冬の星     194句

冬の星  冬星

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
冬の星流れて言葉一つ呑む 岩瀬良子 円虹 199903  
美しき冬の星座の真下かな 水野あき子 遠嶺 199903  
叱らねばならぬ子探す冬の星 樋口英子 朝桜 199904  
まばたきの度に増えゆき冬の星 横倉由紀 船団 199908  
夜空には夜空の都合冬の星 稲畑汀子 ホトトギス 199911  
本当に流れし冬の星を追ふ 稲畑汀子 ホトトギス 199911  
逢へばまた冬の星空語る友 稲畑汀子 ホトトギス 199911  
画鋲さす飛ばされやすき冬の星 星野早苗 空のさえずる 200002  
唇は白湯にふれつつ冬の星 栗栖恵通子 200003  
冬の星万座の空にちりばめし 梅田秀子 酸漿 200003  
なんとなく神よと思う冬の星 池田澄子 船団 200006  
沖に出て冬の星座を数へけり 稲辺美津 夏椿 200007  
欅の秀密なす冬の星空に 皆川盤水 春耕 200010  
美しき心は永久に冬の星 稲畑汀子 ホトトギス 200011 悼 
家出かもペットボトルに冬の星 本田ひとみ 海程 200012  
冬の星さがせばありし粒ほどに 能村登四郎 200012  
其の後のはなし眠れる冬の星 村上瑪論 銀化 200102  
ページ繰る冬の星座の匂ひ立ち 清水結化 いろり 200102  
夜明け前一途に光る冬の星 清水結化 いろり 200102  
遺伝子のことふと想ふ冬の星 さいとう良太 遠嶺 200103  
ちちもははも傷つかぬまま冬の星 高田好子 京鹿子 200103  
羽の国の真の闇なり冬の星 田中子 円虹 200104  
翔びたちし泪たちかも冬の星 土岐明子 遠嶺 200104  
さびしくて冬の星座をぶったたく 辻村拓夫 船団 200106  
ウォークマンのリズムに揺れる冬の星 甲田夏湖 船団 200108  
冬の星さがせばありし粒ほどに 能村登四郎 羽化 200110  
裏海の宿の静けさ冬の星 中村公代 雨月 200202  
ハレルヤのコーラス終へて冬の星 山荘慶子 あを 200202  
遺言の終章冬の星揺るる 泉田秋硯 200202  
皇子生れて雅びまとへる冬の星 萩野谷三和 遠嶺 200203  
冬の星飛ぶを信じて野に佇てり 片山茂子 遠嶺 200203  
詩に遊ぶ心を冬の星月夜 小澤克己 遠嶺 200203 祝『星月夜』
弓月を遠巻きにして冬の星 本間直子 200203  
ふるさとに向かつて流る冬の星 片山茂子 遠嶺 200203  
掌に真珠一縷や冬の星 林友次郎 遠嶺 200205  
高原の冬の星座に我も入る 稲岡長 ホトトギス 200206  
阿蘇五岳うすく置きて冬の星 稲畑汀子 ホトトギス 200211  
冬の星仰ぎし古都を語らばや 稲畑汀子 ホトトギス 200212  
光年は都市より近く冬の星 稲畑廣太郎 ホトトギス 200301  
見上げたる銀杏にふゆる冬の星 小林成子 火星 200302  
放課後の星立冬の星となる 山井寛子 ホトトギス 200303  
冬の星娘の実像の遠ざかる 平居澪子 六花 200303  
放念に冬の星空下りて来し 山崎靖子 200303  
白々と富士沈みたる冬の星 小林碧郎 馬醉木 200304  
吹き荒れて冬の星座の定まりぬ 山本喜朗 雨月 200305  
三博士祀る聖堂冬の星 稲畑廣太郎 ホトトギス 200311  
鈍行の若き車掌に冬の星 高木武人 百鳥 200402  
