夜の秋 1     100句

中年や独語おどろく夜の秋    西東三鬼

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
窓にくる翅音ひそかな夜の秋 山田弘子 春節 199503  
雨降れば雨に深まる夜の秋 稲畑汀子 ホトトギス 199808  
漁火の増えゆく早さ夜の秋 稲畑汀子 ホトトギス 199808  
歩くことより身ほとりの夜の秋 稲畑汀子 ホトトギス 199808  
眼もつとも夜の秋の砂紋かな 岡井省二 199808  
筆ならず麻姑の手なりし夜の秋 岡井省二 199808  
夜の秋やいまはの夫に諭さるる 密門令子 雨月 199810  
死は生の完成と思ふ夜の秋 密門令子 雨月 199810  
夜の秋の絵を照らすため傾く灯 宮津昭彦 199810  
少年の瞳をして遺影夜の秋 川端和子 遠嶺 199811  
新聞の記事を切り取る夜の秋 中嶋陽子 風土 199811  
夜の秋仲見世通り茶を炒る香 岸恒雄 春耕 199811  
混浴の岩風呂に入る夜の秋 松崎鉄之介 199811  
引く波に調べありけり夜の秋 宮原正五郎 199811  
湯加減を問はれ応へて夜の秋 岡本眸 199812  
線一本引き違へたる夜の秋 川井政子 風土 199901  
いちびりの後の静けさ夜の秋 朝日彩湖 船団 199902  
夜の秋天使が喇叭の手入れして 津田このみ 船団 199903  
ポケットに影武者のゐて夜の秋 秋山深雪 船団 199903  
夜の秋や真珠にひそむ音のあり 神蔵器 199905  
千五百メートルの空夜の秋 稲畑廣太郎 ホトトギス 199908  
五分搗の明日の米とぐ夜の秋 木下節子 俳句通信 199909  
塗下駄のちりぬるをわか夜の秋 小澤克己 遠嶺 199910  
鳥海山ちょうかいの五合目に灯や夜の秋 宮津昭彦 199910  
話し声見えゐて夜の秋となる 村越化石 199910  
夜の秋手酌の傾ぎ深くせり 頓所友枝 199910  
香合に伽羅を加へて夜の秋 頓所友枝 199910  
伊予人の誰も祖母似や夜の秋 小泉洋一 円虹 199910  
別館へ短かき山路夜の秋 柴原保佳 円虹 199911  
地に還る塚の宝よ夜の秋 金澤明子 火星 199911  
某日を二行に記す夜の秋 亀丸公俊 銀化 199911  
膝に置く五指つくづくと夜の秋 萩原記代 199911  
夜の秋とろ火に掛けて小海老など 能村登四郎 芒種 199911  
灯ともせばわが部屋となる夜の秋 武井清子 199912  
夜の秋ざつくばらんに人は灯り 坂本敏子 京鹿子 199912  
目薬はいはば気休め夜の秋 池田優 船団 199912  
コクトーの一筆書きや夜の秋 津田このみ 月ひとしずく 199912  
雨戸くる隣の家や夜の秋 中村七三郎 七三郎句集 200001  
老境や愛にひとすじ夜の秋は 北岡草雨 海程 200001  
老いはじむピアノぽつりと夜の秋 中尾廣美 ぐろっけ 200001  
夜の秋すこし混みゐる寄席の前 田中藤穂 水瓶座 200002  
チェリストの白髪うねる夜の秋 辻享子 ヒッポ千番地 200003  
夜の秋グラスのなかに銀河系 わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
留金をはずしてはかけて夜の秋 わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
彼方では羽音ざわめく夜の秋 三宅やよい 玩具帳 200004  
お人柄偲ぶ心に夜の秋 稲畑汀子 ホトトギス 200007 悼 廣瀬ひろし様
計画は疎にまた密に夜の秋 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
読む本の増えてをりけり夜の秋 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
