春の星 1    202句

つくねんと木馬よ春の星ともり   木下夕爾   木下夕爾全句集

春星  春の星

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
友達のやうに師とゐて春の星 山田禮子 きらら 199700  
指させば虚数となりぬ春の星 吉川真実 海程 199807  
一樹より抜け出て春の星と逢ふ 小澤克己 遠嶺 199905  
近づきて少女顔上ぐ春の星 新関一杜 京鹿子 199905  
沈まむと二つつらなり春の星 宮津昭彦 199905  
大玻璃に透けて富嶽と春の星 今井妙子 雨月 199905  
この頃の呟きぐせに春の星 今井妙子 雨月 199905  
母看取る窓に四つの春の星 春田淳子 俳句通信 199905  
佐殿に二男一女や春の星 山路紀子 風土 199906  
名水に鯉のつぶやき春の星 諏訪一郎 遠嶺 199907  
岩峰よりつぎつぎのぼり春の星 宮津昭彦 199908  
仁丹がこぼれて春の星座なす 折原あきの 船団 199908  
ウィンクの謎がとけだし春の星 三神あすか 船団 199909  
春の星二千四百年後又 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
宵の雨上つてをりし春の星 稲畑汀子 ホトトギス 200004  
出会ひあり吉野の春の星仰ぎ 稲畑汀子 ホトトギス 200004  
失ひし都会の夜空春の星 稲畑汀子 ホトトギス 200004  
引越荷ほぼ片づきぬ春の星 稲畑汀子 ホトトギス 200004  
春の星戦禍はいつの世にもあり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200004  
春の星獅子座今年も星散らす 稲畑廣太郎 ホトトギス 200004  
春の星ギブスの吾子を案じつつ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200004  
丘の木に沈まんとして春の星 阿部ひろし 酸漿 200004  
桂郎の一語一語や春の星 二本松輝久 風土 200005  
春の星円陣組んで水溜まり 植田郁一 海程 200008  
女童のかーごめかごめ春の星 岡井省二 200101 飯島耕一書簡
春の星又も深酒してしまひ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200104  
待春の星や暈被る夜もありて 宮津昭彦 200104  
小庵の辺に早春の星つどふ 小澤克己 遠嶺 200105  
月ありて少しはなれて春の星 阿部ひろし 酸漿 200105  
東天にまたたきふゆる春の星 長島恵吉 遠嶺 200106  
春の星行けなくなりし旅の地図 田中矢水 遠嶺 200106  
確実に砂漠が増える春の星 三池泉 船団 200107  
大手門閉ざせば生るる春の星 杉浦富士子 遠嶺 200107  
春の星はるか来し子がふらここに 高橋とも子 200107  
深海の帆柱ゆらぐ春の星 能勢京子 船団 200109  
かぞへてはまたかぞへては春の星 平子公一 馬醉木 200201  
おお鯤よここにゐたのか春の星 岡井省二 200201  
春の星揃ふ花舗の灯濡れゐたり 濱地恵理子 200202  
春の星虚子館一周年の宵 稲畑廣太郎 ホトトギス 200204  
心眼で見上げてごらん春の星 稲畑廣太郎 ホトトギス 200204  
半世紀語りゆく歩や春の星 稲畑汀子 ホトトギス 200204  
うすうすと春の星座のありどころ 稲畑汀子 ホトトギス 200204  
降りてくる夜空に遠き春の星 稲畑汀子 ホトトギス 200204  
春の星ひとつ生るる子守歌 白井爽風 馬醉木 200205  
次の世の住処と思ふ春の星 池尻足穗 雲の峰 200205  
