石蕗の花 9      49句

究極のあかりとなりぬ石蕗の花    長谷部朝子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
部屋の奥に日の来てゐたり石蕗の花 加藤みき 201801
あるがまま生きて米寿や石蕗の花 高村令子 風土 201801
欄干の艶の深さや石蕗の花 平田きみこ 風土 201801
舟屋まで風まはりくる石蕗の花 大崎紀夫 やぶれ傘 201711
石蕗日和上げてもらへぬ背のファスナー 大塚文枝 京鹿子 201801
床の間に灯しおきあり石蕗の花 山田六甲 六花 201712
筆塚の日の差すところ石蕗の花 上林富子 やぶれ傘 201712
蹲踞に寄り添ふ石蕗の花や黄に 川崎雅子 春燈 201801
裏庭はいつもひんやり石蕗の花 栗原公子 201802
池の辺の陽を集めたる石蕗の花 鈴木良戈 201802
乾びたる桧皮の屋根や石蕗の花 岡田史女 末黒野 201802
石橋の一枚岩や石蕗の花 橋場美篤 末黒野 201802
建長寺の庭に瀟洒な石蕗の花 大橋晄 雨月 201802
日のさして釜鳴る茶室石蕗の花 武生喜玖乃 雨月 201802
子に増ゆる言葉楽しも石蕗の花 山田由利枝 雨月 201802
石蕗の花外人墓地の谷深き 江見悦子 万象 201802
歩ませるだけの運動石蕗さかり 高橋ひろ 万象 201802
雨戸引く今朝も元気よ石蕗の花 持田信子 春燈 201802
一寸の虫修業中石蕗明り 高木晶子 京鹿子 201802
仮の世に弾む日のあり石蕗の花 亀井福恵 京鹿子 201802
庭園に風韻をきく石蕗の花 門伝史会 風土 201802
よき寺のよき梵妻や石蕗の花 落合絹代 風土 201802
静寂に静かさ加ふ石蕗の花 江島照美 201802
こんな暗きに石蕗すこやかに咲きにけり 有松洋子 201802
石蕗明りより虚子館の一歩かな 藤井啓子 ホトトギス 201803
石蕗明りははの気配の濃く淡く 山中志津子 京鹿子 201803
石蕗咲けり晩年の色して咲けり 政時英華 京鹿子 201803
磯波のひかりをまとひ石蕗の花 森清堯 末黒野 201803
のぼるほど音変はる川石蕗の花 堺昌子 末黒野 201803
気づかはるる身となりにけり石蕗の花 堺昌子 末黒野 201803
海はいま一枚に晴れ石蕗の花 饗庭惠子 末黒野 201803
言はでものこと口を出で石蕗の花 吉田政江 201803
力石をかこんで石蕗の花盛り 黒澤次郎 やぶれ傘 201804
十基ほど殉死の墓や石蕗の花 松田明子 201804
暗がりは神の領域石蕗の花 戸栗末廣 201804
あたためた言葉を口に石蕗の花 直江裕子 京鹿子 201805
石蕗咲いて玄海の紺定まりぬ 矢野百合子 201806
石仏の隠れ十字や石蕗の花 林徹也 201806
黒猫の山房案内石蕗の花 都築繁子 201811
石蕗の花早稲田は坂の多き町 工藤はる子 201811
手に包む茶の香の窓や石蕗の花 重原爽美 201811
鎌倉に繋ぐ忌心石蕗明り 稲畑廣太郎 ホトトギス 201811
鎌倉に忌心集め石蕗は黄に 稲畑廣太郎 ホトトギス 201811
ヴイオロンのトラウマ解けて石蕗日和 稲畑廣太郎 ホトトギス 201811
石蕗の黄に虚子館の庭目覚めゆく 稲畑廣太郎 ホトトギス 201811
石蕗の花より始まれる庭の色 稲畑廣太郎 ホトトギス 201811
石蕗の黄を灯し虚子館人集ふ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201811
骨壺や八月に咲く石蕗の花 竹内悦子 201811

「妻の初七日、妻の姉より申出あり、」『ゆきげがは』

ふッつりと切つたる縁や石蕗の花

久保田万太郎 春燈 201811
石蕗の花→ 1      

 

2020年12月9日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。