夕月夜          108句

わが骨の髄はくれなゐ夕月夜   沼尻巳津子   背守紋

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
彫像の頬の青みし夕月夜 山田禮子 遠嶺 199812  
満ちてゆく夜々はじまりぬ夕月夜 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
すれ違ふ若さ匂ひし夕月夜 小田道知 円虹 199912  
島ふたつ渡りて阿波の夕月夜 松宮幹彦 春耕 199912  
宍道湖に映りし小山夕月夜 藤本艶野 俳句通信 199912  
ぶらと出て田見舞となる夕月夜 朝妻力 俳句通信 200010  
浜小屋へ一升提げて夕月夜 石井則明 200011  
途切れつつ笛の音色や夕月夜 桑垣信子 いろり 200012  
夕月夜友は怪しき恋に落ち 川副民子 船団 200105  
耳だけであなたとわかる夕月夜 小田さやか 船団 200112  
世の中のここは静けき夕月夜 稲畑汀子 ホトトギス 200209  
御所といふ空の広間や夕月夜 長山あや 円虹 200212  
新妻となりし子の髪夕月夜 山下美絵子 遠嶺 200212  
能面の憂ひと笑みや夕月夜 青木久子 遠嶺 200212  
夕月夜木のさわさわとみづのやう 佐藤喜孝 あを 200308  
東司より人の出てくる夕月夜 竹内弘子 あを 200311  
頼まれて恋文訳す夕月夜 津田霧笛 ぐろっけ 200401  
夕月夜花おだまきは夢のいろ 橘沙希 月の雫 200404  
夕月夜非常ベル鳴るホテルかな 福盛悦子 雨月 200410  
三人の一人の笑ふ夕月夜 高橋将夫 200411  
夕月夜外湯を出でて妻を待つ 杉江茂義 雲の峰 200411  
合はぬ歩を合はすべく待つ夕月夜 祐森省造 雲の峰 200411  
手鏡のくもりをぬぐふ夕月夜 田中藤穂 あを 200411  
夕月夜もの煮る匂ひ籠りけり 中島瑞枝 百鳥 200412  
抱卵の雉子目をつむる夕月夜 須永トシ 栴檀 200508  
風荒れし狭庭そのまま夕月夜 稲畑汀子 ホトトギス 200509  
青空を夜空につなぐ夕月夜 稲畑汀子 ホトトギス 200509  
山裾の伸びてすぐ海夕月夜 稲畑汀子 ホトトギス 200509  
指先にバジルの香り夕月夜 田巻和子 遠嶺 200601  
刻々と流れし秋水に夕月夜 山田耕子 京鹿子 200601  
ためらいて話す娘と居り夕月夜 舟橋千枝子 八千草 200603  
夕月夜しらくも峽に下りきたる 瀧春一 常念 200606 角間峽
夕月夜のぼりつめたる花きうり 吉田康子 火星 200611  
夕月夜鷄は瞼を閉じてをり 鈴木多枝子 あを 200611  
手をとりて木立の中の夕月夜 津田礼乃 遠嶺 200612  
赤道に来て変りなき夕月夜 小浦遊月 酸漿 200703  
新刊書匂ふ卓上夕月夜 上原恒子 雨月 200711  
肩車橋渡り来る夕月夜 渡辺方子 万象 200712  
夕月夜昭和の歌にゆったりと 吉成美代子 あを 200712  
夕月夜街の時計の灯りけり 塙告冬 ホトトギス 200801  
塩ふりしのみの一品夕月夜 清水晃子 遠嶺 200801  
夕月夜湾処に映るレトロビル 田中敬 200802  
夕月夜見上げ帰宅の人の黙 稲畑廣太郎 ホトトギス 200809  
夕月夜見下ろしてゐる十連勝 稲畑廣太郎 ホトトギス 200809  
くつきりと筑波稜線夕月夜 布川直幸 200811  
夕月夜電話ぽつんと卓の上 岡野ひろ子 200811  
病棟の忘られし傘夕月夜 新井青葉 炎環 200812  
フライパン洗ったばかり夕月夜 陽山道子 船団 200903  
くろぐろと畝の並列夕月夜 前川ユキ子 200911  
頁繰るごとの疲れを夕月夜 小澤克己 遠嶺 200911  
山車降りてひよつとこ舞へり夕月夜 山田春生 万象 201001  
瀬波立て鮭遡りつく夕月夜 根岸善雄 馬醉木 201002  
列柱の影透きとほる夕月夜 橋添やよひ 風土 201011  
シネマ果て京の四つ辻夕月夜 中川すみ子 201012  
夕月夜当麻の空に塔二つ 橋添やよひ 風土 201012  
むささびの山毛欅かけのぼる夕月夜 根岸善雄 馬醉木 201102  
まほらなる畝傍香具山夕月夜 コ田千鶴子 馬醉木 201111  
声かけて開くる子の部屋夕月夜 荒井千佐代 201112  
只一人テラスにて見る夕月夜 若江千萱 雨月 201112  
夕月夜海深々と島を抱く 山田佳乃 ホトトギス 201202  
夕月夜橋はむかうへ渡りゆく 佐藤喜孝 あを 201112  
夕月夜華燭の典を照らすらむ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201208

