百合 1     100句

食わざれば咲いてしまひぬ百合の珠    加藤楸邨

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
忌の人の去りて百合の香残りけり
山田弘子
春節
199503
百合一花永久の旅出の汝が頬に
山田弘子
春節
199503
目離さば昏れなむ百合に佇ちつくす
岡本眸
199808
黒百合や角屋を残す揚屋町
橋添やよひ
風土
199809
いま活けしばかりの百合の花弁濡れ
宮津昭彦
199810
夜を徹す百合の香にあり書き継げり
岡本眸
199810
未来のように少女に重し百合の花
芹沢愛子
海程
199811
高砂百合隠岐の棚田を縁どれり
松崎鉄之介
199811
林中に野馬木戸の跡百合匂ふ
山上カヨ子
199811
百合の花大きな蟻をこぼしけり
川井政子
風土
199901
鬼百合がひねもす背戸で立話
井上菜摘子
京鹿子
199901
壼の百合のほぐれ初めけり去年今年
岡本眸
199901
あこがれし百合あなたからもらいたし
中久保紀子
ぐろっけ
199901
赤き百合咲く村どこか酒わかす
丸山海道
京鹿子
199905
百合といふ只一輪の香を君に
稲畑廣太郎
ホトトギス
199907
純粋が山百合だいて坐禅して
森ひさ子
船団
199907
咲ききつて重心移す百合の花
頓所友枝
199908
白百合や鉄瓶たぎる木地師小屋
金子きくえ
春耕
199908
白百合の二輪ゆかしく役終へり
小澤克己
遠嶺
199909
しろじろと百合咲く谷の奥の奥
阿部ひろし
酸漿
199909
吹降りや蕾を重く百合の立つ
井口初江
酸漿
199909
百合の香と白に埋まりし夫の棺
安田悦子
円虹
199909
笹百合に美しき雨降る誕生日
酒井多加子
俳句通信
199909
白百合のすっくと一本咲きにけり
松沢久子
いろり
199909
山百合や遠く旅せし思ひあり
阿部正枝
遠嶺
199910
百合匂ふすらりと高き母子かな
豊岡清子
遠嶺
199910
ひかへたる心の色や百合の花
邑橋節夫
遠嶺
199910
隆々と百合の蕋あり朝枕
小山森生
199910
姥百合の背筋正して咲きにけり
岡田房子
酸漿
199910
岩百合みつ賽河原の崖庇
松崎鉄之介
199910
笹百合の白は決意のごと活くる
竹貫示虹
京鹿子
199910
籐椅子に百合の切手の招待状
松木知子
ヒッポ千番地
199910
百合ひらく夜の雨音背後より
河野志保
海程
199911
百合の束解かれ反くは反き合ひ
能村登四郎
芒種
199911
百合の香と掃除機の音衝突す
小枝恵美子
ポケット
199911
ためらい傷隠すと鬼百合が見える
藤田守啓
船団
199912
一日過ぐ百合の花粉のとれぬまま
星野早苗
船団
199912
棒道や姥百合四方へ種飛ばし
渡邉英子
馬醉木
200001
一月の百合を捧げて祈りけり
稲畑汀子
ホトトギス
200001
姥百合の枯れ果てし実のゑみてをり
平しげる
酸漿
200002
この踏絵踏まざりし人よ百合白し
田中藤穂
水瓶座
200002
平日の神父平服百合手入れ
田中藤穂
水瓶座
200002
百合の首はきはきと折る金曜日
星野早苗
空のさえずる
200002
くぐもれる朝の無意味に百合歌え
尾上有紀子
わがまま
200002
高慢な百合のロジック軽やかに
尾上有紀子
わがまま
200002
坂道をスキップスキップ百合が鳴る
尾上有紀子
わがまま
200002
倒れたし鉄砲百合の目の前で
星野早苗
空のさえずる
200004
六十にして姥百合をいとほしむ
三神あすか
ヒッポ千番地
200005
祝ぎの金余韻を引きぬ百合の花
稲畑汀子
ホトトギス
200007
