浴 衣 1     100句

浴衣着て竹屋に竹の青さ見ゆ    飯田龍太

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
暮るるまで浴衣の袖を持て余す 山田弘子 春節 199503  
席入の祭浴衣も京なれや 山田弘子 春節 199503  
ひそと見に来てゐし踊浴衣かな 稲畑汀子 ホトトギス 199808  
星明かり浴びすつきりと藍浴衣 小澤克己 遠嶺 199808  
浴衣の娘掉尾の琴を掻き鳴らす 丸山海道 京鹿子 199808  
藍浴衣着て連れ立てば古都暮色 小澤克己 遠嶺 199810  
諷詠の詩を浴衣に収めたり 小澤克己 遠嶺 199810  
踊好き踊浴衣も棺に入れ 長浜好子 円虹 199810  
ピアスして浴衣似合ふ娘にさんにん 秋山深雪 船団 199902  
仕事着と兼用われの白浴衣 鷹羽狩行 199908  
旅衣踊浴衣と入れ替ふる 稲畑汀子 ホトトギス 199908  
夜鷹啼きこはばり強き宿浴衣 鎌田亮 199908  
初浴衣風に染まりてをりにけり 関口幹雄 遠嶺 199908  
初浴衣傘寿祝がるるちやつきり節 松崎鉄之介 199908 傘寿を祝がる
留守居して浴衣一枚仕上げたり 大平保子 いろり 199908  
着せてやる子の乳高し藍浴衣 頓所友枝 199909  
星空や両手ではがす宿浴衣 伊東みのり 遠嶺 199910  
亡き夫人の縫ひし浴衣で師の踊る 関口昌代 199911  
心中は揃いの浴衣隅田川 三池泉 船団 199912  
夕風をいっぱいにして浴衣掛 樫井賢一 船団 199912  
病む夫に娘より届きし藍浴衣 田中藤穂 水瓶座 200002  
かたくなに寝間着は浴衣青葉寒 田中藤穂 水瓶座 200002  
浴衣着て渚の声を手に掬ふ 小島とよ子 新樹光 200007  
藍浴衣さらりと齢隠しけり 稲辺美津 夏椿 200007  
藍浴衣鼻緒と帯は赤くして 吉野のぶ子 八重櫻 200008  
初浴衣ほのかに藍の匂ひけり 今井松子 遠嶺 200009  
ながし目の杏の飴や藍浴衣 小山森生 200009  
ほんたうは白地を着たき浴衣かな 林翔 200009  
宿浴衣人情芝居に泣かされて 松沢久子 いろり 200009  
残生にどっかと座り宿浴衣 松沢久子 いろり 200009  
浴衣着てたすき姿の母偲ぶ 久保田一豊 いろり 200009  
藍浴衣着て波音を身にまとふ 小川昭江 200010  
火取虫温泉浴衣一夜限り 阿部寒林 200010  
晩節の肩肘はらぬ色浴衣 藤井明子 馬醉木 200010  
旅鞄底に浴衣と下駄を容れ 品川鈴子 ぐろっけ 200010  
をんなへと羽化始まれり藍浴衣 大森井栖女 馬醉木 200011  
墨痕淋漓浴衣ざらへのプログラム 大津留いほり 200011  
浴衣帯解けばわけなく身を離れ 岡本眸 200011  
夫病みぬ昔の踊りゆかた着て 戸田春月 光陰 200012  
踊りゆかた膝から進む男連 戸田春月 光陰 200012  
踊り終え戻る浴衣の艀舟 永野秀峰 ぐろっけ 200012  
親と子の足指は似て浴衣下駄 品川鈴子 船出 200104  
湯疲れの浴衣の肩に桜散る 河合笑子 あを 200106  
頼まれて浴衣を縫ふも久しぶり 保坂加津夫 いろり 200107  
背縫いより人の形に藍浴衣 中野哲子 六花 200107  
藍浴衣仕舞渡舟の海女まれに 大西桑風 馬酔木 200108 仁右衛門島
浴衣兼病衣即ち老いにけり 富田直治 春耕 200108  
止まり木に祭浴衣の二三人 行方克巳 知音 200108  
再会し旧姓で呼ぶ藍浴衣 栢森定男 あを 200108  
前結びしてなまめくよ宿浴衣 川田さちえ 200109  
