芳 草  20句

芳草や黒き烏も濃紫   高浜虚子   五百句

春の草  芳草

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
草芳し笙篳篥の楽ひびき 吉田島江 火星 199906  
さぐりゆく杖先の草芳しき 村越化石 200008  
馬の首のほどよきながさ草芳し 佐藤喜孝 あを 200204  
草踏めば草芳しといふ言葉 大槻右城 ホトトギス 200309  
草芳し池からの風吹きながす 吉弘恭子 あを 200606  
鶏と兎飼ふ少年に草芳し 村越化石 200607  
濁世にも芳草萌ゆるてふよろし 瀧青佳 ホトトギス 200707  
測距儀の三脚に草芳ばしき 梶浦玲良子 六花 200710  
義家の馬塚の草芳しき 佐藤忍 万象 200807  
瓦礫より草芳しくありにけり ことり 六花 201003  
醜草も名草も芳しき稲城 稲畑廣太郎 ホトトギス 201104  
芳はしき草の感触ペアルック 中山皓雪 201107  
金米糖手よりこぼれて草芳し 中山純子 万象 201107  
芳草のやうな便りのとどきけり 岩岡中正 ホトトギス 201108  
草かぐはしだらだら坂をだらだらと 大島英昭 やぶれ傘 201109  
草かぐはしホルスタインの育つ牧 藤田かもめ ぐろっけ 201206  
草かぐはし樹の悲しみの限りなし 鴨下昭 201206  
草芳し子規の衣干されゐし庭の 甲州千草 201506  
芳草や皇子墓なれど石ひとつ コ田千鶴子 馬醉木 201705  
草芳し髷なき四股名なき若衆 古賀しぐれ ホトトギス 201708  

 

2020年4月28日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。