秋日和 1    100句


作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
退屈な猫が一匹秋日和 山田弘子 春節 199503  
孔明の墓参に賜ふ秋日和 松崎鉄之介 199811  
釣竿が過ぎ櫂が過ぎ秋日和 鷹羽狩行 199811  
退屈な猫が一匹秋日和 山田弘子 円虹 199812  
わが塵の眼鏡ぬぐうて秋日和 鷹羽狩行 199812  
オムレツのよこが沈黙秋日和 南村健治 船団 199902  
晴れがましい席は好きです秋日和 林朋子 船団 199902  
骸骨のぶらんぶらんの秋日和 中林明美 船団 199903  
秋日和デリートキーにあいつの名 朝日彩湖 船団 199903  
道伴れの二人の幸の秋日和 村越化石 199911 祝婚
家中の時計は八個秋日和 小枝恵美子 ポケット 199911  
棟上の木の香漂ふ秋日和 北川とも子 ぐろっけ 199912  
中年の尻は無防備秋日和 津田このみ 月ひとしずく 199912  
秋日和手話にて大事告げに来し 豊岡清子 遠嶺 199912  
千年の手ずれの柱秋日和箱木千年家 高野清風 俳句通信 199912  
年寄りで島の膨るる秋日和 矢島久栄 200001  
全身を拭いて貰つて秋日和 細谷和芳 ホトトギス 200001  
アトリエでラーメーンを煮る秋日和 赤木真理 ぐろっけ 200001  
吊鐘の中が暗くて秋日和 柏木去孔 200002  
十字路に微塵ののぼる秋日和 仲村青彦 200002  
藍染の高き干場や秋日和 金子きくえ 春耕 200002  
バス停は簡便である秋日和 星野早苗 空のさえずる 200002  
落書きの恐竜がはいます秋日和 三宅やよい 玩具帳 200004  
雨すこしありたる後の秋日和 能村登四郎 200010  
出掛けねば損するやうな秋日和 熊谷みどり いろり 200011  
おのが句碑おのが拝む秋日和 村越化石 200012  
漓江下りに十艘つらぬ秋日和 松崎鉄之介 200012  
風誘ふ産着の眩し秋日和 山戸深雪 遠嶺 200101  
秋日和自ずと物の陰に寄る 二瓶洋子 六花 200101  
おばしまの朱の鮮やかに秋日和 有山光子 遠嶺 200101  
堂縁を束子で洗ふ秋日和 二神節子 200101  
秋日和おにぎり丸く作られて 大平保子 いろり 200102  
岬レストラン秋日和ドレッシングかける 金子皆子 海程 200102  
秋日和土の匂いの耳の穴 恵美子 船団 200105  
ざわめきは樹の胎内に秋日和 わたなべじゅんこ 船団 200105  
秋日和この世のように影を踏む 南村健治 船団 200105  
釣竿が過ぎ櫂が過ぎ秋日和 鷹羽狩行 十三星 200105  
秋日和バス待つ人に鳩ならぶ 赤座典子 あを 200110  
鳶職の茶髪かがやく秋日和 林翔 200110  
雨すこしありたる後の秋日和 能村登四郎 羽化 200110  
褒めことば素直に受くる秋日和 久保田雪枝 雨月 200111  
秋日和消えるまで待つ飛行雲 早崎泰江 あを 200111  
水ぎはを鴉歩きに秋日和 中本憲巳 200111  
病院へ行くといふ日の秋日和 大平保子 いろり 200111  
秋日和堂塔跡の苔あをし 武田孝子 春耕 200112  
筑波山引き寄せて見る秋日和 笠原フミ 酸漿 200201  
大臣賞牛誇らかに秋日和 中村和江 ぐろっけ 200201  
麻酔醒むけだるさ窓は秋日和 北村香朗 京鹿子 200201  
教材の綿の花吹く秋日和 塩谷はつ枝 馬醉木 200201  
秋日和公民館のバザー混む 三原清暁 春耕 200201  
