ひるがほ(ひるがお)     20句

ひるがほに電流かよひゐはせぬか    三橋鷹女

昼顔  ひるがほ

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
人の世へひるがほが見送ってくれる 松林尚志 海程 199910  
ひるがほに昼来て義足うつくしき 鳥居真里子 船団 199912  
真向へば大きく円かひるがほは 阿部ひろし 酸漿 200007  
ひるがほや海苔どき過ぎし粗朶積まれ 新井田操 酸漿 200009  
ひるがほや油を注せば鳴らぬなり 小山森生 200010  
トルソーの臀の断面ひるがほよ 小山森生 200011  
ひるがおがひるの蛍をかなしめり 三宅やよい 船団 200011  
ひるがほの流儀で余生行かうかと まついひろこ 銀化 200209  
ひるがほの吹かれどほしや汐見町 宮尾直美 200210  
川音のひびく岸辺や小ひるがほ 山口トシ 酸漿 200310  
ひるがほの早くも咲けり朝曇 阿部ひろし 酸漿 200408  
ひるがほや中仙道へ渡る橋 穴澤光江 遠嶺 200410  
ひるがほやおもひのたけはかなもじで 野口香葉 遠嶺 200609  
ひるがほや遠のけば濃き海のいろ 真保喜代子 200610  
ひるがほに花こそ似たれ甘藷の花 福盛悦子 雨月 200712  
あした咲くひるがほの闇ありにけり 阿布里唯 炎環 200909  
火事跡のひるがほに風ありにけり 根本ひろ子 火星 200909  
ひるがほや砲台に火と風の跡 杉浦典子 火星 200910  
道端のひるがほ軽き埃立ち 藤井美晴 やぶれ傘 201507  
ひるがほのくわつと赤子よいつまで泣く 南うみを 風土 201610  

 

2020年6月23日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。