冬 茜       96句

冬茜柚子のかごさげバスを待つ    後藤しげ子

夕焼  秋夕焼  冬夕焼

作品
作者
掲載誌
掲載年月
ちちははの記憶が合はず冬茜 村田冨美子 京鹿子 199901
エンパイヤステートビルや冬茜 中川二毫子 遠嶺 199902
引き際の波輝けり冬茜 鈴木庸子 風土 199903
アイロンの冷めゆく速度冬茜 内田美紗 船団 199907
冬茜死んだらどこへゆくんやろ 志方桜子 六花 200002
艫の音に舟従へる冬茜 松本茶昂 火星 200102
眼鏡拭くきらりきらめく冬茜 西脇きぬ 京鹿子 200103
米を研ぐほのぼのとして冬茜 宮下本平 200104

マルチ、ではあるが

冬茜セイントMが職安へ

入江一月 船団 200105
連岳の富士もろともに冬茜 小澤克己 遠嶺 200105
冬茜一番星へ空譲る 根岸善行 風土 200202
作業着の白いペンキに冬茜 赤座典子 あを 200202
冬茜届く宇宙のパスポート 寺内佶 遠嶺 200204
部屋の中先づは灯して冬茜 田澤初枝 遠嶺 200204
丹念にやかん磨きて冬茜 松村ゆきほ 遠嶺 200302
ひと日果つかくもやさしき冬茜 鈴木夫佐子 200302
アッシジの聖画売る店冬茜 竹下昭子 ぐろっけ 200302
暮れてなほ遠山にあり冬茜 青木陽子 酸漿 200402
冬茜富士黒々と休みをり 早崎泰江 あを 200403
葺き藁の匂ひ重ねて冬茜 関口幹雄 遠嶺 200404
さよならのあとの静寂や冬茜 古山智子 200404
両の掌に冷めゆく夫や冬茜 田代ヨシ 河鹿 200405
山彦の返らぬ山や冬茜 佐藤彰 築港 200501
冬茜江の島沖の舟一つ 青木久子 遠嶺 200503
冬茜大観旧居の勝手口 浦川哲子 200503
一筋の潮目に残る冬茜 宮川迫夫 遠嶺 200505
日輪のすとんと落ちし冬茜 鎌倉喜久恵 あを 200601
冬茜遺作「死顔」読み継げる 田中藤穂 あを 200701
拝み来し仏かたへや冬茜 荻野嘉代子 春燈 200702
検診の結果待たるる冬茜 塩野きみ 遠嶺 200703
聴講の興奮冷めず冬茜 安田久太朗 遠嶺 200703
東京の空一面の冬茜 鈴木久香 遠嶺 200703
冬茜「月の砂漠」に手形押す 小城綾子 200703
ひとり立つホームの長く冬茜 池崎るり子 六花 200704
冬茜見舞ひし後の閑話かな 赤座典子 あを 200801
竹人形の肌斑入りや冬茜 延広禎一 200803
今生の誠の色に冬茜 天野みゆき 風土 200804
冬茜野末に一樹置かれゐる 豊田都峰 草の唄 200805
予定なき旅のひと日や冬茜 大文字孝一 春燈 200902
浮御堂影絵となりぬ冬茜 門伝史会 風土 200903
冬茜煙突越しに茅渟の海 中山勢都子 ぐろっけ 200903
故郷の駅に降りるや冬茜 大西裕 酸漿 200903
冬茜耳たぶ少し固くなり 三宅禮子 やぶれ傘 200903
冬茜言葉にすれば消ゆるかも 松田都青 京鹿子 200905
冬茜足湯をもらひ受けにけり 前田美恵子 201002
冬茜思はず両手合せけり 仙石君子 雨月 201002
絵画展見し昂りの冬茜 伊東和子 201003
冬茜東寺の塔のシルエット 金山藤之助 201003
はらわたの検査合格冬茜 有田蟻太 201003
使ひ捨てのものに執着冬茜 河村啓花 ろんど 201003
積み上げるスカイツリーの冬茜 下平誠子 ろんど 201004
飛行機の尾灯ほのかに冬茜 石川かおり 201101
クレーンの嘴語りだす冬茜 小堀寛 京鹿子 201102
顋門のやはらかき妻冬茜 大西順子 ろんど 201102
ベランダや百八十度の冬茜 小渕二美江 春燈 201103
冬茜関の小万の格子町 竹下昭子 ぐろっけ 201103
亭亭の大欅あり冬茜 山田悦子 酸漿 201103
違ふ事考へてゐる冬茜 河隅惠子 201104
湯煙のうしろ白根の冬茜 藤井美晴 やぶれ傘 201104
妻は手を振つてゐるらし冬茜 齋藤博 やぶれ傘 201105
みささぎを出でてこの世の冬茜 中條睦子 万象 201110
冬茜旅の鞄の鍵錆びて コ田千鶴子 花の翼 201111
過去といふ時間の積木冬茜 千田敬 201203
甲斐駒へ続く稜線冬茜 森清信子 末黒野 201203
鐘ひとつ村をはなれず冬茜 梶浦玲良子 六花 201204
薄れゆく昭和戦史や冬茜 藤見佳楠子 201302
遠望の音戸大橋冬茜 三枝邦光 ぐろっけ 201302
冬茜俳句を詠んで強くなり まつのたく ろんど 201303
煙抜きの町家の甍冬茜 長濱順子 201304
冬茜雲の山脈黒々と 渡真利真澄 万象 201304
夢殿の八角こがす冬茜 山田美恵子 火星 201402
エル・グレコの絵を見て来たり冬茜 渡辺数子 火星 201402
冬茜見つめる先の赤灯台 田中浅子 201402
粗樫の向かうの雲の冬茜 藤井美晴 やぶれ傘 201404
冬茜遠路の客を送る道 橋本靖子 201501
冬茜薄れゆきけり船溜り 安藤久美子 やぶれ傘 201503
長旅の列車終点冬茜 山口キミコ 201503
ちちははの魂魄あそぶ冬茜 水野恒彦 201504
二千歩の珈琲旨し冬茜 山中サク子 201504
冬茜テレビは食ぶることばかり 津田このみ 船団 201505
教頭の軽トラ通ひ冬茜 佐藤山人 201601
冬茜白く浮き立つ富士の山 岡野ひろ子 201601
冬茜椎の太根を崖が抱く 宇都宮敦子 201602
冬茜富士を愛せし人であり 赤座典子 あを 201602
観音の祀らる路地や冬茜 小林共代 風土 201603
対岸のクルーズ船や冬茜 尾崎千代一 末黒野 201702
粗衣粗食卒寿北斎冬茜 松林依子 201704
磴上る空の霊場冬茜 田代貞香 201703
冬茜消え飛行機は東京へ 天野美登里 やぶれ傘 201803
富士を背に秋谷立石冬茜 安斎久英 末黒野 201804
砂浜の長き影踏む冬茜 有賀鈴乃 末黒野 201804
墨流し雲間から射す冬茜 小笠原妙子 201811
ニースなる天使の湾に冬茜 赤座典子 あを 201901
ナポレオンの辞書さがしゐる冬茜 鷺山珀眉 京鹿子 201903
冬茜の底ヘオカリナ流れ込む 楠本和弘 201905
いつ見てもいつも悲しき冬茜 山岸明子 201910

 

2020年12月10日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。