人 日 (人の日)1    200句

人日の金の乏しき膝抱いて   清水基吉

作品
作者
掲載誌
掲載年月
人日の午後の至福と記憶せん
稲畑汀子
ホトトギス
199901
人日や素足好きの嬰仁王立ち
奥田筆子
京鹿子
199901
人日の日向へ亡妻を誘ひ出す
神蔵器
風土
199903
人日や二階よりもの頼まるる
代田青鳥
風土
199903
人日の一人寝に見し艶夢かな
小島緑泉
199904
青丹よし人日の山孕みけり
小林喜一郎
199904
人日の山見て山のものを食ぶ
宮尾直美
199904
人日や雲と鴉と木の末(うれ)と
白倉智子
ヒッポ千番地
199908
人日も過ぎし思ひの葱きざむ
能村登四郎
芒種
199911
人日を節目と仕事始まりぬ
稲畑廣太郎
廣太郎句集
199912
工事場に人日呼ぶ音寒の内
稲畑汀子
ホトトギス
200001
人日や点字の椿子物語
千原叡子
円虹
200001
人日に焼きたる亀の甲羅かな
今木偉郎
200002
人日の窓打つ風に目覚めけり
志水千代子
雲の峰
200003
人日の厄を担ひて鯉泳ぐ
春田淳子
雲の峰
200003
人日の乱数表とロシア菓子
延広禎一
200004
人日の深川飯屋で力士に逢ふ
星佳子
200004
人日や我れ置き逝ける夫に愚痴
落合由季女
雨月
200005
人日の塵一つなき戒壇院
三浦喜久子
ぐろっけ
200005
人日の刃を開き干す花鋏
池田澄子
船団
200006
人日の文机に置く旅鞄
橋場千舟
船団
200007
人日や丸ビル跡地うろうろと
稲畑廣太郎
ホトトギス
200101
人日や棚から餅の引力論
鈴鹿仁
京鹿子
200102
人日の沈痾宿痾を踏み臺に
中原道夫
銀化
200102
茶柱を愛で人日の街に出づ
朝妻力
俳句通信
200102
人日や時計にベルの耳二つ
八染藍子
200103
人日や黒潮の香を甘しとも
加藤いろは
200103
人日やなほ且つつづく呼気吸気
伊藤格
200104
人日をひがな天孫降臨地
金森教子
雨月
200104
人日の心遊ばす筆と紙
高橋愛子
200104
人日や吾が手の中に小家族
安藤和子
海程
200105
人日の競馬新聞足にからみ
しおやきみこ
船団
200108
人日や鳴らしてみたき腕時計
宇都宮滴水
京鹿子
200202
人日や富士見坂より富士見えず
後藤志づ
あを
200202
人日のほろ酔ひ顔や船洗ひ
山田六甲
六花
200202
人日や先帝の御代はるかなり
高橋照子
雨月
200203
人日やまだ濡れてゐる青莱売り
加瀬美代子
200203
人日の池に浮きたるうすぼこり
藤井昌治
200203
人日や棒杭雲を流しをる
小形さとる
200204
人日や歯に挾まりし魚の骨
肥田美枝子
200204
人日や節うつくしき筆の軸
山仲英子
200301
人日や屈伸自在のスタンドの灯
宇都宮滴水
京鹿子
200302
人日の朝から髭を剃つてをり
塩川雄三
築港
200303
薬草の苦味人日暮れにけり
小林もりゑ
200303
人日や仏にはなき土踏まず
長谷英夫
馬醉木
200303
人日の音色たのしきハーモニカ
大村孝
百鳥
200304
人日や濁世のなかの余生なり
牧咲子
京鹿子
200304
人日の光やしばし正座して
成川和子
200304
人の日のふたりで入りし石舞台
丸山照子
火星
200304
人の日の釈迦の足裏を拝しけり
谷村幸子
200304
肉焼いて人日汚しゐたりけり
山元志津香
八千草
200307
人日や金平糖の角いくつ
四井由美子
200312
人日やわが町にまだ知らぬ道
能村研三
200402
酸素吸ふ人日の月まんまるく
浜明史
風土
200403
人日や地球のことを考へる
芝尚子
あを
200403
人日や歩幅を少し伸ばしけり
豊田都峰
京鹿子
200403
人日や綿菓子立たせ出来あがる
飯塚ゑ子
火星
200404
人日のひとはらの辛子明太子
谷口佳世子
200404
人日に厚き封書の届きけり
市川十二代
ぐろっけ
200404
人日や動かぬ象を持て余す
大井東一路
百鳥
200404
人日の夜の服寝敷く教師たり
淵脇護
河鹿
200405
人日の人参のやや甘過ぎし
福井隆子
つぎつぎと
200405
人日を賀状の整理なるもして
野沢しの武
風土
200409
背伸びして人日の骨きしみけり