冬の星宇宙にむかふ昇降機 福田かよ子 ぐろっけ 200404  
渓に沿ふ合掌部落冬の星 的池遙 百鳥 200405  
肩寄せて冬の星座を探す子ら 林裕美子 六花 200405  
冬の星ラジオは星の歌ばかり 高木武人 百鳥 200405  
野良猫の声かけられし冬の星 寺門丈明 あを 200501  
長男も次男も茶人冬の星 東亜未 あを 200502  
喪帰りの冬の星座を教へらる 野中亮介 馬醉木 200502  
冬の星ざわめきのふと遠ざかる 林裕美子 六花 200502  
橋と橋声掛け合つて冬の星 中村葉子 帆船 200503  
錫杖を突くたび殖ゆる冬の星 中尾公彦 200503  
ヴィオロンの切なき調べ冬の星 赤池英津子 遠嶺 200503  
黎明や射るごと光る冬の星 前川りょう 200505  
オリオンを見てゐて冬の星流れ 稲畑汀子 ホトトギス 200512  
未来とふ赤子を抱きぬ冬の星 瀬戸かづこ 200602  
燃えのこる焔に遠し冬の星 小嶋恵美 春潮 200602  
冬の星空あたためて輝けり 安部里子 あを 200602  
冬の星蹄鉄を打ち続けをり 堀木基之 百鳥 200603  
冬の星亡父の年に近づけり 高畠陽子 河鹿 200604  
通夜の席ぬけて仰ぎし冬の星 中元英雄 河鹿 200605  
冬の星赤きは君の為に燃ゆ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200606  
カクテルに一つ入れたし冬の星 谷口陽子 八千草 200606  
火星見て冬の星座を仰ぎけり 稲畑汀子 ホトトギス 200611  
ひたむきに尽ししことも冬の星 久保久子 春燈 200612  
奥宮の神の潜り戸冬の星 林友次郎 遠嶺 200703  
天壽をば全うせよと冬の星 石田邦子 遠嶺 200703  
冬の星ぽろりと落ちて金平糖 山本ミツ子 六花 200704  
快晴の中の悲しみ冬の星 稲畑汀子 ホトトギス 200712  
夜空晴れ冬の星座に心置く 稲畑汀子 ホトトギス 200712  
東京に冬の星なき夜を泊つる 稲畑汀子 ホトトギス 200712  
飛行機の小窓数多や冬の星 東亜未 あを 200802  
きらめきをかぐやよ護れ冬の星 荻野千枝 京鹿子 200803  
遠吠えのほかは聞こえず冬の星 岸上二條 200804  
冬の星一ついつまで海の上 本田ヒデ子 京鹿子 200804  
宇宙とは美しきもの冬の星 小泉和代 酸漿 200804  
オカリナの穴より出でし冬の星 近藤公子 200808  
見えてゐる冬の星座の一部分 稲畑汀子 ホトトギス 200811  
峰寺の音なき冬の星仰ぐ 稲畑汀子 ホトトギス 200811  
今宵泊つ冬の星空期待して 稲畑汀子 ホトトギス 200811  
ばらばらにつながつてゐる冬の星 吉岡一三 200812  
冬の星立志ぎりぎり傾けて 鴨下昭 200901  
酔眼の数へてゐたり冬の星 遠藤和彦 彩雲 200901  
温もりをかかへて冬の星になる 殖栗歩 炎環 200902  
たあいなく暮れ立冬の星生まる 船越美喜 京鹿子 200902  
初冬の星のホテルに眠りけり 今井千鶴子 ホトトギス 200903  
ピツコロを飛び出して来し冬の星 岩月優美子 200903  
冬の星水のにほひの窓辺かな 倉持梨恵 200905  
一睡のあとの車窓に冬の星 櫨木優子 200905  
君に告白せし冬の星の下 稲畑廣太郎 ホトトギス 200912  