女は湖ひらひら浮かぶ春の星 小澤克己 遠嶺 200206  
奥山の出湯にうるむ春の星 高瀬チエ子 遠嶺 200206  
腰叩くたび満天の春の星 浜口高子 火星 200206  
良弁杉仰ぎて春の星淡し 若江千萱 雨月 200206  
心酔は微酔のごとし春の星 亀丸公俊 銀化 200206  
臼すでに別の世のもの春の星 鷹羽狩行 200207  
新しき生命の鼓動春の星 田中聡子 遠嶺 200207  
知恵の木を探す少年春の星 半澤佐緒里 百鳥 200207  
パンドラの箱戦場の春の星 祐森彌香 遠嶺 200305  
てのひらに水晶の玉春の星 中田禎子 200305  
春の星こだまの帰るところかな 加藤みき 200305  
立春の星の出揃ふ海の上 岡本眸 200305  
修道女シスターの銀の指輪や春の星 祐森彌香 遠嶺 200306  
春の星六つで逝きし姉の面 井上みち子 帆船 200306  
消しゴムで消える名前や春の星 坂本敏子 京鹿子 200306  
眠られず窓より春の星を見る 石川英利 百鳥 200306  
真つ白な嘘といふ本春の星 今井千鶴子 円虹 200307  
目こらせばまた春の星生まれけり 出原博明 円虹 200307
高原の闇の大いさ春の星 竹内喜代子 雨月 200307  
ため息に揺るるがごとし春の星 西澤ひで子 遠嶺 200307  
ゴンドラをゆるく舫ひて春の星 三沢蘭 遠嶺 200307  
カンツォーネ広場に春の星の降る 三沢蘭 遠嶺 200307  
言葉てふこころのささへ春の星 馬場公江 200310  
天上を闇の底とし春の星 藤浦昭代 ホトトギス 200311  
満ち足りし家路となりぬ春の星 安原葉 ホトトギス 200312  
この夢を捨てれば全て春の星 今瀬剛一 対岸 200403  
恙なき笑顔でありし春の星 稲畑汀子 ホトトギス 200404  
春の星息子宿題溜めに溜め 稲畑廣太郎 ホトトギス 200404  
春の星今日も明日も宴会に 稲畑廣太郎 ホトトギス 200404  
恋の句を棄てかねてをり春の星 西野たけし 対岸 200404  
流れ出す森の芥や春の星 加藤みき 200405  
十代の名残の眉や春の星 玉川梨恵 200405  
春の星こころ濡らして眠るなり 田原陽子 200407  
ひそひそと宵の口より春の星 星加克己 ぐろっけ 200407  
新しき夢を託して春の星 加賀富美江 遠嶺 200408  
春の星早や一周忌迎へたる 稲畑廣太郎 ホトトギス 200408  
鉄塔の脚のあはひの春の星 小林成子 火星 200408  
木星土星燃ゆる色して春の星 宮津昭彦 200504  
春の星すでに答は出てゐたり 高橋道子 200505  
春の星兎つるりと生れけり 須佐薫子 帆船 200505  
こめかみへ流るる泪春の星 細川知子 ぐろっけ 200505  
シャンペンの泡ふつふつと春の星 中條今日子 万象 200505  
句会果て余韻そのまま春の星 芝宮須磨子 あを 200505  
いつのまに子は聞き上手春の星 清原彰子 河鹿 200506  
逝きて母天の座を得し春の星 望月晴美 200506  
春の星みな生きてゐてまたたけり 三浦如水 ぐろっけ 200506  
水つねに海に流るる春の星 橋口礼子 河鹿 200507  
指切りの父と子に増ゆ春の星 西村操 雨月 200507  
啄木も賢治も好きよ春の星 細田桂子 百鳥 200507  
春の星十六階の新居より 細田桂子 百鳥 200507  
難解な童話もありて春の星 竹内文子 遠嶺 200508  
春の星降る山の湯の底にをり 里中章子 200508  
檣灯を遠くはなれて春の星 岬雪夫 200601  
大きくて気になる春の星明り 稲畑汀子 ホトトギス 200604  
山焼きし闇のせり出す春の星 神蔵器 風土 200604  
雨上るうるみて一つ春の星 斉藤小夜 風土 200605  