点滴や珠玉のごとき秋日和 北村香朗 京鹿子 200201  
秋日和幼に似たるこけし買ふ 石井邦子 酸漿 200201  
手づくりの婆の商い秋日和 大西和子 ぐろっけ 200201  
白き画布池塘に並ぶ秋日和 高梨美佐子 遠嶺 200201  
秋日和喚鐘ひびく老師の間 塩谷はつ枝 馬醉木 200201  
秋日和天領日田の杉匂ふ 阿波野和子 春耕 200201  
シャッターの跳ねて上りし秋日和 伊藤トキノ 200201  
風鐸の音待ちぼうけ秋日和 岩松八重 六花 200202  
秋日和手すり頼りに駅階段 木戸波留子 いろり 200202  
余所行の母助手席に秋日和 志水やおい 火星 200202  
秋日和森を守りし石祠 府川房江 遠嶺 200202  
四五人の遍路の会釈秋日和 木戸波留子 いろり 200203  
腕組んで歩くも旅よ秋日和 山本潤子 いろり 200203  
秋日和霊水持込む遍路バス 木戸波留子 いろり 200203  
寄す波も退きゆく波も秋日和 川口利夫 ホトトギス 200203  
浜風に干物を並べ秋日和 川口利夫 ホトトギス 200203  
丸畑や猿も気ままに秋日和 阿部ひろし 酸漿 200210  
亀の眼のとろんとしたり秋日和 後藤志づ あを 200211  
親子馬影も親子や秋日和 古川さかえ 酸漿 200212  
水切りの三段飛びや秋日和 古川さかえ 酸漿 200212  
トラツクで婚の荷の発つ秋日和 森良子 築港 200212  
秋日和仏事を日延べして貰ひ 大畑善昭 200212  
鳥鳴くも鳥の名知らず秋日和 岡田千代子 200301  
秋日和血圧計を買ひにゆく 木下野生 200301  
天蓋のゆれて布袋の秋日和 谷村幸子 200301  
昼からは集会のあり秋日和 木下野生 200301  
船宿で囲む入海秋日和 伊藤マサ子 ぐろっけ 200302  
カーテンを開けて定年秋日和 江坂衣代 百鳥 200302  
秋日和道問ふ人を択びをり 佐藤喜孝 青寫眞 200304  
戌の日の立ち居ふるまひ秋日和 佐藤喜孝 青寫眞 200304  
談笑のしはがれ声や秋日和 宮森毅 六花 200304  
車椅子の買物ツアー秋日和 増田智子 帆船 200311  
とどまれば石仏の私語秋日和 金子つとむ 雲の峰 200311  
菓子つまむ手のくり返し秋日和 林裕美子 六花 200312  
万歩計計数増ゆる秋日和 岩林勇雄 築港 200312  
空舟の流れて来る秋日和 野中亮介 馬醉木 200312  
銀色に友の白髪秋日和 芝宮須磨子 あを 200312  
秋日和干支の土鈴を鳴らし買ふ 金子つとむ 雲の峰 200312  
蟻群るる捨て艫や浜の秋日和 塙三千男 馬醉木 200312  
秋日和墓前に煙草吹かし置く 大木よしえ 築港 200312  
飼犬に芸の特訓秋日和 隅田享子 200401  
せんべいを噛み割る音や秋日和 岩上とし子 200401  
魚臭き鵜小屋見回る秋日和 大柳篤子 雲の峰 200401  
病む人と粥の相伴秋日和 二瓶洋子 六花 200401  
玉堂の画室の畳秋日和 服部理沙 草の花 200401  
雨あとの瀬音となりぬ秋日和 藤岡紫水 京鹿子 200401  
吟醸酒賜ふ柳生は秋日和 小林成子 200402  
研ぎ澄ます心と躰秋日和 須賀敏子 あを 200410  
ひとはみな海に向きたる秋日和 内藤ゑつ ゑつ 200411  
五六羽の鶏小舎の秋日和 廣畑忠明 火星 200412 秋日和 →2

 

2020年9月15日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。