アメリカ    99句

アメリカ  ロシア

作品
作者
掲載誌
掲載年月
茶髪ギャル冬瓜しらずアメリカン 三宅やよい 船団 199906
アパートは新装アメリカ花水木 林翔 199907
アメリカンブルー踊り場を占め愛鳥日 伊丹さち子 馬醉木 199908
夫アメリカに蜂の巣の太りゆく 大森慶子 199908
泰山木つづきアメリカ領事館 野澤あき 火星 199909
路地に朝顔アメリカにエノラ・ゲイ 池田澄子 船団 199912
米国の家族も増えし御慶かな 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912
アメリカンチェリーの色に慣れし吾子 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912
木の国はアメリカ村の雁渡し 戸田春月 火星 200001
アメリカ坂登るに芒なびきけり 松崎鉄之介 200001
初電話遊びに来いとアメリカより 杉谷文江 200003
アメリカン・トランペットといふ花さ 田中麻千子 六花 200003
玉葱が済み若衆はアメリカへ 朝妻力 俳句通信 200008
宵月やアメリカで見る月も月 中川二毫子 夏木立 200008
アメリカンブルーの鉢を厨に涼新た 武井清子 200011
アメリカの亀は鳴かざりえひめ丸 佐藤喜孝 あを 200103
アメリカハナミズキ川風の街の花 宮津昭彦 200106
香水の際だちアフロアメリカン 渡部伸一郎 百鳥 200110
米国産きっと見てきたこの柘榴 桑原敏枝 いろり 200112
米国製つなぎは長し衣更 堀義志郎 火星 200209
むつちりとしてアメリカのさくらんぼ 岡崎和子 200210
仙人掌やアメリカ横断したる日も 宮地玲子 円虹 200210
アメリカンカエデの小径星冴ゆる 小澤克己 遠嶺 200302
海苔を干すアメリカ領事住みし庭 稲畑廣太郎 ホトトギス 200302
アメリカの大きな聲に獨活さらす 佐藤喜孝 あを 200304
風薫るアメリカみやげ配らるる 稲畑汀子 ホトトギス 200305
百合ひらくアメリカ公使館跡地 山崎桂 帆船 200309
柿実る葉はアメリカの虫が食ひ 上田功昭 雲の峰 200311
アメリカに熱燗つける竜馬の忌 原田伸夫 雲の峰 200401
神留守の守り札持ちアメリカへ 原田伸夫 雲の峰 200401
冬初めアメリカ兵の幼な顔 高木武人 百鳥 200402
独逸から米国からも春の風 佐藤恭子 あを 200406
町角にアメリカ芙蓉咲かせあり 河中透水 雨月 200409
どこにでもアメリカ国旗桐一葉 赤座典子 あを 200410
アメリカの船載せて来し冬の濤 稲畑廣太郎 ホトトギス 200501
朝食やアメリカ人は林檎好き 今井千鶴子 ホトトギス 200501
感謝祭アメリカ遠き日なりけり 前田陽子 200503
教へ子のアメリカ便りお元日 沼口蓬風 河鹿 200504
アメリカへ送る荷一つ春隣 前田陽子 200505
アメリカの切手大きくクリスマス 長井順子 200505
昔アメリカ領事館鯉のぼり 神蔵器 風土 200506
木の枝払ふコーヒー常にアメリカン 富沢敏子 200508
秋日傘アメリカ夫人笑顔よき 丸山佳子 京鹿子 200512
アメリカへ帰る娘と春の暮 稲畑汀子 ホトトギス 200604
声弾むアメリカよりの初電話 荒井慈 春燈 200604
大道芸アメリカ村の桜浴ぶ 泉田秋硯 200607
扇ふはふはアメリカ人も祇園人 丸山佳子 京鹿子 200610
初雀アメリカ村を跳ねゆける 田中芳夫 200704
風薫るホテルの朝のアメリカン 山本喜朗 雨月 200709
