季語のリクエストお待ちしています。

 


紀元節     32句

梅正に綻びそむる紀元節   正岡子規   寒山枯木

建国記念の日  紀元節

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
句に集ふことにも雪の紀元節 稲畑汀子 ホトトギス 200002  
文と子のボール飛び交ひ紀元節 稲畑廣太郎 ホトトギス 200002  
忠義てふはるかなる死語紀元節 塩路隆子 精鋭選集 200008  
万歳をして眠る児や紀元節 赤木真理 ぐろっけ 200009  
北鮮の閲兵式や紀元節 山下青坡 200305  
口語版古事記を求む紀元節 泰江安仁 百鳥 200305  
大正期校庭素足紀元節 稲本款冬子 築港 200404  
今はもう紀元節とははるかなり 稲本款冬子 築港 200404  
紀元節の一節を口ずさみけり 二村蘭秋 雨月 200505  
紀元節小さくなりし国たふと 相馬黄枝 200604  
紀元節に生まれていくさ大嫌い 達山丁字 200605  
名をかへて祝日とせる紀元節 二村蘭秋 雨月 200605  
吊皮がだまつて揺れる紀元節 松田都青 京鹿子 200706  
紀元節銃後真白き割烹着 堀内一郎 あを 200802  
瑞穂なる国の真水や紀元節 関根洋子 風土 200805  
紀元節唱歌おのづと口ずさみ 徳永辰雄 春燈 200805  
平成も二十年なり紀元節 小松渓水 酸漿 200805  
紀元節直立不動を忘れゐし 松田都青 京鹿子 200806  
三日月の跳ねて昔の紀元節 神蔵器 風土 201004  
紀元節グレートデンと道分つ 佐藤喜孝 あを 201004  
紀元節と呼びし旗日のなつかしき 駒井のぶ 201005  
誕生日いつも不思議に紀元節 達山丁字 201005  
明かされし戦中の秘話紀元節 田中芳夫 201005  
老いぼれの背筋をぴんと紀元節 磯崎清 201005  
日の御子の恙思ほゆ紀元節 椋本一子 雨月 201005  
紀元節学徒でありし日の遠き 和田一 雨月 201005  
そのかみの紀元節をも語り合ひ 浅井靑陽子 ホトトギス 201007  
橋の名に残る昭和や紀元節 千手和子 馬醉木 201104  
数ふれば女帝は十人紀元節 田中芳夫 201105  
遠雪嶺晴れて昔の紀元節 中山純子 万象 201105  
遠き日の歌を忘れず紀元節 平賀扶人 馬醉木 201206  
木々が雪振り払ふ音紀元節 小林輝子 風土 201705  
神の世は国栖に始り紀元節 和田華凛 ホトトギス 201706  

2018年2月11日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

掲載年月順です。

ご希望の季語又は語彙がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。