ででむし/まひまひつぶり

ででむしの肉しなやかに滅ぶべし   高島茂   鯨座

かたつむり   蝸牛   ででむし   でで虫

作品
作者
掲載誌
掲載年月
時の日のででむし退ること知らぬ
水原春郎
馬醉木
199808
轉入のででむし轉出のなめくぢら
中原道夫
銀化
199908
ででむしの鼓動は宇宙の時刻表
貝森光大
六花
199911
ででむしを海のひかりへ透かしけり
深澤鱶
火星
200008
殻うすしででむしの子のいのち透け
稲岡長
ホトトギス
200010
ででむしに時間ゆつくり流れをり
稲岡長
ホトトギス
200010
ででむしの角の触りし山の音
守屋井蛙
酸漿
200105
ででむしやスローテンポが自分流
鈴木照子
200109
ででむしの札所参りによき日和
成澤桂助
百鳥
200109
ででむしの雨に浮かれて葉の先へ
二村蘭秋
雨月
200109
蝸牛(ででむし)に灯りの洩れてゐる夜寒
千代田葛彦
馬醉木
200201
ゆうべ居たでんでんむしに似てはいる
池田澄子
船団
200201
ででむしの刈り残されてありにけり
堀義志郎
火星
200302
ででむしは縄文の世の魁(さきがけ)か
宮坂静生
200305
ででむしや園児の夢は運転手
中嶋弘子
帆船
200308
末黒野にででむしの殻焦げてをり
比田誠子
百鳥
200405
ででむしの殻転びをり芋嵐
岩月優美子
200412
岳麓のででむし掃きて荘開く
稲畑汀子
ホトトギス
200506
ででむしの峡に生れて器量好し
須田紅三郎
200506
首くびれゐたるまひまひつぶりかな
黒田咲子
200408
ででむしを蹴りころがせり山の徑
瀧春一
菜園
200509
ででむしの居場所を知つてゐる子かな
羽根田和子
百鳥
200510
人待つ思慕ででむしは幹をひたのぼる
瀧春一
瓦礫
200606
ででむしに学ばむ時空とふものを
大橋晄
雨月
200609
地に落ちぬででむし神を疑ひて
成瀬櫻桃子
春燈
200610
ででむしや今日の運勢如何ならん
鈴木阿久
200709
母のゐてででむしのゐて母の家
山本喜朗
雨月
200709
ででむしの殻のお酒落の縞模様
稲畑汀子
ホトトギス
200806
ででむしの冒険雨に伸びきりて
大橋敦子
雨月
200807
ででむしの角天国と交信中
戸田春月
火星
200809
ででむしの渦なす殻の如何にして
大橋敦子
雨月
200809
大き殻廻しででむし動き初む
大橋敦子
雨月
200809
知らざりきででむしにある左巻
水原春郎
馬醉木
200910
鬱の日の鬱のまひまひつぶりかな
冨山俊雄
春燈
200910
ででむしの殻の冷たき真昼どき 十川たかし 201008
ででむしや自我引きずりて高野へと 近藤公子 201009
蚊母樹の下ででむしの誕生す 佐藤凉宇子 ろんど 201009
喜雨兆す枝のででむし急ぎけり 定梶じょう あを 201010
ででむしや復路は角を振り乱し 石倉千賀子 ろんど 201101
ででむしは葉裏に月日たち易し 成瀬櫻桃子 成瀬櫻桃子俳句選集 201105
ででむしに言分のある角出せり 成瀬櫻桃子 成瀬櫻桃子俳句選集 201105
ずぶぬれて本望ででむし角をふる 貝路紅沙 京鹿子 201109
ででむしの身の内透けて見ゆるかな 岩岡中正 ホトトギス 201111
新塔婆享年五歳ででむし這ひ 鎌田篤 雨月 201210
ででむしの渦の緊張なゐ永く 定梶じょう あを 201308
葉から葉へででむし渡る途中なる 中尾安一 火星 201309
ででむしや庚申塔に忘れ鎌 吉野美智子 万象 201310
ででむしが志しけり雲の峰 定梶じょう あを 201310
ででむしや天竺までも歩まんか 本多俊子 光のうつは 201404
ででむしの角先覗く木の葉かげ 後藤眞由美 春燈 201509
ででむしや義をみてせざること多く 定梶じょう あを 201509
ででむしとなりて見惚れる写真展 稲畑廣太郎 ホトトギス 201606
ででむしのプロック塀といふ馳走 稲畑廣太郎 ホトトギス 201606
たおやかにででむし角を伸ばしけり 篠原京子 201707
ででむしや道をつけねば進めざる 近藤喜子 201808
ででむしや無一物でもなき余生 小田嶋野笛 末黒野 201810
ででむしや怪しくなりし空模様 松橋利雄 春燈 201811

 

2019年6月15日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。