凍 蝶    201句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
凍蝶の魂離さざるごとく 稲畑廣太郎 ホトトギス 199901
凍蝶の死線に地上二メートル 稲畑廣太郎 ホトトギス 199901
凍蝶の風に吹かれて黄泉路へと 稲畑廣太郎 ホトトギス 199901
手eくしやくしや凍蝶現じめせ 中原道夫 銀化 199901
いざるかに見えて凍蝶翔てざりし 吉田登子 風土 199902
凍蝶を置けば机の光りだす ふけとしこ 船団 199903
凍蝶の心音つつむたなごころ 鈴鹿百合子 京鹿子 199905
凍蝶の凍てたる翅を透かしけり 長沼紫紅 199907
瘤々の木や凍蝶で胸飾る 桐木榮子 船団 199908
凍蝶を見しそれよりの夕早し 能村登四郎 芒種 199911
凍蝶の魂離さざるごとし 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912
凍蝶のとり残されし葉陰あり 稲畑汀子 ホトトギス 200001
凍蝶の此岸彼岸を分つ風 稲畑廣太郎 ホトトギス 200001
轍より凍蝶ほろと飛び出せり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200001
凍蝶の命あるごと風過ぐる 稲畑汀子 ホトトギス 200001
凍蝶の影の外してありにけり 岡崎るり子 銀化 200002
凍蝶に刻少しづつ遅れ来る 高浜礼子 円虹 200003
凍蝶に静寂のかけら落ちゆけり 高浜礼子 円虹 200003
凍蝶や日の香も土の香も淡し 高浜礼子 円虹 200003
凍蝶の二枚刃ゆるり空を裂く 赤間真弓 銀化 200003
凍蝶にプアゾンの影ゆらめいて わたなべじゅんこ 鳥になる 200003
影ひとつ凍蝶に添ひ続けをり 高浜礼子 円虹 200003
凍蝶に夜はさざなみのごとく来る 高浜礼子 円虹 200003
凍蝶の隠れ家となる祠かな 岡和絵 火星 200004
凍蝶や病みても自我を通しける 朝倉和江 馬醉木 200004
凍蝶とわたくし響きやすい履歴 田中亜美 海程 200005
魂ぬけてゐし凍蝶でありにけり 岩瀬操舟 円虹 200005
凍蝶がいつのまにやら去り遅日 池田澄子 船団 200006
凍蝶の生も死も秘す曠野かな 長山あや ホトトギス 200006
凍蝶を解くに阿蘇野の風はまだ 進青亀 円虹 200006
凍蝶のそのあと翔ちしかと思ふ 蔦三郎 ホトトギス 200006
凍蝶のたましひのなほさゆれけり 長山あや ホトトギス 200006
凍蝶や命ほどけてゆく日向 稲畑汀子 ホトトギス 200101
凍蝶の吹かるる命消えまじく 稲畑汀子 ホトトギス 200101
凍蝶の極楽橋にて動きけり 中島陽華 200103
凍蝶のきしきし渡りゆく暮景 彌榮浩樹 銀化 200103
飛鳥寺裏凍蝶のあがりけり 立石萌木 雨月 200104
凍蝶の貼りついてゐし閼伽の桶 岩崎正子 春耕 200104
風葬のごと凍蝶の姿かな 武政礼子 雨月 200105
凍蝶の紋にひとすぢ海の色 山田弘子 ホトトギス 200105
庭去らぬ凍蝶夫の化身とも 鈴木南子 ホトトギス 200105
凍蝶を庭にかくまひ札所寺 大久保白村 ホトトギス 200105
凍蝶の舞ふにび色に垂れし空 長谷川弥生 ホトトギス 200105
寂しからざる凍蝶の世界あり 石倉京子 ホトトギス 200105
凍蝶のむらさき深き聖廃墟 辻本みえ子 馬醉木 200105
凍蝶や錆びし鉄路の行き止まり 安藤和子 海程 200105
