菱の花       17句

ゆく水の跡や片寄す菱の花    桃隣

菱の花  菱の実

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
夕暮れの空饐ゑてゐる菱の花 山田六甲 六花 199909  
息荒く駆けくる犬や菱の花 岡本明美 俳句通信 200008  
三輪山の影おく濠や菱の花 阿波谷和子 俳句通信 200008  
菱の花ひけば水面の雲動く 岡久枝 酸漿 200108  
塗り下駄の爪立つてゐる菱の花 岡和絵 火星 200110  
菱の花その底もまた古墳なり 岩木茂 風土 200208  
菱の花舟出て水の道拓け 藤田輝枝 対岸 200310  
ゆつくりと波紋広がる菱の花 小田道知 円虹 200310  
金婚や花菱草が盃掲げ 山田夏子 雨月 200508  
菱形の葉にかこまれて菱の花 三嶋隆英 馬醉木 200608  
銅鏡の破片の出土菱の花 升田ヤス子 200712  
いちにちはつくづく長し菱の花 さのれいこ 春燈 200908  
菱の花舟に柄杓のやうな櫂 内海保子 万象 201310  
溜池の今も変はらず菱の花 大坪景章 万象 201505

「山繭」

三十五周年

盥舟ふせてありたる菱の花 赤松赤彦 六花 201608  
隠れ稚魚そつと顔出し菱の花 太田悦子 京鹿子 201611  
夕暮れて太古の池の菱の花 蒲田雅子 雨月 201711  

 

2020年6月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。