吾亦紅 1           100句

どれもこれも他人の柩吾亦紅    亀田虎童子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
真実を吾が信条と吾亦紅 高橋照子 雨月 199811  
野になくて花屋にありぬ吾亦紅 堀井英子 雨月 199811  
一人子に生まれしうらみ吾亦紅 八染藍子 199901  
京都駅行きたい行けない吾亦紅 尾上有紀子 船団 199902  
教会の朝の尖塔吾亦紅 宮嵜亀 船団 199903  
吾亦紅少女は手足伸びる音 中林明美 ヒッポ千番地 199905  
吾亦紅刈り残さるる芝生かな 岡田ン太雄 雨月 199908  
空に描く点の大小吾亦紅 稲畑汀子 ホトトギス 199909  
会稽の沖の小島を吾亦紅 今木偉郎 199910  
踏み入って諏訪路は芒・吾亦紅 能村登四郎 芒種 199911  
すれ違った言葉の粒々吾亦紅 小枝恵美子 ポケット 199911  
くれなゐの系譜のはての吾亦紅 藤村真理 199912  
吾亦紅卓布を影のこぼれたる 諏訪一郎 遠嶺 199912  
一岳に雲の帶あり吾亦紅 石田邦子 遠嶺 199912  
吾亦紅言葉重ねる日々となり 芳賀雅子 遠嶺 199912  
蓼科山雲の中なり吾亦紅 阿部悦子 酸漿 199912  
紅揺るる馬柵の内外吾亦紅 小田道知 円虹 199912  
吾亦紅見つけてよりの歩幅かな 藤野佳津子 円虹 199912  
隠れなきわび・さび・しをり吾亦紅 稲見光 船団 199912  
賓頭廬にくまなく触り吾亦紅 延広禎一 200001  
川風を友と分けあふ吾亦紅 吉野のぶ子 遠嶺 200001  
恋なんて一つや二つ吾亦紅 渡辺純 京鹿子 200001  
誰か呼ぶ声する峠吾亦紅 上田希実 遠嶺 200002  
吾亦紅老婆を来世へ届けたく 尾上有紀子 わがまま 200002  
長生きはすまいと決めて吾亦紅 わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
青空を拡げてゆきぬ吾亦紅 稲畑汀子 ホトトギス 200009  
火を弱め待っているとき吾亦紅 中原幸子 遠くの山 200010  
薪溜むる生活まだあり吾亦紅 黒坂紫陽子 馬醉木 200011  
照れば紅くもれば黒の吾亦紅 鷹羽狩行 200011  
暮れなづむ那須の裾野や吾亦紅 松宮幹彦 俳句通信 200011  
吾亦紅摘みて寂蓼つのりけり 澤田緑生 馬醉木 200012  
瀬の音の変らぬ流れ吾亦紅 石川久子 200012  
くさぐさの濁点とあり吾亦紅 峯尾文世 銀化 200012  
行く道のいつしかひとり吾亦紅 石山惠子 遠嶺 200101  
山道や吾亦紅より暮れかかる 柳沢杏 酸漿 200101  
吾はわれなりと咲き白われもかう 伊藤宇太子 200102  
吾亦紅揺れ出すことも我先に 葉月ひさ子 船団 200102  
吾亦紅風に名前をつけながら 中原幸子 船団 200103  
伸びすぎてつんと孤高や吾亦紅 稲畑汀子 ホトトギス 200109  
吾亦紅木道少しづつ乾く 酒井多加子 春耕 200109  
大人にもよき花の色われもかう 熊谷みどり いろり 200110  
赤シャツの遺影微笑む吾亦紅 森理和 あを 200110  
墓の供華ぐるり花野の吾亦紅 中川濱子 ぐろっけ 200110  
雲のながれに風の蹤き吾亦紅 鷹羽狩行 200111  
吾亦紅湖吹く風に逆らはず 水原春郎 馬醉木 200111  
吾亦紅立ち添ふわれも霧囲ひ 岡田貞峰 馬醉木 200111  
空間を作れり吾亦紅活けて 宮津昭彦 200111  
吾亦紅大山だいせんにうす絹の雲 中川濱子 ぐろっけ 200111  
白壁に影点点と吾亦紅 中川濱子 ぐろっけ 200111  