踏切に電車来る間の春の星 徳丸峻一 風土 200605  
春の星潤ひ一つ瞬けり 柳生千枝子 火星 200605  
永らへて心あらたに春の星 藤原浩 栴檀 200605  
春の星目鏡をはずしあらたむる 青木陽子 酸漿 200605  
コーラスの声やはらかく春の星 坂林智代 対岸 200606  
幼子の夢の数なる春の星 清水節子 馬醉木 200607  
玉垣の内に謎あり春の星 竹内文子 遠嶺 200607  
忘れゐし事ひとつあり春の星 南保芙美子 遠嶺 200607  
春の星消ゆるさだめと悟るまで 滝沢幸助 春燈 200608  
叱られし童女の瞳春の星 川畑はるか 遠嶺 200608  
みよし野の雨の洗ひし春の星 今井千鶴子 ホトトギス 200609  
大護摩の煙焔に消ゆ春の星 佐々木よし子 200610  
寝静まる小児病棟春の星 菅原末野 風土 200704  
春の星宇宙拡がりゐたりけり 松原仲子 200704  
羊羹のやうな空なり春の星 ことり 六花 200704  
峡泊り春の星座のよみがへる 刈米育子 200705  
目の隈のとれてをりけり春の星 中島陽華 200705  
盗み聞きする気もなくて春の星 倉持梨恵 200706  
泣き疲れそのまま夢へ春の星 出口誠 六花 200706  
春の星退院決まる赤子かな 出口誠 六花 200706  
春の星仰ぎソプラノ昂れる 峰尾秀之 200708  
ソプラノの余韻を耳に春の星 深津一葉 200708  
来し方の茫々として春の星 野村邦男 八千草 200709  
空港につづく海暮れ春の星 千手和子 馬醉木 200710  
春の星胡椒の匂ふ街にゐて 中野京子 翁草 200710  
目の慣れてきて春の星降り出せり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200804  
追ひかけて躓く闇や春の星 森佳子 遠嶺 200806  
味噌蔵の小窓ににじむ春の星 坪内稔典 船団 200806  
犬の手を握り見てをり春の星 徳丸峻二 風土 200807  
徳篤き翁は春の星となり 邑橋節夫 遠嶺 200807  
こころざし一つに春の星潤む 東良子 遠嶺 200905  
宇宙へのあくなき挑戦春の星 早崎泰江 あを 200905  
胸中に父母まだ若し春の星 木船史舟 200906  
この橋は出合ひと別れ春の星 吉野のぶ子 遠嶺 200906  
おはじきを遠くへはじき春の星 清水明子 遠嶺 200906  
感涙に噎びし文や春の星 鈴木石花 風土 200906  
逝きて三とせの夫にも仲間春の星 吉田陽代 200907  
明日の空読まむと仰ぐ春の星 守屋井蛙 酸漿 200908  
み吉野の宿の更けゆく春の星 安原葉 ホトトギス 200910  
覚えたき春の星の名もう忘れ 稲畑汀子 ホトトギス 201004  
初春の星のコーラス山上湖 小山紫乃布 末黒野 201004  
夫留守のふたよの春の星潤む 高橋泰子 201004  
深海の命は光る春の星 高橋将夫 201005  
和平星まこと星黄泉春の星 小島禾汀 春燈 201005  
机辺少し乱るるままに春の星 池田達二 風土 201005  
天地の命をろがむ春の星 本多俊子 201006  
言ふ後悔言はぬ後悔春の星 望月木綿子 201006  
「海征かば」は亡兄の挽歌や春の星 船越美喜 京鹿子 201006  
なきひとを樹齢に仰ぐ春の星 益田寿美子 春燈 201006  
春の星バッハの余韻胸に抱き 井口初江 酸漿 201006  
モナリザのまなざし遙か春の星 藤岡紫水 京鹿子 201007  
春の星潤みて夫を逝かしむる 小澤徳江 遠嶺 201008  
出揃うてひかりやはらか春の星 布川直幸 201102  
春の星残し吉野の朝ぼらけ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201104  