凍蝶の旅夢まかせ風まかせ 長谷川弥生 ホトトギス 200105
凍蝶の命覚むるを子の言へり 石倉京子 ホトトギス 200105
凍蝶の夢の絶え間か翅うごく 山田弘子 ホトトギス 200105
凍蝶に屋上の庭ありにけり 大久保白村 ホトトギス 200105
凍蝶の飛んで鳥獣保護区かな 大久保白村 ホトトギス 200105
凍蝶の迫りくるもの悟り舞ふ 長谷川弥生 ホトトギス 200105
凍蝶の如くに夫の逝きにけり 成嶋いはほ ホトトギス 200105
凍蝶の翅は沃野の記憶もつ 石倉京子 ホトトギス 200105
凍蝶になほ惜しみたる生命かな 伊藤とし女 ホトトギス 200108
戸を繰れば凍蝶はらり目の前に 鎌倉喜久恵 あを 200202
凍蝶の意志があるなら翔んでみな 松山律子 六花 200202
凍蝶に展翅の痕のなかりけり 松本康司 銀化 200202
凍蝶の眠る花鉢窓の中 大塚まや 京鹿子 200202
風の夜は吾凍蝶となり眠る 山田弘子 円虹 200203
凍蝶の日溜りに来て動かざる 大平保子 いろり 200203
凍蝶のいはばカフカのやうな貌 ハルツォーク洋子 銀化 200203
凍蝶や箔塵まとふ妻の指 高島鷄子 馬醉木 200203
木漏れ日の今日も届かぬ凍蝶に 小島左京 ホトトギス 200204
凍蝶の命あづけて神の森 村田明子 円虹 200205
凍蝶に微光ひとすぢ午後に入る 高橋さえ子 200206

 悼 川口咲子様

凍蝶の命しづかに抱かるる

稲畑汀子 ホトトギス 200301
凍蝶や御免蒙る二の舞は 中原道夫 銀化 200301
凍蝶の日に抱かれし命はも 稲畑汀子 ホトトギス 200301
凍蝶にK水引の帶を解く 中原道夫 銀化 200302
夜空あり開きつぱなしの凍蝶あり 櫂未知子 銀化 200302
手を合はすごとく凍蝶翅たたむ 板倉幸子 築港 200303
伯爵夫人凍蝶を看取るかな 波多洋子 銀化 200303
凍蝶が羽根を合はせしまま死せり 市橋幸代 築港 200304
凍蝶の動かぬままに日当りぬ 元山富代 200304
凍蝶にあと一寸の朝日かな 近藤幸三郎 風土 200304
凍蝶となるべくひたに翅合はせ 佐藤たか 200304
大いなるものに凍蝶従ひぬ 今橋眞理子 ホトトギス 200306
磁場ありて凍蝶そこを動かざる 水野恒彦 200312
凍蝶を抱き止めて草雫せり 岩木茂 風土 200402
凍蝶の翅を拡げていのち絶ゆ 徳田正樹 河鹿 200403
凍蝶の日だまりを翔つ気配かな 荒井和昭 200404
凍蝶の終の水輪となりにけり 清水晃子 遠嶺 200404
凍蝶の飛ぶと見えしはたましひか 岩崎慶子 200405
凍蝶の恋に終止符仁王門 中野英歩 八千草 200407
凍蝶と暫し試練の時過ごす 漢隆司 八千草 200407
凍蝶の男結びに眠りおり 中野英歩 八千草 200407
凍蝶の夢海原を行く白帆 小澤克己 遠嶺 200501
凍蝶を見てより後の麦粒腫 須佐薫子 帆船 200503
凍蝶や城門を入るをんなごゑ 淵脇護 河鹿 200503
凍蝶の最期の息を葉に載せて 水野範子 ぐろっけ 200505
凍蝶と今日の日差しをいとほしむ 内田稔 遠嶺 200505
凍蝶や草臥れ顔はして居れぬ 山元志津子 八千草 200507
凍蝶や昔むかしの着物(べべ)を着て 竹内悦子 200601
凍蝶のこゑか時折耳鳴りす 八木柊一郎 ぐろっけ 200603
凍蝶やうまく結べぬ靴の紐 近藤幸三郎 風土 200603
凍蝶にひよいと出くはす旅の僧 林日圓 京鹿子 200603
凍蝶の瞬いてから点く記憶 林昭太郎 200604