アメリカヘ孫攫はるる鰯雲 升田ヤス子 200712
陽炎やアメリカ青春小説集 坪内稔典 稔典句集U 200804
あの木ですアメリカ牡丹雪協会 坪内稔典 稔典句集U 200804
凧を持つ子に見送られ米国ヘ 伊吹之博 京鹿子 200804
松屋通りアメリカ花水木の盛り 宮津昭彦 200806
末娘米国へ嫁し秋の薔薇 市村義夫 風土 200812
秋蔭やアメリカ発の不況なる 鷲見多依子 200812
秋澄みて恙無しやと米国へ 市村義夫 風土 200812
入社試験へ吾が子アメリカの古外套 瀧春一 深林 200901
冬うらら海はアメリカまで続く 葦原葭切 春燈 200902
冬の日の男とアメリカバイソンと 坪内稔典 船団 200903
アメリカも日本も変革高き天 須賀敏子 あを 200909
朝おきて朝ありアメリカンチェリー 中原幸子 船団 200912
その日よりアメリカは友花水木 稲畑廣太郎 ホトトギス 201005
昨日へと飛べばアメリカ浅き夏 須賀敏子 あを 201008
発音はアメリカ仕込み香水も 森下賢一 春燈 201010
友の夏子に招かれて米国へ 伊吹之博 京鹿子 201010
水平線の先はアメリカ葭簀茶屋 小島昭夫 春燈 201110
秋天を出張ちよつとアメリカヘ 今井千鶴子 ホトトギス 201202
春の星期待ふくらむアメリカの空 水谷直子 京鹿子 201206
金網よりひよいとアメリカセンダングサ 島谷征良 風土 201303
寒明やより早口にアメリカ訛り 水谷直子 京鹿子 201306
大輪のアメリカ芙蓉咲き咲けり 原田たづゑ 春燈 201310
アメリカの少年と食ふ赤き蟹 福島せいぎ 万象 201310
冷奴ソースは好みアメリカン 水谷直子 京鹿子 201311
アメリカ合歓小鳥くる日のトポスなり 瀬川公馨 201401
紅葉のアメリカ楓煉瓦館 伊藤マサ子 ぐろっけ 201403
大寒に飲む珈琲のアメリカン 椿和枝 201404
花みづきアメリカ時間で通話する 伊吹之博 京鹿子 201409
黄水仙フィラデルフィアの米国史 奥名房子 201410
初秋やほろほろ苦きアメリカン 森下康子 201411
野菊咲くアメリカ村を残す町 伊藤和子 201501
アメリカの曾孫の出生聞く小春 細川コマヱ 雨月 201502
雪もなくアメリカの空灰色に 水谷直子 京鹿子 201504
のうぜんの花咲く米国領事館 吉永すみれ 風土 201511
秋風に馴染みて午後のアメリカン 黒澤登美枝 201512
アメリカの東海岸雪予報 水谷直子 京鹿子 201606
米国の長が鶴折る広島忌 和田絢子 春燈 201611
米国の名月一日遅れけり 伊吹之博 京鹿子 201701
アメリカ橋恵比寿にありぬ冬日和 小沼ゑみ子 末黒野 201703
先見えぬ米国の道雪催ひ 神田惣介 京鹿子 201703
日本の梅雨想ひ浮ぶやアメリカも雨 水谷直子 京鹿子 201712
アメリカの冬の天気や雪もやう 水谷直子 京鹿子 201806
米国へ旅立つ友に秋涼し 稲畑汀子 ホトトギス 201808
アメリカの孫も集まる夏座敷 苗田苗 船団 201812
アメリカに帰る娘に述ぶ年賀かな 稲畑汀子 ホトトギス 201912
アメリカ楓の白骨にあり寒の丘 田尻勝子 六花 202004
アメリカに嫁ぎし妹や花水木 稲畑廣太郎 ホトトギス 202005
数へ日のマグカップにはアメリカン 丑久保勲 やぶれ傘 202103
アメリカも日本も小春MVP 七郎衛門吉保 あを 202201

 

2022年6月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。