葉ぼたん    20句

 

葉牡丹  葉ぼたん

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
葉ぼたんを植ゑて佳き日と思ふなり 松沢久子 いろり 200102  
葉ぼたんに波長の合はぬ物干され 丸山佳子 京鹿子 200103  
自転車の籠の葉ぼたん四角なり 大東由美子 火星 200203  
葉ぼたんの渦の影濃く駆込み寺 渡井佳代子 200207  
葉ぼたんの花となりけり暮の春 芝尚子 あを 200306  
葉ぼたんの裏を覗きしまでのこと 宇都宮滴水 京鹿子 200402  
葉ぼたんの傾ぐ向き向き父百へ 淵脇護 河鹿 200404  
葉ぼたんのなほ華やかに茎立てり 西屋敷峰水 河鹿 200406  
遊歩道にちぢれ葉ぼたん盛りなす 西畑敦子 火星 200504  
葉ぼたんの茎立ち始む花時計 浜和佳子 百鳥 200506  
葉ぼたんの花と闌けゆく思いあり 中野哲子 六花 200507  
葉ぼたんの山日ゆつくり集めをり 城孝子 火星 200602  
葉ぼたんや心の角にある円さ 宇都宮滴水 京鹿子 200802  
葉ぼたんの廻りすぎたる彩となる 宇都宮滴水 京鹿子 200802  
葉ぼたんに朝日あふるる無人駅 中山静枝 200903  
大葉ぼたんお賞め申して返事なし 丸山佳子 京鹿子 201002  
葉ぼたんに氷あづきのやうな雪 竹内弘子 あを 201105  
葉ぼたんの繊密の渦のゆるみ初 国包澄子 201304  
葉ぼたんや引き返せない迷ひ道 片山煕子 京鹿子 201304  
葉ぼたんや母性渦巻きはじめたる 佐藤千恵 京鹿子 201603  

 

2017年1月28日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。