ワープロはわが分身や夜の秋 稲畑汀子 ホトトギス 200008  
月蝕を見に城山の夜の秋 朝妻力 俳句通信 200008 皆既月蝕・八尾町
ヒトでないものも生まれて夜の秋 星野早苗 船団 200008  
夜の秋の能くれなゐに乱舞せり 吉野のぶ子 八重櫻 200008  
炎に泛ぶ狂言師なり夜の秋 中島陽華 200010  
真四角にメモたたまれて夜の秋 中原幸子 遠くの山 200010  
不肖なり夜の秋より習ひごと 中原道夫 銀化 200010  
濃紺のスーツ着て出む夜の秋 林翔 200010  
電話口で礼してをりぬ夜の秋 能村研三 200010  
別れとは音消ゆること夜の秋 甲州千草 200010  
あがり湯の熱きを浴びて夜の秋 上林孝子 200010  
夜の秋永田耕衣に鯰の句 大東二三枝 200011  
竹箸を揃へてありし夜の秋 雨村敏子 200011  
一笛にシテの出を待つ夜の秋 中村洋子 風土 200011  
もの書けば墨のかすれる夜の秋 佐藤康子 遠嶺 200011  
生れし日の新聞を読む夜の秋 武井清子 200011  
たくましきラテン弾く指夜の秋 辻前冨美枝 200011  
絵蝋燭のかすかに揺るる夜の秋 信崎和葉 六花 200011  
夜の秋口ックンローラー白髪に 信崎和葉 六花 200011  
夜の秋の何するとなき畳かな 伊関美智子 200011  
素踊の残心鎮め夜の秋 福盛悦子 雨月 200012  
ある句意の解けずじまひの夜の秋 杉本艸舟 200101  
夜の秋へひかる耳輪をはずしけり 斎藤白砂 海程 200101  
夜の秋ガラスの靴の似合ふはず 柿原からす 船団 200101  
夜の秋のモロヘイヤに髭ありにけり 岡和絵 火星 200102  
雨あとの素顔並びし夜の秋 岡和絵 火星 200102  
散骨の耳あそばせて夜の秋 小室澄江 京鹿子 200103  
死ぬのかと病夫のつぶやく夜の秋 間島道子 京鹿子 200103  
子規描く千枚通し夜の秋 星野早苗 船団 200106  
新しき句帳に一句夜の秋 稲畑汀子 ホトトギス 200107  
月食を待ちかねる子や夜の秋 稲畑廣太郎 ホトトギス 200107  
虚子館の俳磚工事夜の秋 稲畑廣太郎 ホトトギス 200108  
何も言はず妻倚り坐る夜の秋 能村登四郎 200108  
妻死後を覚えし寝覚夜の秋 能村登四郎 200108  
夜の秋いづれの星の風とどく 神蔵器 風土 200109 悼 橋本風車氏
はんざきのまんまる沈む夜の秋 城孝子 火星 200109  
年甲斐もなくて水占夜の秋 石原勢津子 雨月 200109  
まほろばの墨擦つてみる夜の秋 朝妻力 俳句通信 200109  
夜の秋のせがまれて読む千一夜 春田淳子 俳句通信 200109  
会はざりし月日を想ふ夜の秋 山本涼 銀化 200109  
指添へてブルーのカクテル夜の秋 篠田純子 あを 200109  
元気かと犬に声かけ夜の秋 橋本榮治 馬醉木 200110  
笹の葉の縮れて吹かる夜の秋 岡和絵 火星 200110  
夜の秋庭の明りを消さずおく 北吉裕子 俳句通信 200110  
突堤に釣人ならぶ夜の秋 志水千代子 俳句通信 200110  
漁火の数増してきし夜の秋 市幸子 春耕 200110  
水槽のビー玉光る夜の秋 谷村幸子 200110  
三鬼の句しみじみ読まむ夜の秋 熊岡俊子 雨月 200110  
障子開けそこは端近夜の秋 芝尚子 あを 200110  
夜の秋のいのち抱きて寝まるなり 能村登四郎 羽化 200110  
一言に一言応へ夜の秋 泉田秋硯 200111  
老い猫の音もなく寄る夜の秋 福永みち子 馬醉木 200111 夜の秋 2→

 

2019年8月20日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。