青 蛙       143句

青蛙とびほのくらき下總は   高島茂   鯨座

青蛙  雨蛙  枝蛙  夏蛙

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
苔寺の雨に染まりし青蛙 遠藤勝亮 雨月 199809  
青蛙一尺とんで近江かな 水谷芳子 199907  
天皇陵守りて飛鳥の青蛙 木下仁司 199908  
本堂の広さに迷ふ青蛙 山田弘子 円虹 199909  
青蛙ひと日冷き指の先 守川都志子 199909  
一〇〇〇年の猿楽堂の青蛙 須山つとむ 船団 199909  
青蛙グリコのおまけピョコピョコと 松山律子 ヒッポ千番地 199910  
青蛙雨が降る日も声聞かず 長谷川登美 ぐろっけ 199910  
青蛙室生の里の流れ井戸 伊藤公女 ぐろっけ 199910  
青蛙さいしょの雨はおてつき 斉木ギニ 海程 200008  
塗り替へてやらうといふに青蛙 松本康司 銀化 200008  
わが膝にぴよんと乗りたる青蛙 清水明子 遠嶺 200009  
目の前の葉にかしこまる青蛙 稲畑汀子 ホトトギス 200106  
チューリップの葉の中に青蛙かな 小儀洋子 百鳥 200106  
青蛙八方に失せこちら向く 佐藤喜孝 あを 200106  
青蛙木に産卵の泡袋 門屋大樹 春耕 200108 羽黒山鏡池
青蛙児の掌あまたを渡らされ 山本恵美 ぐろっけ 200108  
わらべ唄の午報聴き入る青蛙 邑橋淑子 遠嶺 200110  
銅像の鼻先に飛ぶ青蛙 藏前幸子 船団 200110  
青蛙一日遊ぶ手水鉢 高橋英子 ぐろっけ 200112  
青蛙いつも早すぎたという顔をする 川島ひとみ 船団 200201  
外人墓地つばさ持たざる青蛙 小野寺節子 風土 200208  
泳ぎとは斯く泳ぐもの青蛙 宮原みさを 花月亭 200208  
学校のロッカーの上の青蛙 波田美智子 をりをりに 200208  
青蛙玻璃戸に透きて腹白し 小西瑞穂 ぐろっけ 200208  
合掌の一文字棚青蛙 柴田由乃 風土 200209  
おみごとや一尺跳びの青蛙 田代史子 馬醉木 200210  
青蛙丸き地球を見てをりぬ 清水晃子 遠嶺 200306  
ゴム細工のやうに跳ぶよ青蛙 あさなが捷 200306  
青蛙田の真ん中へ逃げにけり 嶋崎茂子 百鳥 200307  
青蛙泳ぎ跳び交ふ塔心礎 河井史 築港 200308  
近寄れる吾を無視せる青蛙 奥村光子 築港 200308  
青蛙三段跳びの勇者なり 高橋照子 雨月 200308  
この庭のどこが気に入り青蛙 平居澪子 六花 200309  
自動改札開かずすくむ青蛙 磯海具子 帆船 200309  
青蛙青くなるまで見届ける 早崎泰江 あを 200309  
作風は軽妙酒脱青蛙 山口和生 帆船 200310  
青蛙揺るる木の葉に畏まり 大島黎子 築港 200310  
青蛙生まれは東大三四郎池 中野英歩 八千草 200401  
葉の色になり切つてゐて青蛙 稲畑汀子 ホトトギス 200406  
ひとりづつ雨背負ひけり青蛙 宇都宮滴水 京鹿子 200407  
池舟のひねもす繋がる青蛙 白鳥義岳 帆船 200407  
十一面観音に侍す青蛙 水原春郎 馬醉木 200408  
おたがひに見れば奇妙よ青蛙 平子公一 馬醉木 200408  
さてもこの仏足石の青蛙 大島翠木 200408  
青柿と青蛙相譲らざる 大串章 百鳥 200409  
踏みこみて四方にとびちる青蛙 加地芳女 雨月 200409  
手をあげて笑ふ羅漢に青蛙 望月栄美 200409  
物干の竿の先なる青蛙 芳賀桃主 ぐろっけ 200409  
青蛙小学校を逃げ出しぬ 田中敬子 百鳥 200410  
スーパーのレタスの中に青蛙 内藤ゑつ ゑつ 200411  
葉表は玉座となりて青蛙 稲畑廣太郎 ホトトギス 200506  
ことづてをぬかるでないぞ青蛙 山尾玉藻 火星 200507 呑舟さんへ
碑の文字に嵌るや青蛙 中里とも子 百鳥 200508  
下校児のひともんちゃくや青蛙 淵脇護 河鹿 200509  
誰呼ぶとなく待つとなく青蛙 山嵜加代子 河鹿 200509  
青蛙豆腐屋の子に生まれけり 片岡静子 200509  
青蛙どこから見ても讃岐かな 渡辺ひろし 200608  
大空に何問ひをるや青蛙 内田稔 遠嶺 200609  
入口の手摺のいろの青蛙 竹内悦子 200708  
身の鬼は葉裏へ廻る青蛙 大島翠木 200709  
青蛙喜々と喚び交ふ雨催ひ 川崎光一郎 京鹿子 200709  
青蛙畳に子らと遊びをり 柴田久子 風土 200709  
青蛙目玉光らす草の蔭 筒井八重子 六花 200709  
保育所の見張番かな青蛙 小野寺節子 風土 200710  
河童忌や考へてゐる青蛙 廣畑忠明 火星 200710  
青蛙雲をしぼるや一二滴 小堀寛 京鹿子 200808  
葉がくれに息をひそめて青蛙 綿谷美那 雨月 200808  
隠沼や声ひそやかに青蛙 高橋宏行 遠嶺 200809  
園丁の肩にとまれり青蛙 広瀬俊雄 万象 200809  
藤棚の幹の洞より青蛙 山形悦子 万象 200810  
