1   85句

としよりが縁側にゐて柚子の家   森田公司

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
伊勢海老の跳ねて糶了ふ柚子日和 澤田緑生 馬醉木 199901  
白雲や柚子山が黄に染まる頃 山田弘子 円虹 199901  
鬼柚子のかく煮崩れて角もなし 中原道夫 銀化 199901  
柚子の香を洩らし僧房灯りけり 長谷川翠 馬醉木 199902  
柚子たるる親父の小言といふ湯呑 松崎鉄之介 199902  
長病める母を思へば月の柚子 松井淑子 199902  
柚子をもぐ童とどかずしかめ面 高木伸宜 船団 199903  
水洗ひして居り君の好きな柚子 松山律子 船団 199903  
いま捥ぎし香の濃き柚子を分けにけり 石井大泉 春耕 199904  
柚子の木の全量揺すり男騎る 丸山海道 海道全句集 199910  
幹すでに暮れ柚子の実は日を返す 鷹羽狩行 199911  
ややこしき話となりし柚子しぼる 城孝子 火星 199912  
居酒屋の卓をころがりきたる柚子 杉浦典子 火星 199912  
柚子の香の立ちてより椀啜りけり 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
柚子の香を指に移して夕仕度 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
柚子の黄の村までのバスニ、三人 成定紋子 船団 199912  
柚子坊の動くたび縞動くなり 平橋昌子 200001  
木洩れ日の探り当てたる隠れ柚子 長谷川千枝子 200001  
柚子の木に泪をあづけご破算に 宇都宮滴水 京鹿子 200001  
柚子たわわ木にありて木を忘じをり 藤岡紫水 京鹿子 200001  
東京は船のようなり柚子もらう 吉川真実 海程 200002  
界隈の柚子の黄の日々濃くなれり 松崎鉄之介 200002  
到来の柚子に土鍋の出番きし 八染藍子 200002  
今生の闇の中にて柚子香り 村越化石 200003  
年の暮どさりと柚子を貰ひけり 小山梧雨 200003  
赤海鼠柚子一片の黄なりけり 早乙女健 200006  
柚子の香も華やぐ卓のものとして 稲畑廣太郎 ホトトギス 200011  
開校百年あるほどの柚子木に輝き 藤田宏 200011  
ここに幸ありと陽を得し小粒柚子 林翔 馬醉木 200101  
父方のくまのの柚子の傷ものの 田畑幸子 火星 200101  
柚子日和声あげ運ぶ梯子かな 皆川盤水 春耕 200101  
大数珠を廻す講人柚子の里 御子柴光子 春耕 200101  
不揃ひの柚子笊盛りに夕市場 御子柴光子 春耕 200101  
脚立より梯子に替へて柚子一果 能村研三 200101  
柚子は黄に童話の国の入口に 安居正浩 200101  
柚子熟るる真下を仰ぎ通りけり 岡田順子 円虹 200102  
柚子一つ置かるる居間に老二人 村越化石 200102  
菊の香にいま柚子の香に喜寿を越ゆ 村越化石 200102  
絞り柚子すこし戸惑ひある日なり 北川孝子 京鹿子 200102  
夕闇に浮かぶ柚子なり点かぬなり 田口傳右ヱ門 銀化 200102  
魚河岸や鍋釜もあり柚子もあり 芝尚子 あを 200102  
蔵住ひのそれも風流柚子たわわ 竹部千代 200103  
柚子の黄や旧家並びて同じ姓 安井よしこ 船団 200103  
柚子もぐや跳ね返りたる枝の空 高尾豊子 火星 200103  
汲出の柚の香のぞく小さき子 松村美智子 あを 200103  
吸い口の柚箸で持ちながめる子 松村美智子 あを 200103  
柚たわわ焼跡ゆえの眩しさよ 藤田宏 200104  
羽織のみ着替へし母が柚子の釜 岡井省二 200105  
柚子しぼりけり国生みの淡路島 武井康隆 船団 200106  
長生きや柚子とふぐりが喧嘩して 吉田さかえ 海程 200107  
記憶喪失あの一劃に柚つやつや 若森京子 船団 200107  
匂ひ艶よき柚子姫と混浴す 能村登四郎 200108  
しぼり出されるを待ちをり柚子の種 木戸渥子 京鹿子 200110  
大寺の僧が柚子もぐ長梯子 児島千枝 春耕 200110  
柚子匂ふ古代黒なる大桶焼 赤座典子 あを 200110  
卓上に誰がくれしか葉付柚子 能村登四郎 羽化 200110  
会釈して頭上に柚子のたわわなる 竹川美佐子 いろり 200111  
柚子坊となじみし頃をゐなくなり 萩谷幸子 雨月 200112  
穫りたての柚子携えて回り道 小橋安子 いろり 200112  
俯きて野辺送りゆく柚子しぐれ 竹市悠紗 京鹿子 200112  
柚子を捥ぐ老の背丈を使ひきり 熊倉だい 200201  
高原につづく街道柚子黄なり 富田志げ子 酸漿 200201  
柚子の香の仄とふくらむ雨の夜は 山田天 雨月 200201  
山門を出て柚味噌をもたせられ 大森美恵 風土 200201  
郷の柚刃をいれざりし幾日かも 渡邉友七 あを 200201  
瘤大き初成り柚子をうやまへり 黒坂紫陽子 馬醉木 200202  
醜柚子や良妻賢母中だるみ 木戸渥子 京鹿子 200202  
朝市に不揃ひの柚子並びをり 遠藤裕子 円虹 200202  
捥ぎ残す柚子や風鳴る冬至前 長田秋男 酸漿 200202  
一と枝の柚子の重さの侮れず 大橋敦子 雨月 200202  
鉄塔の尖の白雲柚子熟れて 今井妙子 雨月 200202  
母想ふ日なり柚子の実二つ三つ 侭田伊都希 いろり 200202  
柚は黄に日向長者の眉長けて 中原道夫 銀化 200202  
柚鋏青天井を引つ掛けぬ 中原道夫 銀化 200202  
柚子の香や昨日と同じ猫の来て 菊池育子 遠嶺 200202  
柚子空に内親王の御誕生 高尾豊子 火星 200203  
柚子載せて一村の香を出荷せり 神宮きよい 馬醉木 200203  
柚子一つ浮かべ詩心とあそびをり 小澤克己 遠嶺 200203  
日の柚子を眩しみ行けばトトロの森 清水明子 遠嶺 200203  
柚子もぎてふゆぞら低くしてしまふ 大城まつ子 200203  
耕して柚子の黄高く残しけり 柳沢杏 酸漿 200204  
やはらかき日ざしや柚子を光らせて 網野茂子 酸漿 200204  
街道を大きく逸れて柚子の里 大村真佐子 遠嶺 200205  
添ひとげることになるらし柚子一顆 直江裕子 京鹿子 200205  
種共に五指よりこぼれ柚子しぼる 山口和子 ぐろっけ 200205 柚 →2

2020年10月28日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。