星屑は浜辺の詩集初浴衣 小澤克己 遠嶺 200109  
浴衣着て美濃の水音を近うせる 浜口高子 火星 200109  
手術前の肌のたかぶる糊浴衣 田所節子 200109  
山に霧巻けば浴衣の襟冷ゆる 岡本眸 200109  
鮮かな浴衣フェロモン発しけり 泉田秋硯 200110  
藍浴衣母にかさねししぐさかな 花島陽子 遠嶺 200110  
切通し夕風匂ふ白浴衣 三崎由紀子 遠嶺 200110  
浴衣生地川のごとくに展げけり 石本百合子 馬醉木 200110  
駆くる子の浴衣の金魚泳ぎ出す 名取光恵 百鳥 200110  
爪先にくれなゐ灯る藍浴衣 村上瑪論 銀化 200110  
こころ解く着くづれ易き宿浴衣 蔵持柚 銀化 200110  
浴衣より赤い鼻緒の下駄が好き 岡本幸枝 ぐろっけ 200110  
何作ろ浴衣端切れの柄撰び 岡本幸枝 ぐろっけ 200110  
浴衣着て祭の顔になりて来し 柳沢杏 酸漿 200111  
ぼんやりと闇を見ている浴衣かな 室田洋子 海程 200112  
藍浴衣着て新妻の立居かな 川端和子 星月夜 200112  
藍浴衣縞を走らす裁鋏 三上冨佐子 ぐろっけ 200112  
浴衣着て仕草変はりし女の子 三上冨佐子 ぐろっけ 200112  
棺被ひ得ずして祭浴衣かな 嵯峨根鈴子 火星 200207  
丸顔は母のおさがり藍浴衣 石山正子 銀化 200207  
おそろいの浴衣の並ぶ防波堤 出口誠 六花 200207  
絞り地の浴衣採寸定まらず 金刺宏子 200208  
浴衣の娘ほめて帰ればうちわもめ 田中呑舟 火星 200209  
船べりに跨つてゐる浴衣かな 松本恭昂 火星 200209  
浴衣着て寄席の囃子に侍しゐたり 大串章 百鳥 200209 落語と俳句の夕べに出演
藍の香の指に移りて浴衣縫ふ 木内美保子 六花 200209  
浴衣着の力士の眼鏡小さきかな 西山美枝子 酸漿 200209  
お揃ひの浴衣折目もきはやかに 内藤順子 酸漿 200209  
神楽坂下駄の音して藍浴衣 後藤志づ あを 200209  
藍浴衣うなじの細き母なりし 芝尚子 あを 200209  
端近く指藍に染め浴衣縫ふ 芝尚子 あを 200209  
母縫いし藍の浴衣を解きゆく 松村美智子 あを 200209  
ハーブ湯の香浴衣に包みこみ 的場うめ子 ぐろっけ 200209  
なよとした女に見せて藍浴衣 永井一枝 200210  
宿の名の判る浴衣や漫ろ行く 木村幸 200210  
浴衣着て亜米利加人の長睫 桜井和子 遠嶺 200210  
縁側に風をさそひし藍浴衣 平万紀子 200210  
祭浴衣擦れて痒みの走りけり 片桐まこと 200210  
角々しくまとひ糊濃き宿浴衣 乗光雅子 雨月 200210  
藍浴衣遠嶺闇にをさまれり 高橋さえ子 200210  
姉いもと帯結びあひ初浴衣 遠藤節子 200211  
帰りにはおんぶで眠る浴衣の児 神田恵子 200211  
七色のあかりにゆるる児の浴衣 矢嶋みつ江 遠嶺 200211  
藍香る揃浴衣に祭笛 小滝奈津江 酸漿 200211  
人工池コイン投込むゆかた連れ 藤本つた恵 ぐろっけ 200212  
藍浴衣すらり着こなし阿波訛 武友朋子 200212  
畳まれて紙のにほひの浴衣かな 坊城俊樹 ホトトギス 200212  
剽軽な男浴衣ののの字かな 坊城俊樹 ホトトギス 200212  
彼の日の娘つんとすまして浴衣着て 坊城俊樹 ホトトギス 200212  
浴衣会着替へ忙し鏡の間 松木清川 ぐろっけ 200212 浴衣 →2

 

2019年8月4日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。