石蕗の花 1         100句

冬ごもりわづかに石蕗の花を見る    大江丸

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
踏み出せし道一筋に石蕗の花 稲畑汀子 ホトトギス 199811  
卒塔婆の墨の匂ふや石蕗の花 皆川盤水 春耕 199812  
石蕗の花一と日波郷の墓照らす 皆川盤水 春耕 199812  
泪目を石蕗咲く庭に移しけり 野口光枝 高籬 199812  
あなたなら嫁にゆきたし石蕗の花 菊池和子 京鹿子 199901  
もう枯るるほかなき石蕗となりにけり 岡本眸 199901  
立ち止まる人なき岬石蕗の花 堀義志郎 火星 199902  
慎ましや老舗の奥の石蕗の花 大谷茂 遠嶺 199902  
踏み均す貝捨場あと石蕗は黄に 長谷川千枝子 199902  
父と居るやうな気のする石蕗の花 青山丈 199902  
風邪の子にボールころがす石蕗明り 小池横文 火星 199903  
石蕗咲いてひとりの旗のひかりかな 村上友子 海程 199904  
花石蕗の顔あどけなし怯みけり 岡本眸 199904  
江の電の迅きところや石蕗の花 青山丈 199904  
夕日いま人に移ろふ石蕗の花 田中美智代 199904  
野仏のまぶた重たき石蕗日和 大倉郁子 ヒッポ千番地 199906  
廃坑口石蕗の葉に塞がれる 永野多佳子 ぐろっけ 199908  
石蕗の黄をわが忌心につなぎけり 稲畑汀子 ホトトギス 199910 年尾忌
石蕗咲いてゐると知りたる旅帰り 稲畑汀子 ホトトギス 199911  
彼の日より寿福寺親し石蕗の花 稲畑廣太郎 ホトトギス 199911  
あらためてこの道知るや石蕗の花 稲畑廣太郎 ホトトギス 199911  
咲き満ちる事なく石蕗は黄を極め 稲畑廣太郎 ホトトギス 199911  
花びらが反るほどの石蕗日和かな 杉良介 199911  
石蕗の花人を逝かしむ色のして 山尾玉藻 火星 199911  
旅の難くづれてゆがむ石蕗の花 冨村波聴 六花 199911  
灯台を見てきて哀し石蕗の花 冨村波聴 六花 199911  
色の声聞いてきました石蕗の花 冨村波聴 六花 199911  
石蕗は黄に風力発電風青し 冨村波聴 六花 199911  
石蕗の花太古の島は煙吐く 冨村波聴 六花 199911  
石蕗咲いて海へ降りゆく蜑の露地 能村登四郎 芒種 199911  
波郷忌が近づき石蕗は責を競ふ 皆川盤水 銀山 199912  
黄を極め忌心極め石蕗の花 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
葉の緑暗い中より石蕗の花 日吉わたる 船団 199912  
ひざを抱く少年二人つわの花 坪内稔典 船団 199912  
石蕗ひらく百の岬に百の父 南村健治 船団 199912  
石蕗や青空の青足りなくて 津田このみ 月ひとしずく 199912  
石蕗咲くや部屋に広げしほどき物 辻井桂子 俳句通信 200001  
つきぬけて石蕗の輝く午後の庭 當麻幸子 俳句通信 200001  
石蕗の花揺らし隣家の猫帰る 當麻幸子 俳句通信 200001  
北枕あらば日當る石蕗枕 中原道夫 銀化 200001  
燦讃と木洩れ日ありて石蕗の花 保坂加津夫 いろり 200001  
クラス会昨日の顔や石蕗の花 桑原敏枝 いろり 200001  
石蕗日和事の次第に奔走す 鈴鹿百合子 京鹿子 200001  
喫茶去や一茎高き石蕗の花 神蔵器 風土 200001  
人去れば石蕗のますます華やげり 山西みち子 火星 200002  
方丈の隅まで日差し石蕗の花 辻田明 200002  
見るたびに神格化する石蕗の花 木村和彦 海程 200002  
尼様の大き手荷物石蕗の花 関根洋子 風土 200002  
天界に待人増えて石蕗日和 林友次郎 遠嶺 200002  
雨上り花石蕗むせる庭の待つ 瀧新珠 京鹿子 200002  