松内佳子
百鳥
200502
人日の子の復習ひゐるリコーダー
川野喜代子
雲の峰
200503
人日の決着つかぬ指相撲
竹内美登里
雲の峰
200503
人日ははらから集ふと定めけり
鎌倉喜久恵
あを
200503
男老ゆ人日の鍋焦げつかし
伊藤白潮
200503
人日や土に帰せぬもの多き
川崎光一郎
京鹿子
200503
人日や子連れの猫に睨まれる
小林むつみ
200503
その他もろもろ人日の綿ぼこり
宮崎すみ
対岸
200504
人日や田端はむかし文士村
北村香朗
京鹿子
200504
人日や生みをへて眉澄みゐたる
服部早苗
200504
人日や持ち重りして蔵書印
山仲英子
200601
人日のてのひら淡き陽を載する
戸村よねこ
遠き海
200602
人日の昼をぶつかけうどんかな
水原春郎
馬醉木
200603
人日を籠りひたすら色紙書く
松崎鉄之介
200603
人日や手術ひと日の髭を剃る
泉田秋硯
200604
人日や弥猛に逸り句座に入る
大谷茂
遠嶺
200604
人日や朱塗のくもり取れぬまま
木下もと子
200604
人日の粥吹き禁酒言はずをく
山本無蓋
200604
人日のをろがみて受く初神籤
田所洋子
雨月
200604
人日の影みな諸行無常かな
牧長幸子
対岸
200604
足元の初初しさや成人日
赤池英津子
遠嶺
200605
人日や佛具屋の売る痩せぐすり
金子野生
京鹿子
200605
人日の鳥ふくらみて身じろがず
上林孝子
200605
人日の楽器屋にゐて試し弾き
能村研三
200702
人日や禽の籠置く珊瑚垣
渡真利真澄
万象
200703
人日の値引競争せぬ店主
君塚敦二
春燈
200703
人日や朝夕歩き句の湧ける
君塚敦二
春燈
200703
うすにごりして人日の神田川
山路紀子
風土
200704
人日のこはばりし肩揉まれをる
前川明子
200704
人の日やカツプラーメン試し買ひ
小林輝子
風土
200704
人の日の手の甲に書く覚えがき
竹内水穂
火星
200704
人日や机上にものをまたも積み
白石紀子
200705
人日や小諸の虚子に会ひし人
稲畑廣太郎
ホトトギス
200801
人日や朱筆洗うてをりにける
雨村敏子
200801
人日やをのこの眉の細づくり
能村研三
200802
人日やふたりといへど仕舞ひ風呂
佐藤博美
200804
人日の並びてをりし弁財天
醍醐季世女
200804
人日の竹林瑞気耀へる
下平しづ子
雨月
200804
人日をヘルパー頼み一人住む
廣瀬義一
雨月
200804
人日の老は老どち球はじく
溝内健乃
雨月
200804
人日の風に鳴るなり絵馬の数
藤井佐和子
200804
人日の新宿雨となりにけり
大崎紀夫
やぶれ傘
200804
人日の鴉いつものアンテナに
きくちきみえ
やぶれ傘
200804
人日や公民館に聞く講話
道給一恵
遠嶺
200805
人日のやがてこぼして雨の朝
稲畑汀子
ホトトギス
200901
人日を祝へば仕事始動せり
稲畑汀子
ホトトギス
200901
人日の御空は空でありにけり
森戸柚斎
炎環
200903
ゴミどかと捨て人日のモーツアルト
山口紹子
炎環
200903
人日や手刀を首すぢに当て
矢島久栄
200904
人日や父の机の羽箒
佐藤信子
春燈
200904
人日や動物園に群るる人
林紀夫
春燈
200904
人日や磨きあげたる鍋薬缶
加藤みき
200904
人日や出世石段混み合へる
穂苅照子
火星
200904
手塩かけし人日の顔そろひけり
北川孝子
春燈
200905
人日や酵母のやうな妻のゐて
相良牧人
200906
人日の駅舎に確と盲導犬
太田實
ぐろっけ
201001
人日や木の葉に七つ穴のあり
中島陽華
201003
人日や胡桃好みし西太后
木村みどり
春燈
201003
人日の机上に電子辞書新し
駒井でる太
201004
人日やいつもの目白来てをりぬ
中条さゆり
201004
人日や鶏鳴の語尾絞りきる
中村恭子
201004
人日や小開きにして豆腐店
田村すゝむ
風土
201004
人日の立て付け悪き戸を直す
塩田博久
風土
201004
人日の影を啄む雀かな
池田光子
風土
201004
人日と思ふシャツから首の出て
菅谷たけし
201004
人日の粥に土の香ありにけり
水上陽三
201004
