河 鹿 2    100句

河鹿なき交す銀河の一支流 高島茂 鯨座


作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
余命なほ河鹿の誘ひとどきけり 市場基巳 200212  
河鹿待つ心のままに夢に入る 出原博明 円虹 200212  
点す灯のどれも暗くて河鹿宿 長沼紫紅 200302  
玄関に魚拓掲げて河鹿宿 瀬戸悠 風土 200306  
五十鈴川渡れば神代河鹿鳴く 稲畑廣太郎 ホトトギス 200306  
水音に紛れたるより河鹿の瀬 稲畑汀子 ホトトギス 200306  
河鹿鳴く筧の音もよくひびき 阿部ひろし 酸漿 200306  
湯の宿の窓閉めかねし夕河鹿 芝尚子 あを 200306  
河鹿笛渓流沿ひの美術館 佐々五月 帆船 200307  
初河鹿きく耳澄んで来りけり 小浜史都女 百鳥 200308  
夕河鹿選句疲れの眼閉づ 小澤克己 遠嶺 200308  
共同湯への階下る河鹿笛 伊藤白潮 200308  
山の湯は客ひそかにて夜の河鹿 有働亨 馬醉木 200308  
生徒との交換日誌河鹿笛 高野良 帆船 200309  
河鹿鳴く清流沿ひの道の駅 安永幽山 円虹 200309  
かじか聴く会へ河鹿の鳴きくれし 坂ようこ 200309  
夕河鹿忍び足にてせせらぎへ 永井雪狼 200309  
河鹿岩闇は底より盛り上る 宇都宮滴水 京鹿子 200309  
伊那谷の水嵩暮れて鳴く河鹿 関まさを 酸漿 200309  
底見せて川は流るる河鹿笛 林翔 200309  
水切りの童に遠く河鹿鳴く 菊地恵子 酸漿 200309  
せせらぎに喉を転がす河鹿かな 鈴木マユミ ホトトギス 200310  
光る瀬に河鹿の声の沸き出でし 松尾康乃 ホトトギス 200310  
源流の闇の深さに河鹿笛 井出やすはる 酸漿 200310  
川明かりとぎれ河鹿のお宿とや 鈴木マユミ ホトトギス 200310  
上弦の月に河鹿の闇沈む 溝淵和幸 ホトトギス 200310  
渓流の光の隙間河鹿鳴く 木暮陶句郎 ホトトギス 200310  
山菜と水のおいしい河鹿宿 鈴木マユミ ホトトギス 200310  
河鹿鳴きやむときしんと闇のあり 鈴木しどみ ホトトギス 200310  
河鹿鳴き峡の姿の決まりけり 木村淳一郎 ホトトギス 200310  
清流に神の声聞く河鹿かな 白石昌弘 ホトトギス 200310  
橋に聞く河鹿の谷の深さかな 川口利夫 ホトトギス 200310  
源平の伝へをいまに河鹿谿 松本幹雄 馬醉木 200310  
水離れあらぬ虚空に河鹿鳴く 鈴木しどみ ホトトギス 200310  
喜撰橋隠元橋や河鹿鳴く 竹内喜代子 雨月 200310  
翔べるかも知れず河鹿の声ならば 木村淳一郎 ホトトギス 200310  
宿下駄を追ふ宿下駄や河鹿川 湯川雅 ホトトギス 200310  
河鹿鳴きいとしきものを遠くしぬ 鈴木しどみ ホトトギス 200310  
鳴き出でて幽谷となる河鹿の瀬 千原叡子 ホトトギス 200310  
河鹿鳴き山河和風となりにけり 木村淳一郎 ホトトギス 200310  
三人の河鹿に酌めり峡の宿 上田繁 遠嶺 200310  
瀬の闇を河鹿の声の彩れる 松尾康乃 ホトトギス 200310  
瀬音昏れ河鹿の誘ふ有馬道 千原叡子 ホトトギス 200310  
夕河鹿らしく淋しくなつてゐる 木暮陶句郎 ホトトギス 200310  
水の香の濃くなつてきし河鹿鳴く 高浜礼子 ホトトギス 200310  
聖域に穢れし我が身河鹿笛 白石昌弘 ホトトギス 200310  
渓谷の闇に河鹿の声湧ける 溝淵和幸 ホトトギス 200310  
心まで河鹿の闇に溶けてゆく 木暮陶句郎 ホトトギス 200310  
方角を耳が探して夕河鹿 湯川雅 ホトトギス 200310  
