春の草(春草)  62句

いろいろの名もむつかしや春の草   珍碩   ひさご

春の草  芳草

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
土堤づたひ足裏にやさし春の草 西井輝子 ぶどうの木 199806  
春の草引けば大きく根を張りて 渋沢小枝 いろり 199904  
春草や廃墟の眼窩彼処にも 西村和子 知音 200106  
春草は絡まりやすきみどりかな 久保夢女 200107  
救急車に道ゆづりけり春の草 小池槇女 火星 200205  
山羊真つ白春草を食みをりし 岡田順子 円虹 200206  
春の草引きて老母ちからづく 八木岡博江 酸漿 200206  
春草の白妙の根を抜きにけり 後藤秋邑 百鳥 200207  
椅子の猫春草の猫目をつむる 森賀まり 百鳥 200207  
紀の国の古道や眩し春の草 坂本京子 200305  
春の草足して玉子で綴ぢにけり 嵯峨根鈴子 火星 200305  
金色の風を生みたる春の草 清水晃子 遠嶺 200308  
春の草巻き込んで土裏返る 諸橋廣子 対岸 200402  
池塘春草なほ青々と老いにけり 若山実 雲の峰 200405  
春草の市立つ武蔵一宮 柴田久子 風土 200407  
春草の上に置かれし道具箱 栢森定男 風よ 200407  
春草や羊群れゆくコルク林 大西裕 酸漿 200408  
春草も力士の髪も匂ふかな 今瀬剛一 対岸 200503  
春の草野良着に使ふ子の古着 松田有伽 河鹿 200605  
春の草すずめからすと名を付され 大橋麻沙子 雨月 200608  
木曽馬の面春草の中にかな 岩月優美子 200705  
宿禰墳春草殊に逞しき 森脇貞子 雨月 200705  
林中に踏むことごとく春の草 木内憲子 200706  
極枝からしづくをうけし春の草 吉弘恭子 あを 200707  
牛たちにまだ伸び足らぬ春の草 菊地惠子 酸漿 200710  
引きゐたる根つこの長き春の草 松下八重美 200805  
滞在に小さきベランダ春の草 稲畑汀子 ホトトギス 200904  
東京の大地のめぐみ春の草 稲畑汀子 ホトトギス 200904  
春の草秀づるものは疎まるる 篠田純子 あを 200905  
見せ合ひて傷誇る子や春の草 柴田佐知子 200905  
春草のはやばや刈らるボール蹴り 佐々木秀子 200906  
手と板でつなぐ小舟と春の草 佐藤喜孝 あを 200912  
春の草にも一枚の空のあり 稲畑汀子 ホトトギス 201003  
鉄辰砂草花図壺春の草 林日圓 京鹿子 201003  
春の草光を返す力あり 佐藤喜孝 あを 201004  
唐突に人裏返る春の草 佐藤喜孝 あを 201004  
多摩川はかく豊かなり春の草 高橋泰子 201006  
たましひを目覚めさせたる春の草 稲畑廣太郎 ホトトギス 201104  
春の草ポストの脚を抱きをる 荻野加壽子 万象 201105  
春草の香を付け人の世に戻る 岩月優美子 201106  
春草の深き野の道仏みち 伊東和子 201107  
言問ふて春の草ほどまぶしかり 吉弘恭子 あを 201107  
春の草踏まんとすれば震へたり 大坪景章 万象 201205  
うつ伏せのボート押し上げ春の草 布川孝子 京鹿子 201207  
春草や山羊の食み跡土俵なる 山田六甲 六花 201303  
春草に馬の鼻息かかりけり 山田六甲 六花 201303  
春草にかくれ鈴鴨ひとつがひ 松岡悠喜夫 ぐろっけ 201307 井の頭自然文化園
石臼の下より萌ゆる春の草 呉屋菜々 万象 201305  
庭石の透き間を攻める春の草 中山静枝 201406  
待春の草にわづかな湿りかな 成田美代 201704  
春草を褥に石の枕かな 高橋将夫 201705  
春の草抜く大方は根の重さ きくちきみえ やぶれ傘 201705  
見舞道日々に色濃き春の草 斉藤マキ子 末黒野 201705  
春草や廃車の屋根も猫の道 本間せつ子 末黒野 201706  
歩まねば今が無くなる春の草 本多俊子 201707  
川舟の水ぬき穴より春の草 田中とし江 201706  
雨の中春の草食む犬を待つ 岩井京子 201707  
一雨にいのちみなぎる春の草 磯貝尚孝 清閑 201804  
一雨にいのちみなぎる春の草 磯貝尚孝 清閑 201804  
職退きて歳月はやし春の草 森田明成 201807  
春の草はふはふ食める河馬の口 浅田光代 風土 201904  
多摩川の水豊かなり春の草 内田梢 末黒野 201904  

 

2018年4月29日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。