人日の嶺々を移ろふ朝日かな
竹内喜代子
雨月
200804
人日や襤褸仕分けをる奪衣婆
延広禎一
201004
人日を忘れて食べる残りもの
古殿和子
ろんど
201004
人日や子の誕生日祝の日
池田いつ子
酸漿
201004
人日の縄文土偶みな豊か
河内桜人
京鹿子
201005
人日や厨の桟のうすぼこり
大平和男
201005
人日や米屋儀兵衛は八代目
有賀昌子
やぶれ傘
201006
人日や供ふ練切石の梅
森理和
あを
201103
人日の込み合うてゐるやきとり屋
西谷良樹
春燈
201104
人日に癌の宣告妻癒えよ
長浜徳三
春燈
201104
人日や身のうちさらすレントゲン
豊谷ゆき江
春燈
201104
人日や蹲の水張りなほす
及川澄江
風土
201104
人日を十三枚といふ医者へ
椿和枝
201104
人日の畑平らなる白毫寺
城孝子
火星
201104
人日のぶつぶつ言うて山鴉
戸栗末廣
火星
201104
人の日の夫の行先聞きそびれ
奥田順子
火星
201104
人日の紙で切りたる傷疼く
池内結
ろんど
201104
人日の独りの影の水を釣る
荒川美邦
京鹿子
201105
人日の雲たひらかに並びけり
大崎紀夫
やぶれ傘
201105
人日の荒川上る荷舟かな
齋藤朋子
やぶれ傘
201106
人日やきれいに残す鯛の骨 中村ふく子 201203
人日やドアに噛まるる不在票 田村すゝむ 風土 201204
人日のナウマン象の臼歯かな 瀬戸悠 風土 201204
人日やビタミンEと万歩計 松木ひろ ろんど 201204
人の日のすでに淋しき手足かな 山本耀子 火星 201204
人の日の犬のあくびを見てをりぬ 山村一翠 ぐろっけ 201204
人日や句座賑やかな湯治宿 芝垣きみ子 万象選集 201205
鶴来路や人日の空晴れわたり 道場啓子 万象選集 201205
人日の母の名のある鯨尺 北崎展江 くりから 201209
人日や樹上の川鵜睥睨す 松本周二 かさね 201303
人日やエスプレッソの苦味濃し 栗原公子 201303
人日や人形焼に仁王様 須藤美智子 風土 201303
人日やひとつふたつと鎚の音 森屋慶基 風土 201304
人日やクレーン大きく動き出す 鈴木庸子 風土 201304
人日は母の命日粥供ふ 小川玉泉 末黒野 201304
人日の講義はじめの日が眩し 上山永晃 鶴翼 201305
人日やコンビナートの煙噴く 江見悦子 朴の青空 201307
人日やアメ横の鐘は摩利支天 瀧春一 花石榴 201312
人日の同いどしなる死亡欄 竹貫示虹 京鹿子 201401
人日の神棚にある宝くじ 菅谷たけし 201403
人日の川面を赤い毬がゆく はしもと風里 201403
人日や遠き山河に父母の声 宮沢治子 春燈 201404
人日の音断つ路地のもんじや焼 宮内とし子 201404
人日の等身大の鏡かな 多田文子 201404
人日やCT検査にも慣れて 加古みちよ 火星 201404
人日や込み合ふ中に受診待つ 亀卦川菊枝 末黒野 201404
人日や人は人の世にて生くる 近藤喜子 201404
人日や雀こぼるる弁士の碑 宇都宮敦子 201404
人日のヱビスビールがころがりぬ 熊谷ふみを ろんど 201405
人日の谷へ響けり槌の音 上月智子 末黒野 201405
人日や誰とも会はぬ日と決めし 伊藤希眸 京鹿子 201405
人日や犬の療養食を買ひ 森俊人 201406
人日やその牛肉屋話好き 網野月を 201410
人日や城太郎師の念珠の手 神蔵器 風土 201502
人日やボトルキープの手書文字 能村研三 201503
人日や発心もろくも消え失せり 塩千恵子 201503
学ぶ者働く者の成人日 四條進 201503
人日や亡母の流儀確かむる 秋場貞枝 春燈 201503
人日やさらりと転職する娘 上野紫泉 京鹿子 201504
人日や早や顔を出す巻かれぐせ 鈴鹿呂仁 京鹿子 201504
人日や眼圧検査の椅子に座す 折橋綾子 201504
人日のとろり喉越すとろろ飯 田伏博子 ろんど 201504
人日や昭和果てたる日を思ふ 川村文英 ろんど 201504
人日 →2      

 

2021年1月7日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。