橋小さく河鹿の闇をつなぎけり 高浜礼子 ホトトギス 200310  
口笛を吹けば河鹿のこぞり鳴く 溝淵和幸 ホトトギス 200310  
せゝらぎも河鹿も闇のものとなり 川口利夫 ホトトギス 200310  
宿下駄の音と河鹿と川音と 高浜礼子 ホトトギス 200310  
湯加減のぬるき露天湯遠河鹿 小森英郎 200310  
河鹿啼く宿の女将が床をとる 森理和 あを 200311  
立込みの膝にとりつく河鹿かな 浅川正 雲の峰 200311  
鹿教湯宿枕の下で河鹿鳴く 上原口チヱ ぐろっけ 200312  
杣小屋の炊煙細し夕河鹿 中野一灯 八千草 200402  
河鹿鳴く水惑星といふ大地 稲畑廣太郎 ホトトギス 200405  
吹割の滝音の中に鳴く河鹿 阿部ひろし 酸漿 200407  
マイヨールのトルソ沈める夕河鹿 赤座典子 あを 200407  
「河鹿」五十号を迎へて 淵脇護 河鹿 200408  
五十号いま血のなかに河鹿鳴く 淵脇護 河鹿 200408  
夕河鹿狂ふ時計が時きざむ 大山里 200408  
胴長を吊す窓辺や河鹿笛 酒井多加子 雲の峰 200408  
河鹿聞く吾は巨岩に腰下ろし 船谷芳子 築港 200408  
河鹿鳴く高野の山のふところに 戸栗末廣 火星 200408  
清流の音にとけこむ河鹿笛 塩川雄三 築港 200408 摂津峡
熊野路や瀬音雨音河鹿笛 橘澄男 山景 200408  
魔除け蓑吊る湯の宿の夕河鹿 石田野武男 万象 200408  
湯の宿のフロント五階河鹿鳴く 佐々五月 帆船 200408  
ナツメロになつてしまつた河鹿川 丸山佳子 京鹿子 200408  
黙然と朝餉いただく河鹿笛 二瓶洋子 六花 200409  
人の気配途絶えて突と河鹿鳴く 堀田恵美子 雨月 200409  
河鹿笛聞くとも瞼重きとも 風間史子 200409  
黄泉(よみ)の師へまづ祝ぎの酒河鹿笛 沼口蓬風 河鹿 200409  
一師得てわが生涯へ河鹿鳴く 九万田一海 河鹿 200409  
まもる座の未来永劫河鹿鳴く 九万田一海 河鹿 200409  
空海の山の宿坊河鹿鳴く 永井孔雀 200410  
銀行の遺言信託河鹿鳴く 斎藤和江 帆船 200410  
河鹿鳴く闇に視線の動きけり 橋本くに彦 ホトトギス 200410  
その中のマリアカラスと言ふ河鹿 橋本くに彦 ホトトギス 200410  
河鹿谷どこを歩くも水のこゑ 淵脇護 河鹿 200410  
枝にゐる河鹿蛙を何んとせむ 藤田あけ烏 草の花 200410  
独唱は石のステージ河鹿なる 橋本くに彦 ホトトギス 200410  
『城の崎にて』机上に閉づる河鹿笛 松崎雨休 風土 200410  
渓風の止む一瞬や河鹿鳴く 九万田一海 河鹿 200411  
余後の身へ夜明けを告げる河鹿笛 川崎光一郎 京鹿子 200411  
秘境かな湯壺取りまく河鹿笛 中谷藤房 200411  
河鹿澄む橋さむざむと点したる 梶浦玲良子 六花 200411  
鎭魂の音にして深し河鹿笛 沼田巴字 京鹿子 200411  
谷住みへ昼にも夜も河鹿笛 滝沢伊代次 万象 200505  
蝮谷出たる河鹿の行方かな 高橋将夫 星の渦 200507  
河鹿笛帰るきつかけ失ひぬ 山田六甲 六花 200507  
初河鹿十七文字に収まらぬ 丸山佳子 京鹿子 200507  
上流も下流も河鹿鳴いてをり 人見靖子 対岸 200507  
河鹿から河鹿へ恋の声濡れて 山田六甲 六花 200507  
ぬばたまの闇の渓より河鹿笛 牧長幸子 対岸 200508  
せせらぎの音に紛れて河鹿鳴く 森本美智子 築港 200508  
薬草を乾かしてゐる河鹿宿 川村政枝 築港 200508 河鹿→ 3

 

2020年6月1日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。