朝の露      34句

朝露   朝の露

作品
作者
掲載誌
掲載年月
指輪きつくなる革命広場朝の露 上田希実 遠嶺 200012
後朝の露を放さぬ八重葎 波多洋子 銀化 200111
まだ朝の露なす駅に降りたちし 岡田順子 ホトトギス 200202
牧羊のしづかに移る朝の露 山田弘子 円虹 200210
朝の露かまきり鎌をしまい込む 佐藤恭子 あを 200212
ロープウエイ動きはじめし朝の露 稲畑汀子 ホトトギス 200309
足半の脱ぎ揃へあり朝の露 戸田春月 火星 200312
朝の露またぎの里の野菊濃し 岡村葉子 栴檀 200411
訃報来て万朶に朝の露走る 小澤克己 遠嶺 200511
人知れず旅発つ朝の露涼し 安原葉 ホトトギス 200512
固閉ざすワイン蔵窓朝の露 鈴木和香 栴檀 200601
苗キャベツ七色放つ朝の露 三浦カヨ子 酸漿 200712
太陽に食べつくされし朝の露 大久保白村 ホトトギス 200801
一枚の落葉にあふる朝の露 笹村政子 六花 200802
日のさせりみづき青葉に朝の露 北島上巳 酸漿 200809
紅葉浮く朝の露天湯雨の打つ 坂上香菜 ホトトギス 200812
薪能をはりし朝の露の松 四條進 200812
通勤へ拭ふサドルの朝の露 くらたけん 200812
写経会や朝の露もて墨を磨り 峰尾秀之 200901
穂孕みの葉先に光る朝の露 奥太雅 万象 200908
牧草の畝掘り起こし朝の露 坂根宏子 200911
離島より移植の芋に朝の露 荒井和昭 200911
麻裏の底の重たし今朝の露 山口キミコ 201111
わが軒の名もなき草に朝の露 廣瀬義一 雨月 201112
朝の露さつと落して登校児 筒井八重子 六花 201202
八十の齢数ふる朝の露 森谷達三 春燈 201211
蜘蛛の巣に小さき眞珠や朝の露 米田文彦 かさね 201301
甘藍を剥くや玉ちる朝の露 井上石動 あを 201408
醜草の飾となりし今朝の露 黒澤登美枝 201411
夫と世を隔てし朝の露の音 田代貞枝 201501
よく晴れし三瓶の朝の露涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201507
怪我癒えてハンドル握る朝の露 稲畑汀子 ホトトギス 201909
朝の露夜半に浮かみし知恵失せて 岡村彩里 雨月 201912
草の葉の葉の先ごとの朝の露 白石正躬 やぶれ傘 202101

 

2021年9月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。