木守柿 渡辺絹代 末黒野 201203  
木守柿ななつ残れるたたずまひ だいじみどり 201203  
木守柿雨の日暮となりにけり 府川昭子 春燈 201203  
木守柿視線の的となりてをり 黒澤登美枝 201203  
木守柿二十も残し熟れに熟れ 福田かよ子 ぐろっけ 201203  
用水を挟む田と畑木守柿 渡邉孝彦 やぶれ傘 201203  
青空の孤独を癒す木守柿 安武晨子 201203  
青空を背に赤々と木守柿 小林美登里 かさね 201204  
筑波嶺や小町の里の木守柿 酒井秀郎 返り花 201211  
木守柿鳥のめぐみに残しけり 安藤虎酔 かさね 201211  
ふりかへる家訓の重さ木守柿 鈴鹿仁 京鹿子 201212  
禽の目の一点にあり木守柿 鈴鹿仁 京鹿子 201212  
木守柿つひに墓参の人を見ず 神蔵器 風土 201301  
湯の早の遠嶺うつくし木守柿 安田とし子 ぐろっけ 201301  
木々の間に小鳥の声と木守柿 田島昭久 かさね 201301  
木守柿いつも主はお人好し 渡辺安酔 201301  
木守柿に色をゆだねて夕日落つ 川崎真樹子 春燈 201301  
木守柿消点として暮れなづむ 豊田都峰 京鹿子 201301  
むしろ旗立てしは昔木守柿 古川千鶴 かさね 201302  
木守柿残りついばむ鵯の群れ 後藤克彦 かさね 201302  
はればれと山脈そろひ木守柿 藤井寿江子 馬醉木 201302  
一樹のみ夕日に点る木守柿 菅野蒔子 末黒野 201302  
ふる里の灯のいろともす木守柿 平野伸子 馬醉木 201302  
残照のひかりの中の木守柿 池内結 ろんど 201302  
夕さればつのる淋しさ木守柿 菅野蒔子 末黒野 201302  
木守柿点睛とせる古都の里 山本達人 かさね 201303  
一人子の父の一生木守柿 石田きよし 201303  
鐘楼の音に馴れをり木守柿 小瀧洋子 ろんど 201303  
ハングルのボーマルシカク木守柿 陽山道子 おーい雲 201304 韓国
木守柿兵士三人北村路(プクチョンロ) 陽山道子 おーい雲 201304 韓国
日は山へ山へと追はれ木守柿 高村令子 風土 201401  
没日射す農家の庭の木守柿 増田一代 201401  
木守柿より夕暮の広がりぬ 安居正浩 201401  
木守柿一つといふはよく光り 林昭太郎 201401  
青天を突く木守柿紅一点 木村茂登子 あを 201401  
青空や五つがほどの木守柿 長田厚子 末黒野 201402  
旧村の長の豪邸木守柿 碇天牛 雨月 201402  
廃屋にいまも強か木守柿 宮崎左智子 201402  
木守柿見ゆる畳に針運ぶ 坂口夫佐子 火星 201402  
木守柿日向ぼっこの顔ゆるぶ 中井弘一 201402  
落日や天辺の炎の木守柿 青野安佐子 201402  
木守柿最後のひと葉見送りぬ 松尾春雪 ろんど 201403 木守柿→ 3

2015年10月17日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。