苔茂る      8句

苔の花  苔茂る

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
朽ち果てし大松の根に苔茂る 篠田純子 あを 200708  
人絶えぬ水掛不動苔茂る 水原春郎 馬醉木 200807  
回し飲みの濃茶点前や苔茂る 有賀昌子 やぶれ傘 201110  
苔茂る説法石の座の窪み 吉田光子 ぐろっけ 201310  
切株の寂寞として苔茂る 宇都宮敦子 201609  
心経をふたたび三たび苔茂る 内藤静 風土 201610  
大水車苔茂らせてゆつたりと 加藤静江 末黒野 201710  
苔茂る関守石を結界に 岡田史女 末黒野 201711  

 

2018年6月25日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。