98句

唯今只蒲生ふるなり院の池  高浜虚子  虚子百句

  蒲の穂絮

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
たましひの少し離れし蒲の花 神蔵器 風土 199809  
蒲の穂の御用提灯勢揃ひ 鷹羽狩行 199812  
蒲の穂や灯を点したるもどり舟 岩谷昭三 199901  
蒲の穂の寄りたくなくて寄りてゐる 山尾玉藻 火星 199906  
隠沼の蒲に日照雨の到りけり 葛馬房夫 雨月 199910  
蒲の穂の呆けはじめは光りけり 服部幸 200002  
古綿に似て蒲の穂の耄けけり 宮津昭彦 200008  
大水輪湧きて何棲む蒲は穂に 湯橋喜美 200011  
蒲の花夕山風に息づきぬ 鳴海清美 六花 200012  
姫蒲の穂をひとつ揺る風の道 西山美枝子 酸漿 200108  
蒲は穂に水音迅し和賀盆地 寺田善樹 風土 200110  
池の辺は風吹くところ蒲は穂に 大槻久美 円虹 200112  
でこぼこの道続きをり蒲の花 加藤みき 200208  
擦傷を思はず蒲の穂で叩く 塩出眞一 ぐろっけ 200208  
地下茎に結ばる蒲の雄花飛ぶ 須賀悦子 ぐろっけ 200209  
蒲の池八大竜王立ち寄りたまへ 高橋将夫 200209  
蒲の穂の刈り残りたる二タ穂かな 石脇みはる 200211  
つんつんと蒲の穂日かげ欲しくをり 田所節子 200212  
さゞ波の里山揺るる蒲の風 松木桂子 200212  
ソーセージ屋台因幡の蒲は穂に 品川鈴子 ぐろっけ 200310  
蒲の穂にありし日ざしのいま山に 石脇みはる 200311  
蒲の穂を数へ直して倦まぬなり 宮津昭彦 200311  
蒲の穂の立ち枯れの宇陀思ふかな 鈴木沙万沙 草の花 200403  
蒲の穂に蝶の触れたる梅雨入かな 山尾玉藻 火星 200408  
蒲の穂の高さを風のひとわたり 矢崎すみ子 200409  
蒲の穂やけふ湖の波高く 細井紫幸 草の花 200410  
夕暮れの蒲を揺らして鳥発てり 木野本加寿江 火星 200410  
高だかとのびし蒲の穂ホテルロビー 山荘慶子 あを 200411  
蒲は穂となる食べながら笑みながら 山尾玉藻 火星 200411  
蒲の穂のほほけて倍にふくらめる 宮津昭彦 200412  
蒲の穂が逢魔が時を先に来て 井上菜摘子 京鹿子 200501  
蒲の晴一位の箸を出されける 延広禎一 200508  
蒲の花神代につづく渚かな 中道愛子 200508  
蒲の穂の傷むはほぐれ初むるなり 宮津昭彦 200509  
蒲の穂や水輪の先へこころ置く 穴澤光江 遠嶺 200510  
飾らざる河内の言葉蒲は穂に 田所洋子 雨月 200511  
姫蒲の穂と穂擦りあふ別れかな 大坪景章 万象 200511  
蒲の穂の風過ぎてなほ揺れてをり 宮津昭彦 200611  
蒲の穂のぶつきら棒にゆれてをり 菊池ふじ子 馬醉木 200612  
蒲の葉でつくる雪沓網代編み 阿部月山子 万象 200704  
自然体とは蒲の穂の乱れやう 伊藤早苗 200709  
蒲の穂に夕日とどまる隠沼 落合絹代 風土 200710  
蒲の穂やナウマンゾウの眠る湖 和田照海 京鹿子 200712  
揃ひ立つ蒲の穂見事とは思ふ 宮津昭彦 200810  
蒲の穂をたとへば巫女のやうに持ち 前川明子 200810  
薄端に蒲の穂いけてかしこまる 谷村幸子 200810  
蒲の穂やこころの軸を立てなほす 冨松寛子 200909  
蒲吹かる会ひたきひとは川向かう 石井浩美 炎環 200910  
蒲は穂に放生池に巣箱浮く 飯田ひでを 200910  