凍蝶に旦暮のおもひかぶせ置き 外川玲子 風土 200604
凍蝶に近づき指を触れずゐる 野口孝子 栴檀 200605
凍蝶に神の恵みの日の少し 稲畑廣太郎 ホトトギス 200701
凍蝶に極楽浄土ありやなし 稲畑廣太郎 ホトトギス 200701
凍蝶の矜持つらぬき通したる あさなが捷 200705
凍蝶の日高くなりて無かりけり 瀧春一 200706
凍蝶にふれしは誰ぞ微塵かな 神蔵器 風土 200802
凍蝶の気息わづかに羽動く 鎌倉喜久恵 あを 200802
おばしまに凍蝶といふ毀れもの 吉田明子 200803
凍蝶のはらわたまでの色好み 小形さとる 200803
凍蝶のいま四次元の翅づかひ 栃内和江 200803
地下に堕ちし凍蝶正に尊厳死 辰巳比呂史 200804
凍蝶や大きなかほの飛鳥佛 城孝子 火星 200804
凍蝶に呪文をかけてみたくなり 宮倉浅子 遠嶺 200805
凍蝶のいのちしづかに葉に縋る 水谷芳子 雨月 200805
凍蝶に日差しの及ぶ観音堂 首藤知茂 200805
まぼろしか凍蝶ふっと飛び立つは 大石喜美子 雨月 200805
凍蝶の動かぬことに人は彳ち 嶋田一歩 ホトトギス 200806
凍蝶の触れてくづるるかとも見え 嶋田一歩 ホトトギス 200806
凍蝶と思ふが飛べよとも思ふ 嶋田一歩 ホトトギス 200806
凍蝶や死して姿を正しうす 木下忠雄 酸漿 200901
凍蝶に山椒の刺ばかりなり 鈴木多枝子 あを 200901
凍蝶となりて座禅の行を組む 小澤克己 遠嶺 200903
凍蝶や旅の終りの翅たたみ 千田百里 200903
凍蝶の思羽立ててゐる地べた 中村恭子 200903
凍蝶や今どのあたりどの花に 久津見風牛 200904
凍蝶に音のしづもる夜明なり 水野恒彦 200904
凍蝶を包みし朝のひかりかな 遠藤和彦 遠嶺 200905
凍蝶の乾くのんどを鳴らしをり 久津見風牛 201002
凍蝶の岩に夕日のとどまれり 遠藤和彦 遠嶺 201003
凍蝶の放下の姿美しく 久津見風牛 201003
凍蝶の石のひとつに夢をみる 木山杏理 京鹿子 201003
凍蝶に日の当たりをる痛みかな 辻美奈子 201003
日輪を恋ひ凍蝶の飛びあがる 吉田順子 201004
凍蝶を囲みて声を低くせり 秋千晴 201004
凍蝶や日中(ひなか)に越さむ峠道 佐々木新 春燈 201004
凍蝶の翅を合はせてゐたりけり 笠置早苗 火星 201004
凍蝶の合はする翅の黒ごろも 工藤ミネ子 風土 201004
凍蝶や空地のままの十五年 山田佳乃 ホトトギス 201006
凍蝶に加勢の息となつてゐし 岩垣子鹿 ホトトギス 201006
凍蝶の家紋のごとくありにけり 森岡正作 201102
凍蝶の風に耐へゐていつくしき 花田心作 201103
凍蝶の朝日の中にうごめきぬ 池田いつ子 酸漿 201104
凍蝶の空を忘れしごとくゐる 浅田光代 風土 201104
凍蝶や崑崙の玉胸に抱き 成瀬櫻桃子 櫻桃子選集 201105
眠るべしかの凍蝶を夢に舞はせ 成瀬櫻桃子 櫻桃子選集 201105
凍蝶になまじ薄日のさしにけり 成瀬櫻桃子 櫻桃子選集 201105
凍蝶の日に舞ふ願潰えしか 安原葉 ホトトギス 201106
凍蝶とみしがうごきて飛び立てり 田中藤穂 あを 201112
凍蝶や己信じて神任せ 宮井知英 201203
夢の世か若草山の凍蝶は 藤澤陽子 201204
深呼吸して凍蝶の粉微塵 神蔵器 風土 201204
凍蝶を犬が見つくる葉陰かな 佐藤喜仙 かさね 201207
凍蝶のふるへる翅を閉ぢ合はす 佐津のぼる 六花 201302
日の差して凍蝶すこし震へけり 原友子 201302
