秋日和 2    100句


作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
練るほどに水飴白し秋日和 川瀬さとゑ 春耕 200412  
瀬谷で逢ひし君の笑顔や秋日和 松崎鉄之介 200412

悼 

和地喜八氏

湿原に丹頂鶴や秋日和 大川智美 風土 200412  
湖を馳走されゐる秋日和 豊田都峰 京鹿子 200412  
秋日和モネの庭園逍遥し 青垣和子 雨月 200501  
秋日和ダチョウの偽卵転がれり 栗栖恵通子 200501  
秋日和熔岩に干されし女もの 淵脇護 河鹿 200501  
海上で愛を誓ひし秋日和 小山百合子 遠嶺 200501  
秋日和しだれ桜の影を置く 鈴木實 百鳥 200501  
よろけ縞の着物を吊す秋日和 谷村幸子 200501  
秋日和院内学級絵画展 中里とも子 百鳥 200501  
物売りの声畳なはる秋日和 星井千恵子 遠嶺 200501  
秋日和遥かを小さく彼の来る 蔦三郎 ホトトギス 200502  
組体操指の先まで秋日和 藤野佳津子 ホトトギス 200502  
靴脱ぎて昼餉の芝生秋日和 上迫岬夏 ホトトギス 200502  
秋日和絵馬の駿馬が嘶けり 藤田京子 ぐろっけ 200502  
秋日和雛深き手に烏賊を干す 清原彰子 河鹿 200502  
過去追うて佇む海辺秋日和 吉田小幸 ホトトギス 200502  
昼の部の跳ねて銀座の秋日和 木下和代 ホトトギス 200502  
弟が巡礼に発つ秋日和 佐藤稲詩 200504  
中腰に歌碑の裏読む秋日和 石川賢吾 200505  
蔵の窓から蔵を眺める秋日和 福山至遊 200505  
行楽の杖の仲間や秋日和 村越化石 200511  
雨乞ひの八坂祭も秋日和 牧原佳代子 酸漿 200511  
郷土史家古き墓撫づ秋日和 谷榮子 雨月 200512  
教え子に囲まれ嬉し秋日和 荻野寿子 四葩 200512  
秋日和母と分けあふ昼御膳 赤座典子 あを 200512  
秋日和映画の決定権をもつ 倉持梨恵 200512  
暗がりに猿の腰掛秋日和 森山のりこ あを 200512  
去りゆきし日々の尊し秋日和 山口天木 雨月 200601  
揚げ船の貝剥ぐ女秋日和 三枝邦光 ぐろっけ 200601  
明日ありと信ずる一日秋日和 山口天木 雨月 200601  
秋日和双子を見せに来てくれし 江口雅子 百鳥 200601  
試歩の距離日増しに伸びる秋日和 内山芳子 ぐろっけ 200601  
秋日和リズム正しき槌の音 早水秀久 河鹿 200602  
二度童子の会話ちぐはぐ秋日和 山田智子 200602  
コーヒーの濾紙折る妻や秋日和 丸山勝利 遠嶺 200602  
木蔭より木蔭を辿り秋日和 瀧春一 常念 200606 小石川後樂園
秋日和菜圃を守りて家ならぶ 瀧春一 常念 200606  
嫁ぐ娘のうつり香残す秋日和 金丸まさ子 四葩 200609  
炊きたてのひとりの飯や秋日和 芝尚子 あを 200611  
夢多き児等の壁画よ秋日和 森山のりこ あを 200611  
病ひ経て生きてこそ沁む秋日和 西川五郎 馬醉木 200612  
撫で牛に何を願ふや秋日和 森山のりこ あを 200612  
想ふことが母の真実秋日和 斉藤裕子 あを 200612  
ゆくりなくぶらんこに乗る秋日和 井上幸子 酸漿 200612  
卵産み駝鳥は留守や秋日和 山内なつみ 万象 200701  
蓑笠に手話の弾める秋日和 北川キヨ子 200701 落柿舎
紀の国へ弾む旅路や秋日和 井口淳子 200701  
窓ごとに蒲団干しあり秋日和 延川笙子 六花 200702  
日時計の影ひき伸ばす秋日和 渡邊由江 200702  
秋日和児も携帯の電話持ち 高橋大三 ぐろっけ 200702  
白銀にうねり千曲川の秋日和 大泉美干代 雨月 200702  
おおらかな象さんの糞秋日和 野村智恵子 八千草 200704  