蒲の穂や泥んこ遊び泥だらけ 有賀昌子 やぶれ傘 200912  
蒲の綿色なき風のそそり立ち 福富みさ子 201003  
夕づくや蒲の穂揺るる棄て田圃 鈴木礼子 末黒野 201004  
蒲の穂を片手に語る古事記かな 鈴木阿久 201009  
蒲の穂の育ち病院跡地とよ 白神知恵子 春燈 201010  
力抜けば広き空あり蒲の如糸 田所節子 201011  
つんつんと蒲の穂日ざし傾きぬ 田所節子 201101  
蒲の穂や探検好きの一年生 鈴木照子 201109  
蒲の穂の弾けむばかり硫黄の香 鈴木千恵子 万象 201109  
蒲の花水に風筋見えて来し 林いづみ 風土 201109  
蒲の穂に雄蕊の長し地震の国 三枝正子 万象 201110  
佇めば蒲の風立つ神の池 坂口夫佐子 火星 201110  
野の川のゆるき流れや蒲の花 廣瀬雅男 やぶれ傘 201111  
蒲の穂の身を持ち崩し吹かれけり 石崎浄 風土 201202  
心地よき湖辺の風や蒲茂る 福本すみ子 201209  
蒲の穂の丈より低し遠比叡 小澤菜美 201210  
蒲の穂のゆれて水辺の祭祠址 塩見英子 雨月 201210  
蒲の穂の虚空に吊られゐるやうに 平田恵美子 ぐろっけ 201211  
蒲の花を教はることに彳ち 嶋田一歩 ホトトギス 201211  
沼けぶり蒲の穂に凝る小糠雨 岡野里子 末黒野 201211  
蒲の穂ののっぺらぼうに見とれゐる 中島知恵子 雨月 201302  
灯台へ荒磯つたひ蒲芽吹く 福島せいぎ 万象 201306  
蒲の穂のまだ大きさの整はず 大橋晄 雨月 201310  
棒立ちの蒲の穂風に固き揺れ 丸尾和子 雨月 201310  
蒲の穂やマリンビストと芋焼酎 瀬川公馨 201310 マリンビスト=マリ六奏者
蒲の穂や沼の淀みに影揺らす 安斎久英 末黒野 201311  
蒲の穂の根方の水の盛り上る 森理和 あを 201311  
蒲の穂を徳利に挿して灯さうか 山本久江 201401  
粗籠をつき出てゐたる蒲の花 加藤みき 201407  
蒲の穂やこんな所に植えられて 山荘慶子 あを 201407  
蒲刈られ水の景色を失くしたる 熊川暁子 201409  
蒲の穂に色出て水の祭り来る 綱川恵子 万象 201409  
蒲の穂や旧き名残る職人町 石川かおり 201410  
堰落つる音の高まり蒲の花 加藤静江 末黒野 201411  
蒲の穂の丈を違へて繁りけり 住田千代子 六花 201411  
蒲の穂に風ありメトロノームかな 岩月優美子 グピドの瞳 201506  
蒲の穂を揺らす筑波嶺よりの風 田中素直 201511  
蒲の鉾こんなところに鞠ひとつ 竹内悦子 201611  
蒲の穂の色深まりぬ真昼時 安部和子 雨月 201709  
球場に沼風とどく蒲の花 箕輪カオル 201710  
黄昏て蒲の花より語り来る 丸井巴水 京鹿子 201710  
蒲の穂を仰ぐ憂ひの眼かな 安斎久英 末黒野 201711  
西の畑刈られてゐたる蒲の鉾 竹内悦子 201809  
白兎みそぎし池の蒲の花 延川五十昭 六花 201809  
蒲の穂の待合室に話の盛ん 長崎桂子 あを 201809  
蒲の穂を掲げ人ごゑ探しけり 中田みなみ 201811  
蒲の穂の池面に重き影映し 安部和子 雨月 201811  
蒲が咲き女七人葦となる 苗田苗 船団 201812  
蒲の穂の白くほぐれし秋の駅 田中藤穂 あを 201812  

 

2019年7月27日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。