竈 猫       24句

しろたへの鞠のごとくに竈猫    飯田蛇笏

炬燵猫  竈猫

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
愛という沸騰点の竈猫 藤田守啓 船団 200106  
大藁屋竈猫ごと相続す 半田順子 馬醉木 200204  
竈猫めきて買はれてゆきにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200301  
竈猫適ふ晩年とはならず 三好智子 200403  
ここでなら通じる話竈猫 赤座典子 あを 200404  
竈猫あんたそれでも男なの 稲畑廣太郎 ホトトギス 200712  
絵心のあらば描きたき竈猫 山下美絵子 遠嶺 200803  
竈猫ほんまは猫とちやふんちやふ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200812  
生き方はさまざまなりし竈猫 水岡芳子 馬醉木 200902  
竈猫鍵かけるのをみてる 佐藤喜孝 あを 201101  
当世は炊飯器の上竈猫 宮田香 201104  
夜は化けてゐるかもしれぬ竈猫 柴田佐知子 201203  
正論の時に疎まし竈猫 矢口笑子 春燈 201303  
聞耳を立ててをるなり竈猫 柴田佐知子 201401  
竃猫他言はせぬと目をつむる 柴田佐知子 201403  
いさかひを知らぬ振りして竈猫 矢野百合子 201403  
十二支に入りそこねし竈猫 宇都宮敦子 201404  
ぬくぬくと肥えたる寺の竈猫 安原葉 ホトトギス 201405  
竃猫自慢の髭を焦がしたる 木村享史 ホトトギス 201405  
竃猫てふ名ばかりの今昔 稲畑汀子 ホトトギス 201412  
竈猫わらふ木喰仏は煤 井上石動 あを 201502  
学ぶこともうなき貌の竈猫 柴田佐知子 201503  
竈猫背に俺の生き様と 前田美恵子 201701  
この荷物どう始末せむ竈猫 コ田千鶴子 馬醉木 201704  
名を呼べば尻尾で応へ竈猫 横田敬子 201706  
古民家の手斧の梁や竈猫 北郷和顔 末黒野 201804  
片方の髭焦げてゐる竈猫 三井所美智子 201907  

 

2019年11月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。