御結婚祝

偲ぶとは酌み交すこと夕月夜 稲畑廣太郎 ホトトギス 201209  
看取り妻同士の話夕月夜 金山雅江 春燈 201212  
福耳の幼子を抱く夕月夜 高野春子 京鹿子 201212  
黄昏へ滑り出す船夕月夜 山田天 雨月 201212  
占ひにひらく手の平夕月夜 戸栗末廣 火星 201212  
今生の端に父臥す夕月夜 柴田佐知子 201212  
消えてなほ仰がるるかな夕月夜 長山あや ホトトギス 201301  
夕月夜土にまだ日のある匂ひ 久保東海司 201301  
舟引いて舟帰りくる夕月夜 杉浦典子 火星 201301  
空白の時間消しゆく夕月夜 稲畑汀子 ホトトギス 201309  
物置となりし子の部屋夕月夜 山崎刀水 春燈 201411  
みまかりし友を悼むや夕月夜 成田なな女 春燈 201412  
シェルブールからの絵葉書夕月夜 波戸辺のばら 201412  
橋脚となりし島々夕月夜 河野美奇 ホトトギス 201503  
これよりの旅路はじまる夕月夜 稲畑汀子 ホトトギス 201509  
東京は家居のつづき夕月夜 稲畑汀子 ホトトギス 201509  
十二種類の薬欠かせず夕月夜 中江月鈴子 201510  
横顔にきかんきの見ゆ夕月夜 荒井千佐代 201511  
夕月夜小舟行き交ふボスポラス 田中信行 201512

 

ちぎりてもまた別れあり夕月夜 秋川泉 あを 201511  
白指のほのかな人や夕月夜 辻響子 201512  
曲がるまで見送られたる夕月夜 コ田千鶴子 馬醉木 201610  
藍甕の藍のつぶやく夕月夜 白井友梨 馬酔木 201611  
シースルーエレベーターや夕月夜 柴田久子 風土 201611  
夕月夜この世のほかのこと思ふ 高倉和子 201611  
寿ぎを和紙にしたたむ夕月夜 西村しげ子 雨月 201612  
思ひ山すことも回向よ夕月夜 森幸 雨月 201612  
夕月夜いのちとたのむ酒二合 山田春生 万象 201612  
車庫入れのタイヤの軋み夕月夜 有賀昌子 やぶれ傘 201612  
ドイツから木馬届くや夕月夜 たかはしすなお 201612  
割れ貝をまた踏む渚夕月夜 栗原京子 201701  
ネックレス外す窓辺や夕月夜 大川暉美 末黒野 201704  
清水へ三年坂や夕月夜 今村千年 末黒野 201711  
門川に潮満つ音や夕月夜 山田春生 万象 201712  
石人の動く幻影夕月夜 水野恒彦 201712  
右端の席は師の席夕月夜 奥田茶々 風土 201712  
鍵の束さがすま白き夕月夜 栗山恵子 雨月 201801  
砲兵の歌くり返す夕月夜 大坪景章 万象 201801  
夕月夜故郷遠く父母在さず 安部和子 雨月 201803  
路地に聞く佃囃子や夕月夜 荒井ハルエ 春燈 201803  
夕月夜旅路遥けくありしこと 稲畑汀子 ホトトギス 201809  
硫黄島の話聞いてる夕月夜 つじあきこ 201812  
見送りし機影遠のく夕月夜 卜部黎子 春燈 201812  
大名町の廃校久し夕月夜 卯木堯子 春燈 201812 福岡
いつまでも風待つ心夕月夜 稲畑汀子 ホトトギス 202009  

 

2020年9月16日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。