山笑ふ 4       100句

山笑ふ胎動ときにへその裏   仙田洋子   歳時記(第三書館)

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
爪先の自由な靴や山笑ふ 高倉和子 200703  
蛙掛とふ勝ち手あり山笑ふ 水原春郎 馬醉木 200704  
山笑ふ上下自在に介護の椅子 青山悠 200704  
大室山笑へば小室答へけり 水原春郎 馬醉木 200705  
五斗米に腰が折れたか山笑ふ 小形さとる 200705  
逆さまに貼られしお札山笑ふ 松嶋一洋 200705  
太鼓負ふ踊り子像や山笑ふ 木暮剛平 万象 200705  
山々の笑へる裾を塩の道 くらたけん 200705  
山笑ふ仏の顔の湯治客 小林朱夏 200705  
闊達な三連水車山笑ふ 小林朱夏 200705  
藷判とはにつくき色紙山笑ふ 守屋井蛙 酸漿 200705  
廃線の駅長室や山笑ふ 若槻妙子 200705  
竹のあるところもつとも山笑ふ 鷹羽狩行 200706 木更津
負ひ籠に魔除の土鈴山笑ふ 塙三千男 馬醉木 200706  
山笑ひ山彦もまた生き返る 泉田秋硯 200706  
峠路はバスの難渋山笑ふ 名取袿子 200706  
亡夫は今「千の風」なり山笑ふ 松村富子 200706  
山笑ふ大江山の鬼も起さねば 吉田裕志 200706  
貰ひしは脳トレドリル山笑ふ 白髪美佐子 200706  
骨密度二十歳なりとや山笑ふ 上原朝子 200706  
ゴールドの運転免許山笑ふ 後條さと子 200706  
山笑ふ神をみごもる真昼間 栗栖恵通子 200706  
終章はポルカのテンポ山笑ふ 雨村敏子 200706  
写真機は使ひ捨てなり山笑ふ 竹下昌子 200706  
はかどらぬ花鳥の刺繍山笑ふ 荒木治代 ぐろっけ 200706  
柩また一つ呑み込み山笑ふ 馬越幸子 ぐろっけ 200706  
絶賛を受けし「黄河」に山笑ふ 松崎鉄之介 200706  
発電の風車のろのろ山笑ふ 岸本久栄 雨月 200706  
正直に安穏に生き山笑ふ 青垣和子 雨月 200706  
一生を尊王攘夷に山笑ふ 林日圓 京鹿子 200706  
山笑ふ山の小石につまづいて 木内美保子 六花 200706  
山笑ふ寸又峡温泉眠たげに 須賀敏子 あを 200706  
鈍感力のみを自負せり山笑ふ 鈴木照子 200707  
相撲部の追出しコンパ山笑ふ 阪本哲弘 200707  
噴煙の谷を抱きて山笑ふ 山本とく江 万象 200707  
鳶の舞ふ高さに山の笑ふかな 伊藤美音子 万象 200707  
山笑ふたかゑさんちの碧い屋根 小林成子 火星 200707  
怒る海笑へる山も郷里のもの 栗栖恵通子 200707  
笑ふ山地球儀軽く回りたる 岩月優美子 200707  
禽あまた抱へ里山笑ひけり 千田百里 200707  
山笑ふ雨のたうたう本降りに 数長藤代 200707  
この家も媼は元気山笑ふ 荒木治代 ぐろっけ 200707  
穏やかな雲の動きに山笑ふ 瀬沼利雄 酸漿 200707  
わたくしの声のこだまに笑ふ山 有吉桜雲 200708  
花粉無き杉の育つに山笑ふ 芹田敏子 200708  
もの書くは明日への力山笑ふ 木田秀子 200708  
ああすればこうもすればと山笑ふ 大村真佐子 遠嶺 200708  
山笑ふやうやく通す針の糸 高倉恵美子 200708  
山笑う猫も子供も苑ころげ 平野きぬ子 八千草 200709  
俳句誌に同姓同名山笑う 藤原りくを 八千草 200709  
筑波山わらふや蝦蟇の口上に 平野伸子 馬醉木 200710  
子のあくび貰へば山の笑ひけり 伊東恵美子 馬醉木 200710  
山笑ひながら人間寄せつけず 稲畑廣太郎 ホトトギス 200803  