凍蝶のはつと二翅のありしこと 直江裕子 京鹿子 201304
虚空より腕が出凍蝶をつかむ 有松洋子 201403
凍蝶の翅ふるへゐる先に川 大崎紀夫 やぶれ傘 201403
凍蝶の眼は閉ぢてゐるのだらうか 山本孝子 ろんど 201403
凍蝶のしろがね色の白日夢 大日向幸江 あを 201403
凍蝶のいつの間に向き変はりたる 楠原幹子 201404
凍蝶に雲は無情に日を閉ざす 稲畑廣太郎 ホトトギス 201501
凍蝶や茜染み入る路辺の石 三屋英俊 万象 201503
日の移る窓の凍蝶みじろがず 西川みほ 末黒野 201505
凍蝶に風の素通りしてゆきし 稲畑汀子 ホトトギス 201601
凍蝶に触れて節介咎めらる 藤岡紫水 京鹿子 201603
凍蝶やいまだ未知なる穹の果て 水野恒彦 201603
凍蝶の眼になほも光りあり 成田美代 201603
土になるために凍蝶翅たたむ 田村園子 201605
凍蝶へ怖々と手を触れてみる 佐藤哲 万象 201702
凍蝶の一つになれぬ身と心 近藤喜子 201703
凍蝶の折り目正しく事切れぬ 安斎久英 末黒野 201704
凍蝶の翔つ一瞬の力見し 片山喜久子 雨月 201704
凍蝶を喪心にみてをりにけり 笹村政子 六花 201705
凍蝶のいのちはなるる震へかな えとう樹里 201706
凍蝶や旅は明日で終る筈 安藤久美子 やぶれ傘 201711
凍蝶の触るれば微塵となりぬべし 梅村すみを 201803
凍蝶のこつと展ぐる翅の艶 森清堯 末黒野 201805
凍蝶を起さぬように柩置く 阪野基道 船団 201806
凍蝶や夫逝きてより二十七年 宮川みね子 風土 201901
閂の開かずの門に蝶凍つる 森岡正作 201903
蝶一頭柱時計の上に凍つ 森岡正作 201903
鈴の緒に凍蝶すがる陽を給ふ 松本鷹根 京鹿子 201904
凍蝶のしばらく飛んでまた凍てし 大橋櫻坡子 雨月 202001
凍蝶の目に幾山河残しけり 鈴鹿仁 京鹿子 202001
凍蝶や生死音なく入れ替はり 小島良子 202002
凍蝶と決めこみ花に動かざる 松田多朗 馬醉木 202003
どうしても気になる動かざる凍蝶 近藤喜子 202003
凍蝶に差してきたりし朝日影 田中美恵子 202004
凍蝶に今しも雲間より光 佐藤克江 202004
凍蝶のあたためてゐるマリア像 熊川暁子 202005
凍蝶とふと我似たり日を恋うて 千原叡子 ホトトギス 202007
凍蝶の日に舞ひ風に落ちゆけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 202101
凍蝶に天使微笑み降りて来し 稲畑廣太郎 ホトトギス 202101
凍蝶の明日を信じてゐる動き 稲畑廣太郎 ホトトギス 202101
凍蝶の何に執着してをりぬ 山田六甲 六花 202102
凍蝶の死の遠のける夜明けかな 藤生不二男 六花 202103
凍蝶や夢の深みへ溺れゆく 塩貝朱千 京鹿子 202104
凍蝶や土星の輪しか見えませぬ 奥田筆子 京鹿子 202104
凍蝶の崩るるやうに飛び立ちぬ 六車佳奈 風土 202104
力尽きつつ凍蝶の魂重し 本郷桂子 ホトトギス 202106
凍蝶に情をかけし悔いの指 本郷桂子 ホトトギス 202106
凍蝶の足の先なる生気かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 202201

 

2022年2月2日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。