青蛙草に現れ草に消ゆ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200906  
青蛙四肢のびきつて枝移る 亀田やす子 万象 200908  
青蛙の太き声する交差点 宮崎みゆき 万象 200909  
青蛙這ふ菜園の忘れ杭 金子隆吉 200909  
青蛙幾たび跳べば山に着く 原口頌子 ろんど 200909  
睡蓮の葉に身じろがぬ青蛙 中里カヨ 酸漿 200910  
青蛙道に跳び出て捕へらる 神蔵器 風土 200911  
よく見ればよき面構へ青蛙 足利徹 はらから 200911  
青蛙川の速さを過ぎゆけり 五十嵐紀子 200911  
清澄寺森青蛙なきかはす 大内恵 酸漿 201001  
雨を呼ぶ鳴きゐて見えぬ青蛙 塩路五郎 201007  
此岸より彼岸へ消えし青蛙 石田厚子 馬醉木 201008  
青蛙五郎太の上を飛び越えて 安永圭子 風土 201008  
左利きの左が掴み青蛙 杉浦典子 火星 201008  
青蛙雨の葉裏に隠れをり 田所昌代 201009  
青蛙膝を正してをりにけり 岡野ひろ子 201009  
青蛙鳴けば不思議や雨どつと 荻龍雲 201009  
前うしろある庭石や青蛙 柴田久子 風土 201009  
癌の身のこころすこやか青蛙 遠藤若狭男 201010  
龍之介のも爪ほどなりや青蛙 高橋大三 ぐろっけ 201010  
掌にのれば仏頂面の青蛙 樋口みのぶ 201011  
青蛙につられてジャンプ夫の背 石川かおり 201107  
青蛙葉陰から空仰ぎけり 加納淳子 六花 201107  
青蛙跳び出す野菜道の駅 塩路五郎 201108  
青蛙さみしき時は跳びにけり 林いづみ 風土 201108  
長靴の三和土に二足青蛙 柿沼盟子 風土 201108  
進路選び行きつ戻りつ青蛙 福島松子 ぐろっけ 201109  
跳ぶ度に三つ指の礼青蛙 中本吉信 201110  
畦草の色へ逃るる青蛙 山本雅子 馬醉木 201110  
青蛙窓に張りつく呼吸かな 竹内悦子 201110  
雨上りはじめましての青蛙 小菅礼子 春燈 201110  
夫の忌や墓を離れぬ青蛙 辻知代子 201207  
水鏡合唱輪唱青蛙 長崎桂子 あを 201207  
一村を制覇するかに青蛙 宮崎左智子 201208  
青蛙青きものより離れざり 椿和枝 201208  
青蛙玻璃にうたた寝してゐたる 椿和枝 201208  
いっせいに田より跳び出す青蛙 早崎泰江 あを 201208  
青蛙跳んでや畦の芭蕉の碑 北崎展江 くりから 201209  
里山の彩となりけり青蛙 半田稜 ろんど 201209  
畦道の一歩一歩に青蛙 島野ひさ 万象 201210  
刈られたる秋草の上に青蛙 島谷征良 風土 201301  
背濡らし風邪を引くなよ青蛙 浜口高子 火星 201306  
ぬかるみよりぬかるみへ跳ぶ青蛙 坂口夫佐子 火星 201306  
青蛙一所懸命息したる 佐藤弘香 ろんど 201310  
お手あげのふうにあおのけ青蛙 村田とくみ ぐろっけ 201401  
青蛙己の色に酔うてをり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201406  
君なのか餓鬼に詠まれし青蛙 稲畑廣太郎 ホトトギス 201406  
青蛙雨恋ふ時は涙目に 稲畑廣太郎 ホトトギス 201406  
青蛙汝も朝市見たいのか 佐藤山人 201408  
青蛙ポケットに入れ登校す 阿部綾子 ろんど 201409  
余り苗を褥代りに青蛙 西川みほ 末黒野 201409  
青蛙無農薬畑を住処とす 荻龍雲 201409  
疑心なき眼をまつ直ぐに青蛙 山内碧 201410  
草にもどす三日飼ひたる青蛙 加藤季代 万象 201411  
大雨のジャズなりわたり青蛙 岡崎禎子 201412  
手囲ひに児の見せくるる青蛙 平野みち代 201508  
青蛙水かけられて深む青 山内なつみ 万象 201508  
保護色は蛍光色よ青蛙 江島照美 201509  
青蛙おのれを消してゐるつもり 原田達夫 箱火鉢 201511  
主水屋敷根付のほどの青蛙 齋藤晴夫 春燈 201510  
青蛙掌にのりしばし畏まる 加藤季代 万象 201602  
葉の色になりきつてゐる青蛙 稲畑汀子 ホトトギス 201606  
田の主の大岩に座す青蛙 吉村摂護 201606  
ブルーベリー園主めく青蛙 稲畑廣太郎 ホトトギス 201607  
ずぶ濡れの子の掌に青蛙 山本雅子 馬醉木 201607  
隠沼の水ひとり占む青蛙 葦原葭切 春燈 201607  
軽々と飛んで闇へと青蛙 高倉和子 201607  
七十路や何に向き合ふ青蛙 前田美恵子 201609  
田の道や声のなはばり青蛙 七郎衛門吉保 あを 201708  
青蛙跳んで葉陰に踏ん張りぬ 久保田富士子 万象 201709  
青蛙わたしも自然大好きよ 中貞子 201809  
青蛙喜ぶやうに跳びにけり 高倉和子 201809  

 

2019年6月6日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。