七人の敵失へり吾亦紅 塩路五郎 200112  
六十はお婆にあらず吾亦紅 加藤みき 200112  
吾亦紅大きくゆれて昏れにけり 城孝子 火星 200112  
吾亦紅子供の群れをやりすごす 小田玲子 百鳥 200112  
吾亦紅に追われ入るよ美術館 葉月ひさ子 船団 200112  
むらさきのにじむ夕日や吾亦紅 関口ゆき あを 200112  
密やかに輝くことも吾亦紅 早崎泰江 あを 200112  
吾亦紅をとこにもある紅のとき 斎藤棹歌 200201  
土笛に窯変のいろ吾亦紅 杉浦典子 火星 200201  
吾亦紅脳の検査を嫌ひをり 木野本加寿江 火星 200201  
吾亦紅手折れば雲の流れをり 森重夫 春耕 200201  
これが精一杯のいろ吾亦紅 山本静子 200201  
反抗期とうにすぎしに吾亦紅 岡野峯代 ぐろっけ 200201  
代々を山家の暮らし吾亦紅 鈴木伊都子 200202  
吾亦紅見出でし貴船夕戻り 鈴鹿野風呂 京鹿子 200202  
東雲の野に摘みきてや吾亦紅 谷村幸子 200202  
けんけんぱ丹波育ちの吾亦紅 田彰子 船団 200202  
吾亦紅無縁の供華に加えたり 武田ともこ ぐろっけ 200202  
吾亦紅進路を告げる子の電話 山本潤子 いろり 200203  
声にしてやさしきことば吾亦紅 遠藤若狭男 200203  
楳嶺の門に学びて吾亦紅 林日圓 京鹿子 200211  
吾亦紅百里の風の音符かな 神蔵器 風土 200211  
吾亦紅こつんこつんと反抗期 山崎ミチ子 帆船 200211  
吾亦紅揺れ止んでをる熊野かな 石脇みはる 200211  
小手あげて済むもあいさつ吾亦紅 高橋あさの 200211  
八ヶ岳の風尖りて来たる吾亦紅 柴田久子 風土 200212  
吾亦紅きはやかに活け生花展 川瀬信子 築港 200212  
吾亦紅もとより咲いてゐたりけり 山尾玉藻 火星 200212  
吾亦紅の紅何色に譬ふべき 久保晴子 雨月 200212  
吾亦紅思ひ余るといふ色か 西村操 雨月 200212  
山影にむかしの色の吾亦紅 西村操 雨月 200212  
花束の自問自答の吾亦紅 辻由紀 雨月 200212  
小さきの風になつける吾亦紅 野田梅月 遠嶺 200212  
吾亦紅はにかむ紅をあげそめし 岸田爾子 200301  
大八車立て掛けてあり吾亦紅 田村すゝむ 風土 200301  
好みける風情も色も吾亦紅 吉田眞弓 雨月 200301  
省略を形にすれば吾亦紅 長谷川春 200302  
吾亦紅吹かれぬことを淋しがる 長沼紫紅 200302  
連日のはかなごと聞く吾亦紅 中川美代子 ぐろっけ 200302  
吾亦紅天与の色といふ孤高 稲畑廣太郎 ホトトギス 200309  
その中に風を拒みて吾亦紅 稲畑廣太郎 ホトトギス 200309  
吾亦紅風袈裟懸けにしてをりぬ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200309  
ついがありつういもありて吾亦紅 稲畑廣太郎 ホトトギス 200309  
吾亦紅霧に色濃くありにけり 井上哲王 ホトトギス 200310  
話みな老におちつき吾亦紅 水原春郎 馬醉木 200310  
四方山の話のなかに吾亦紅 村越化石 200310  
吾亦紅うらおもてなく暮れにけり 高千夏子 200310  
仄暗き一隅に挿す吾亦紅 金森恭子 築港 200311  
つつましく吾も生きたし吾亦紅 浦松静子 築港 200311  
里山の遠き人声吾亦紅 中村茂子 築港 200311  
工房のマツプ片手や吾亦紅 清水令子 帆船 200311 吾亦紅 2→

2015年11月1日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。