西国に空海のゐる秋日和 大畑善昭 200712  
竜の目の慈光となりぬ秋日和 曽根治子 風土 200712  
裏表なき挨拶や秋日和 長崎桂子 あをかき 200712  
子がひとり石蹴つてゐる秋日和 藤井昌治 200712  
玫瑰の葉のみどり濃し秋日和 永田二三子 酸漿 200712  
千両ケ辻に 地方者 よそもん 迎ふ秋日和 山田をがたま 京鹿子 200801  
秋日和烏も笑ふ満艦飾 安永圭子 風土 200801  
無口にて安らいでゐる秋日和 あさなが捷 200801  
図書館へ徒歩にて二キロ秋日和 井上紀子 200801  
カレー南蛮すみやかにくる秋日和 服部早苗 200801  
鯉の口しきりに湧ける秋日和 笹村政子 六花 200801  
大ぶりの芭蕉を連ね秋日和 渡辺立男 馬醉木 200802  
人力車で巡る胡同秋日和 田中敬 200802  
六本木ヒルズでランチ秋日和 次井義泰 200802  
噂など生まれベンチの秋日和 小城綾子 200802  
神域はみどりに満ちて秋日和 永田二三子 酸漿 200803  
愛犬をたしなめて撮る秋日和 浅井青陽子 ホトトギス 200803  
中年の声はきはきと秋日和 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
ぐちゃと父ぺちゃっと母の秋日和 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
秋日和かがとの皮を削りつつ 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
夢殿を出て八方の秋日和 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
すすきからたわしへ戻る秋日和 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
秋日和わが尾の伸びているような 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
秋日和めし粒二、三も余さずに 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
二代目の薪割る音や秋日和 塩路隆子 200811  
戒壇の香煙微か秋日和 笠井清佑 200811  
村の名と川の名同じ秋日和 村越化石 200811  
秋日和小皿の上のシャチハタ印 今城あき子 炎環 200812  
虚子庵を訪へり小諸の秋日和 木暮剛平 万象 200812  
神前に映える白無垢秋日和 石川かおり 200812  
緒嶽山總持寺くまなく秋日和 木村茂登子 あを 200812  
秋日和嬰の足裏のやはらかき 藤見佳楠子 200812  
秋日和重たき柿の揺れ止まず 赤座典子 あを 200812  
秋日和猿回しゐる天満宮 長濱順子 200812  
憂きことを埋めし砂丘秋日和 山口キミコ 200812  
弥次喜多になりきる二人秋日和 佐々木暢 炎環 200812  
すずかけの枝打ち進み秋日和 芝宮須磨子 あを 200812  
万歩計ポケットに入れ秋日和 芝宮須磨子 あを 200812  
河馬の口ももいろに開き秋日和 外川玲子 風土 200812  
窓越に雉鳩見をり秋日和 小野木雁 酸漿 200812  
吾子はやもトップランナー秋日和 伊藤憲子 200901  
トレビノの輝く状や秋日和 長瀬恒子 遠嶺 200901  
蒼空の澄みわたりたる秋日和 大井彌雨 雨月 200901  
木戸の鈴鳴らし猫飛ぶ秋日和 森山のりこ あを 200901  
秋日和喜怒哀楽の百羅漢 笠井清佑 200901  
殊勲打の野球小僧や秋日和 廣見知子 200901 秋日和 →3

 

2019年9月16日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。