塔頭はなべて裕福石蕗の花 小川匠太郎 200002  
灯台の先端の輝り石蕗日和 中村祭生 ぐろっけ 200002  
石蕗明り戦死の墓の文字深し 松原到 ぐろっけ 200002  
隠岐の島海辺につわの花揺れる 武智恭子 ぐろっけ 200002  
石蕗咲いて静かな月日過ぎにけり 水田清子 200003  
庭すみの明るさ石蕗の咲き出でし 水田清子 200003  
石蕗明かり欲望という名の電車にて わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
乳母車蔵われしまま石蕗の花 立岩利夫 海程 200004  
セルロイドいつかすたれてつわの花 三宅やよい 玩具帳 200004  
掘割の鯉ふくよかよ石蕗の花 岡田房子 酸漿 200006  
花石蕗に陽のあるうちの赤ワイン 飯塚ゑ子 ヒッポ千番地 200006  
戸籍また元の二人や石蕗の花 塩路隆子 精鋭選集 200008  
朝日さす野仏ぬくし石蕗の花 亀山節子 春耕 200010  
咲き遅れ咲き躓きて石蕗の花 稲畑汀子 ホトトギス 200011  
忌日より今年は遅れ石蕗の花 稲畑汀子 ホトトギス 200011  
夕きざす風の重さに石蕗の花 岡田万壽美 俳句通信 200012  
大いなる巌の前の石蕗の花 岡田ン太雄 雨月 200012  
図書館の殊に明るし石蕗日和 岡田ン太雄 雨月 200012  
色鯉の錦ぶつかる石蕗の花 宮崎美々津 銀化 200012  
石蕗の庵シリウスからの沙汰のあり 加藤みき 200101 祝『大日』
石蕗咲くや等身大の弥勒仏 神蔵器 風土 200101  
元記者が虚無僧となる石蕗の花 能村研三 200101  
一葉の通ひし路地や石蕗の花 三代川次郎 俳句通信 200101  
石蕗咲くや橋をはさんで海と川 春田淳子 俳句通信 200101 佐渡
一村を檀家に古刹石蕗の花 春田淳子 俳句通信 200101 佐渡
日の漏れよ磯辺明りに石蕗の花 阿部ひろし 酸漿 200101  
泣くための一日となりぬ石蕗の花 宮本道子 酸漿 200101  
うかうかと月日過ぎをり石蕗の花 中島徳子 酸漿 200101  
潮の香やたかしの墓に石蕗の花 中川冬紫子 春耕 200101  
石蕗の花庭をあかるくしてゐたり 松沢久子 いろり 200101  
病床の父ほほゑます石蕗の花 渡辺真奈美 200102  
たかぶりて日のはし追へり石蕗の花 島田和子 風土 200102  
石蕗咲いて今日一日の足袋白し 長尾康子 風土 200102  
石蕗の花軒に薪積む木曽旅籠 伊東みのり 遠嶺 200102  
石蕗の花びらよりこぼれゆく時間 岩岡中正 円虹 200102  
西方は明るきところ石蕗の花 岩岡中正 円虹 200102  
胸の中なりふと座る石蕗の花 金子皆子 海程 200102  
石蕗咲きて不老の水の底知れず 安陪青人 雨月 200102  
寿福寺を抜けて墓所へと石蕗日和 大石喜美子 雨月 200102  
づかと還暦ひたひたと古希石蕗の花 西田もとつぐ 船団 200102  
暮れ残す堀越御所の石蕗の花 吉永すみれ 風土 200103  
石蕗咲くや潮は藍を深めつつ 狭間馨 遠嶺 200103  
拓本採る虚飾なかりし石蕗の花 水谷芳子 200103  
てんがうにつまみし石蕗の絮のとぶ 石脇みはる 200103  
石蕗黄なり明るきひとを妻にもつ 沼田巴字 京鹿子 200103  
石蕗の花つひに言葉はなきままに 田中麻千子 六花 200103  
石蕗の花祈る人また祈る人 谷口佳世子 200104  
鱶を食う一党石蕗の花ざかり 坪内稔典 船団 200105  
おふくろと並んで歩く石蕗の花 東莎逍 船団 200105  
石蕗を菊と思ひて日頃あり 神野佐嘉江 船団 200105 石蕗の花 2

 

2014年11月25日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。