冬の星月を褥に相寄りぬ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200912  
銀紙のくつついてをる冬の星 栗栖恵通子 201002  
暮るる海雲引く空に冬の星 鎌倉喜久恵 あを 201002  
冬の星弾かぬピアノを手放せず 加藤峰子 201002  
冬の星数へきれなき吾が眼 四條進 201002  
橅の森冬の星座を支へをり 小田明美 春燈 201003  
眠るため庫に入る車輛冬の星 広渡敬雄 201003  
小屋に入る足を停めて冬の星 鬼頭佳子 201003  
鯉玄く冬の星まで沈みけり 野中亮介 馬醉木 201004  
円楽の逝つてしまへり冬の星 高橋均 やぶれ傘 201004  
冬の星またたたきゐしが消えにけり 本田保 春燈 201004  
覚えたて妻に教へる冬の星 金子清孝 ぐろっけ 201005  
物語はじまる冬の星座より 川越寛子 201005  
冬の星切磋琢磨を教へけり 北尾章郎 201005  
地下鉄は惑へぬ蛇や冬の星 阿部知代 201007  
星とんで冬の星座をよぎりけり 稲畑汀子 ホトトギス 201012  
きざはしは冬の星空へと向かふ 稲畑汀子 ホトトギス 201012  
合唱の高音低音冬の星 長崎桂子 あを 201101  
父と子のピアノ連弾冬の星 山本町子 風土 201102  
屋上に残る自動車冬の星 掛井広通 201102  
サハラにて冬の星座を指なぞる 泉田秋硯 201103  
冬の星分けて一番列車来る 山本素竹 ホトトギス 201104  
働くものにひかり惜しまず冬の星 成瀬櫻桃子 櫻桃子選集 201105  
真夜覚めて冬の星座を見に出でし 稲畑汀子 ホトトギス 201111  
冬の星弾む話題もよべのこと 稲畑汀子 ホトトギス 201112  
どの窓もだいだい色や冬の星 加藤みき 201202  
つながらぬ携帯電話冬の星 米澤光子 火星 201202  
地球より寒かろ冬の星の母 古川忠利 ろんど 201203  
丑三つのしじまの空や冬の星 青木英林 かさね 201203  
故郷の大きな空や冬の星 西岡啓子 春燈 201204  
冬の星一つが空を伸ばしゆく 熊谷ふみを ろんど 201204  
おさむ忌や冬の星座を打ち鳴らせ すずき巴里 ろんど 201303  
動かざるものの一つや冬の星 松本文一郎 六花 201303  
北上川かんかん冬の星撤かれ 大畑善昭 201303  
円熟期演じきらずに冬の星 塩千恵子 201303  
冬の星ひとつは宇宙ステーション 中村ふく子 201303  
恋の歌聴きて出づれば冬の星 向江醇子 ぐろっけ 201304  
渦潮の暮れつつ冬の星ひとつ 今井千鶴子 ホトトギス 201304  
ポケットに去年の木の実冬の星 田中藤穂 あを 201401  
星冴ゆる淋しきときの「冬の星座」 塩路隆子 201402  
人生を全うせむと冬の星 川崎利子 201402  
師の快癒祈ればひかる冬の星 玉置かよ子 雨月 201402  
山暮れて指さし数ふ冬の星 安田とし子 ぐろっけ 201403  
靴音を伴の家路や冬の星 永島雅子 春燈 201404  
路線バス坂下り行く冬の星 渡邉孝彦 やぶれ傘 201404  
笙の音の聞こえてくるよ冬の星 宮川みね子 風土 201404  
冬の星文字は言葉の影ならむ 水野恒彦 201404  
兄逝きし空にマグマの冬の星 池田光子 201405  
立冬の星より遅きふもとの灯 和田和子 馬醉木 201501  
灘越しの関の灯台冬の星 杉原ツタ子 201503  
冬の星大河となりて輝やきぬ 鈴木眞貴 京鹿子 201503  