逝きし人帰り来る人春の星 稲畑廣太郎 ホトトギス 201104  
潤む目に春の星とは三つほど 稲畑廣太郎 ホトトギス 201104  
峡宿の夜を招かるる春の星 稲畑汀子 ホトトギス 201104  
春の星見ゆれば返す峡の宿 稲畑汀子 ホトトギス 201104  
春の星暁闇に雲消えてをり 稲畑汀子 ホトトギス 201104  
きざはしを登れば出遇ふ春の星 稲畑汀子 ホトトギス 201104  
父と決め仰ぐやあはき春の星 中里よし子 春燈 201104  
落款の遺愛の十二春の星 細川洋子 201104  
娘の声の「元気」に涙春の星 山崎里美 201105  
たいまつの消えて息づく春の星 狹川青史 馬醉木 201105  
春の星またたきあひて近よらず 成瀬櫻桃子 成瀬櫻桃子選集 201105  
春の星鯛の粗炊き骨美しき 中島陽華 201106  
停電の夜空輝く春の星 安部里子 あを 201106  
春の星句座のおしゃべりその続き 松本アイ ぐろっけ 201107  
春の星不死身の父と思ひしも 志方章子 蟋蟀 201203  
光年を近しとおもへ春の星 辻美奈子 201204  
少年が少女を詠ひ春の星 森理和 あを 201205  
昏れなづむ縹の空や春の星 須賀充子 パミール越え 201206  
春の星帰国の友に寄せ書きす 伊吹之博 京鹿子 201206  
春の星期待ふくらむアメリカの空 水谷直子 京鹿子 201206  
どじょっこだの遊び疲れて春の星 鎌田悟朗 ろんど 201206  
春の星神馬はいつも待つばかり 柴田佐知子 201207  
春の星降る藤織りの機の音 梶浦玲良子 六花 201207  
早春の星を夜空に置き初めし 稲畑汀子 ホトトギス 201302  
春の星空を濡らしてをりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201403  
春の星仰ぎ今夜は帰れない 稲畑廣太郎 ホトトギス 201403  
繊月の所在と別に春の星 稲畑汀子 ホトトギス 201404  
春の星吉野の旅も終りたる 稲畑汀子 ホトトギス 201404  
み吉野の山路は暗し春の星 稲畑汀子 ホトトギス 201404  
みよし野の春の星とは大きくて 稲畑廣太郎 ホトトギス 201404  
寝食いし父母に近づく春の星 半田稜 ろんど 201406  
華人との談笑尽きぬ春の星 伊吹之博 京鹿子 201406  
春の星最終汽笛島を曳き 布川孝子 京鹿子 201407  
我がこころ潤みてあれば春の星 稲岡長 ホトトギス 201408  
六甲の山の稜線春の星 稲畑汀子 ホトトギス 201504  
春の星波消しに波寄する音 藤井美晴 やぶれ傘 201505  
震災忌寄り添ふごとく春の星 辻由紀 雨月 201506  
ひとときは恋かと思ふ春の星 篠原幸子 春燈 201506  
みちのくの春の星座のみなうるむ 山本喜朗 雨月 201604  
火の星も氷の星も春の星 宮井知英 201606  
病人は夜も病人春の星 島田喜郎 201606  
とり合へず寝れば来る明日春の星 大川ゆかり 201607  
コーヒーのミルク渦巻く春の星 根岸善行 風土 201607  
春の星長寿の系を賜るも 布川孝子 京鹿子 201607  
春の星獅子座の下に地球浮く 田中臥石 末黒野 201608  
深々と闇ぼんやりと春の星 今橋眞理子 ホトトギス 201610  
ものみの塔何処より見える春の星 伊藤五六歩 船団 201612 春の星→ 2

2020年2月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

掲載年月順です。

ご希望の季語又は語彙がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

 

季語のリクエストお待ちしています。