子午線に立てば淡路の山笑ふ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200803  
恋多き乙女の句座や山笑ふ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200803  
潤む山笑ふ山まだ覚めぬ山 稲畑廣太郎 ホトトギス 200803  
山笑ふとはどことなくさりげなく 稲畑汀子 ホトトギス 200803  
生きざまを語りはじめて山笑ふ 稲畑汀子 ホトトギス 200803  
住む町の気に入つてをり山笑ふ 稲畑汀子 ホトトギス 200803  
六甲の裾はわが町山笑ふ 稲畑汀子 ホトトギス 200803  
ふるさとや節穴越しに山笑ふ 鷹羽狩行 200803  
ウォーキングの一人の行進山笑ふ 小林朱夏 200804  
デカルトもカントも知らず山笑ふ 塩路五郎 200805  
発進のジェット機雲や山笑ひ 鈴木照子 200805  
山笑ひ初むまた一つ歳をとり 松嶋一洋 200805  
縄とびの波の向ふの山笑ふ 岡野ひろ子 200805  
陣屋宿の太鼓響くや山笑ふ 石橋公代 春燈 200805  
横須賀の谷毎に駅山笑ふ 松崎鉄之介 200805  
山笑ふケーブル下のけもの径 吉田島江 火星 200805  
忍耐もここまでだよと山笑ふ 笹井康夫 200806  
「大」の火の薪割る音山笑ふ 坂根宏子 200806  
なまぬるき牛の鼻息山笑ふ 小林千草 馬醉木 200806  
山笑ふ淑女ばかりのティータイム 杉本綾 200806  
錻力板丸く抜かれて山笑ふ 府川房江 遠嶺 200806  
山笑ふ小鳥の声に目覚めゐて 加藤克 200806  
山笑ふ不覚をとりし口舌かな 鈴木撫足 春燈 200806  
山笑ふ蹴上げしやうな家の位置 佐藤山人 200806  
光陰の矢にしたがひて山笑ふ 丸山佳子 京鹿子 200806  
かぞへたくなる貨車過ぎて山笑ふ 佐々木紗知 京鹿子 200806  
ふるさとは無人の駅よ山笑ふ 関戸文子 酸漿 200806  
霊堂を深く抱きて山笑ふ 荻原麗子 酸漿 200806  
飛行船のつそり現れて山笑ふ 泉田秋硯 二重唱 200806  
山笑ふ縫つて走るや峡の里 羽賀恭子 200807  
品書きのほとんどは時価山笑ふ 飛鳥由紀 200807  
言訳のことばつぎはぎ山笑ふ 稲葉ちよこ 風土 200807  
戒名をひとつ増やして山笑ふ 川口襄 遠嶺 200807  
町内の行事つぎつぎ山笑ふ 小阪喜美子 遠嶺 200807  
打つほどに退る木魚や山笑ふ 青山悠 200807  
山笑ふ田畑ひろがる駅家跡 川崎光一郎 京鹿子 200807  
うさぎ抱くための子の列山笑ふ 鈴掛穂 200807  
山笑ふ独身主義を撤回し 山田夏子 雨月 200807  
桃色の斑点つけて山笑ふ 出口誠 六花 200807  
青春てふ言葉大好き山笑ふ 筏愛子 200808  
足重きことは言ふまじ山笑ふ 上崎暮潮 ホトトギス 200808  
山笑ふ七戸をめぐる回覧板 阿久津勝利 万象 200808  
乳飲子の突張る力山笑ふ 木村真魚奈 京鹿子 200808  
誰も知らぬ虚子の遠山笑ひけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200903  
恋破れ夢は残りて山笑ふ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200903  
大盛を所望の女山笑ふ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200903  
合流の力満ちたり山笑ふ 竹貫示虹 京鹿子 200903 山笑ふ→5

 

2020年3月25日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。