再会を約すむなしさ冬の星 菅野日出子 末黒野 201503  
研ぎ上げて指に刃を当つ冬の星 下山田美江 風土 201504  
ピッコロを飛び出して来し冬の星 岩月優美子 グピドの瞳 201506  
冬ノ星トモニ眺メル友求ム 火箱ひろ 船団 201508  
銀紙のうらも銀紙冬の星 宮内とし子 201603  
一村の早眠りをり冬の星 渡辺やや 風土 201603  
十の吾を遺しし父や冬の星 森清信子 末黒野 201603  
湖暮れてこぼれんばかり冬の星 安斎久英 末黒野 201604  
ギリシヤてふステゴザウルス冬の星 奥田筆子 京鹿子 201606  
冬の星肥後へ繋げてゆく鉄路 稲畑廣太郎 ホトトギス 201612  
粉ぐすりもたまに出してよ冬の星 佐藤喜孝 あを 201702  
闇下りていよよ冴えたる冬の星 後藤マツエ 201703  
冬の星指の先まで血の通る 伊藤希眸 京鹿子 201703  
帰国までカウントダウン冬の星 伊吹之博 京鹿子 201703  
自転車でピエロが帰る冬の星 大崎紀夫 やぶれ傘 201703  
八度目の施術空しく冬の星 数長藤代 201703  
梢より生まれしやうな冬の星 西村将昭 201703  
総立ちのジャズコンサート冬の星 秋千晴 201703  
冬の星可視光線の外にある 中西厚子 201704  
「がんしう」の夫妻寄り添ふ冬の星 鈴木石花 風土 201704  
冬の星裕子さん裕子さんと呼んでみる 田中藤穂 あを 201703  
その中に黙示のやうな冬の星 相良牧人 201705  
山裾にかたまる家や冬の星 高倉和子 201705  
直感のときに危ふし冬の星 吉田政江 201802  
吹き止みて数ふやしたる冬の星 栗原公子 201802  
迫り上がるからくり時計冬の星 奥田茶々 風土 201802  
バス停でバスを降りれば冬の星 丑久保勲 やぶれ傘 201803  
川べりを犬つれ歩く冬の星 白石正躬 やぶれ傘 201803  
白砂盛る向月台や冬の星 橋添やよひ 風土 201803  
黒ぐろとビルの鉄骨冬の星 森清信子 末黒野 201803  
触れ合はばカリヨンの音冬の星 七田文子 201803  
老練の鵜へ降るほどの冬の星 内山花葉 201803  
皆既月食観つつ子の言ふ冬の星 竹内タカミ 201804  
澄み渡る冬の星座に虚無を見て 酒井たかお 201811  
「さよなら」を遺して母は冬の星 秋山信行 やぶれ傘 201901  
晩鐘の余韻の空や冬の星 高木邦雄 末黒野 201902  
あづみ野や満天占むる冬の星 高木邦雄 末黒野 201902  
冬の星メタセコイヤは放電中 火箱ひろ 201903  
半月のその右上に冬の星 青谷小枝 やぶれ傘 201903  
新しき命の鼓動冬の星 石井美智子 風土 201903  
父といふ一本の糸冬の星 松山潤子 京鹿子 201904  
妻恋ひのしきりに仰ぐ冬の星 赤川誓城 ホトトギス 201904  
書写山の山上伽藍冬の星 後藤比奈夫 ホトトギス 201905  
良寛の眼あるべし冬の星 西村洋平 京鹿子 202002  
冬の星厨に残る酢の匂ひ 吉清和代 202002  
冬の星マンホールから水のこゑ 藤井美晴 やぶれ傘 202002  
冬の星ずっと友だちでいたいね 林田麻裕 202003  
マンションの前のベンチや冬の星 阪西敦子 ホトトギス 202005  

 

2020年11月6日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。