むかし白衣の天使なりしよ百合の中
鷹羽狩行
200008
鹿子百合天心揺れてをりにけり
小形さとる
200008
さしさはりなきスピーチや百合香る
川畑良子
200008
直会の山百合ほのと匂ひけり
小田悦子
俳句通信
200008
百合ひらく風新しき山の道
森景ともね
船団
200008
笹百合の染色体を垣間見し
伊藤格
200009
いよよ咲く百合よ歓喜の蘂放ち
林翔
200009
百合の香や頂上の名は皇女ケ原
朝妻力
俳句通信
200009
百合咲かす郵便局も吉野建
深川知子
俳句通信
200009
百合の香や数奇屋造りの美術館
阿波谷和子
俳句通信
200009
乱れ咲く百合となりたる雨上り
梅谷昌弘
俳句通信
200009
神々の死角ひろびろ野百合咲き
原徹
銀化
200009
岩百合や風吹き上る荒磯径
小野誠一
春耕
200009
百合の香のうつろひ人の起居にも
田中美智代
200009
階下階上吹抜けの間の百合一花
林翔
馬醉木
200010
深山より種とんで咲く百合の花
織野健一
馬醉木
200010
姥百合や背筋きりりとただす友
梅田秀子
酸漿
200010
姥百合の耳八方へ老いやすし
工藤ミネ子
風土
200010
「裸婦」のみな豊満百合は壷溢れ
禅京子
風土
200010
無言館
開きたるところに百合の花暮るる
宮津昭彦
200010
白百合を手向け別れの棺送る
山本潤子
いろり
200010
森の中薫りて百合の咲くを知る
長谷川登美
ぐろっけ
200010
白樺と白を競えり森の百合
長谷川登美
ぐろっけ
200010
授かりし蕾の傷み百合祭
小林玲子
ぐろっけ
200010
山百合の香の同じ場所同頃
稲岡長
ホトトギス
200011
百合の香をはなちて夜の山容
小山森生
200011
しずめたる食器の昏さ百合匂う
村山半信
海程
200011
台湾の百合が増えしと草刈夫
宮津昭彦
200011
百合の根を暴くころあひ山雨來る
中原道夫
銀化
200011
百合と爆弾危ういものがなぜか好き
本村弘一
船団
200011
白百合は蜜をたつぷり奥信濃
庄中健吉
200012
佛前の百合開かむとして動く
岡本眸
200012
百合板剥くこんなところに隠し釘
柳生正名
海程
200101
ハンカチの汚るるやうに百合了る
真保喜代子
200101
今日の雨百合の木黄葉はじまれる
阿部ひろし
酸漿
200102
山百合一花脳裏に合流や渋滞
金子皆子
海程
200102
おもかげは雲の絶え間の百合群生
廣嶋美恵子
船団
200102
白百合の雄蘂はずしてフラスコへ
ゆにえす
船団
200102
猫の目を盗み空家の百合もらふ
今井忍
ぐろっけ
200102
漆黒の弥勒菩薩や百合の花
小林優子
酸漿
200106
道元と百合の峠を越え三里
吉田さかえ
海程
200107
身ほとりの香をしりぞけて百合匂ふ
稲畑汀子
ホトトギス
200107
抱き来し百合活けて香を置いて来し
稲畑汀子
ホトトギス
200107
思考又途切れて百合の香の中に
稲畑汀子
ホトトギス
200107
百合活けて机上片付けられぬまま
稲畑汀子
ホトトギス
200107
百合の香を閉ぢ込めてゐし山の宿
稲畑汀子
ホトトギス
200107
百合の木の花そよぎをり夢二展
青木政江
酸漿
200107
ひめゆりの学徒に捧ぐ百合の花
山本潤子
いろり
200107
百合といふ百合が鉄砲百合の島
宮津昭彦
200107
白百合に雨の明るし公休日
山荘慶子
あを
200107
励ましが励まされてる百合の花
桑原敏枝
いろり
200108

 

2020年7月9日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。