土 筆 3    200句

まゝごとの飯もおさいも土筆かな  星野立子  立子句集

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
残されし都心の緑土筆生ふ 中村重雄 百鳥 200405  
土筆摘む子に影落す飛行船 塚本富士子 栴檀 200405  
墓に摘む土筆を墓に供へけり 神蔵器 風土 200405  
土筆摘鶴唳の天仰ぎゐし 渕脇登女 200406  
土筆野にタイムスリツプ五十年 鏡山千恵子 帆船 200406  
毛馬村の堤のあたり土筆摘む 古田考鵬 雨月 200406  
初ものの土筆頂き命のぶ 黄川田美千穂 200406  
駅前の店で寄せ植ゑ土筆売る 星野淑子 200406  
土筆原踏み入るに煙立ちのぼる 星野淑子 200406  
三叉路に溝乾涸びて土筆長け 長村雄作 栴檀 200406  
土筆野に立ち一本の剣となる 小澤克己 遠嶺 200406  
土筆生ひ小兵の勝てる草相撲 常盤しづ子 馬醉木 200407  
糸電話土筆たんぽぽ顔を出す 吉田多美 京鹿子 200407  
地団太を子が踏み土筆目覚めけり 下平しづ子 雨月 200407  
姥捨の婆の色なる土筆摘む 江崎成則 栴檀 200407  
土筆野にふりむくこともなかりけり 田代ヨシ 河鹿 200407  
直会の辛めの土筆煮上がりぬ 近藤幸三郎 風土 200407  
土筆摘相模の海を一望し 樋口桂紅 草の花 200407  
土筆洗ふ胞子の色に水染めて 史あかり ぐろっけ 200407  
遅刻子の如く一本土筆生え 斎藤くめお 対岸 200407  
土筆摘む土手に斜めの日が差して 秋千晴 200408  
遅れ来し詫の土筆をひと握り 鎌田篤 雨月 200408  
田の土筆帽子に摘める古猿楽 長村雄作 栴檀 200408  
土筆摘む尻が遊んでをりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200503  
土手といふ土筆の嵩でありにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200503  
土筆摘む昭和を知らぬ少女たち 吉田かずや 春燈 200503  
土筆摘む楽しむ時をとうにすぎ 有吉桜雲 200503  
道祖神の背をみて育ちゆく土筆 丸山佳子 京鹿子 200504  
土筆野の試歩のうしろに妻がつき 吉田かずや 春燈 200505  
手に触れし土筆の芯の曇りけり 小田司 馬醉木 200505  
土筆出揃ひ天神様に仕へけり 村越化石 200505  
あれやこれや思ひも入れし土筆かご 近藤紀子 200506  
墳丘の二つが並び土筆生え 五十嵐暢子 対岸 200506  
土筆摘む阪急ホテルの裏の径 大塚のぼる 火星 200506  
いにしへの玉作り跡土筆摘む 長谷川紀美子 築港 200506  
土筆町や稽古はじまる村芝居 山本喜朗 雨月 200506  
日がな見る庭に土筆を見つけたり 松元末則 酸漿 200506  
ほわほわとそよぐ土筆のセピア色 赤座典子 あを 200506  
土筆んぼここにあつたかもう杉菜 木村茂登子 あを 200506  
焼き畦に土筆ずらりと踏みかぬる 坂元フミ子 河鹿 200507  
芹の灰汁土筆の灰汁が指先に 近藤紀子 200507  
踏み入るに二の足を踏む土筆原 望月ひろゆき 200507  
首を出す土筆浮世は喪中なり 吉田多美 京鹿子 200507  
土筆の野ただ一面はおそろしく伊藤希眸 河内桜人 京鹿子 200507  
たまゆらに伸ぶや往き来の土筆摘み 岸本久栄 雨月 200507  
土筆摘む青きつむりのつくし摘む 西村しげ子 雨月 200507  
土筆摘む水車きらきら光撒き 池田倶子 雨月 200507  
こころゆくまで土筆摘む野のありき 大石喜美子 雨月 200507  
子供よりこどもになりて土筆摘む 瀬崎憲子 百鳥 200507  
託されし八十路の坂や土筆起き 大熊さと 200507  
土筆よりこぼれしみどり卓の上 今井千鶴子 ホトトギス 200508  
山脈の晴れてぞくぞく土筆の子 長谷川春 200508  
杣能の始まるまでを土筆摘み 坂部尚子 栴檀 200508  
土筆には土筆の命風立ちぬ 山内洋行 対岸 200508  
土筆摘みつつ灯台をひとめぐり 遠藤真砂明 波太渡し 200510  
卵とぢ土筆の旬でありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200603  
菜と和へて百万石の土筆かな 山田六甲 六花 200604  
土筆野に上がりてぷるんと月稚し 淵脇護 河鹿 200605  
子の声に風に土筆の頭を伸ばす 藤野力 馬醉木 200605  
これくらいと子に見せられし土筆かな 高橋将夫 200605  
ぶらり来て黄泉平坂土筆摘む 廣畑忠明 火星 200605  
土筆摘む先ざきに目の走りては 大橋敦子 雨月 200605  
土筆摘む伊勢街道の川堤 鵜飼紫生 雨月 200605  
大和三山宮址広場に土筆摘む 近藤豊子 雨月 200605  
土筆野を来て水門を開きけり 大串章 百鳥 200605  
ポンプ小屋土手の土筆の囲繞せり 定梶じょう あを 200605  
あるときの犬が跨ぎし土筆かな 淵脇護 河鹿 200606  
土筆摘み土手よりあふぐ男山 杉本綾 200606  
薹立ちし土筆ぽわんとけむり吐く 久染康子 200606  
土筆野やひよこひよこたんと里鴉 奥秋義貫 遠嶺 200606  
己が身を屈め土筆と親しめり 村越化石 200606  
蕗の薹土筆を添へて鉢植ゑす 水谷芳子 雨月 200606  
へろへろと観賞園に土筆生ふ 大石喜美子 雨月 200606  
土筆むく卒寿の母の手を見つむ 師岡洋子 ぐろっけ 200606  
石の前一列並ぶ土筆あり 阿部文子 酸漿 200606  
古備の野に摘み戻りしを土筆和 小林紗智子 200606  
此の世へは袴を佩きて土筆出づ 蔦三郎 ホトトギス 200607  
土筆摘み地のぬくみを摘みにけり 城孝子 火星 200607  
川辺りの土筆つんつんうす曇り 酒井美津 遠嶺 200607  
土筆和目を閉ぢて野をいとほしむ 岸本久栄 雨月 200607  
土筆摘むときにも生まれ力瘤 松下道臣 まんまる 200607  
噴泉のかたへの土筆高く伸ぶ 金居欽一 万象 200608  
叱る声うしろにありて土筆の野 坂口夫佐子 火星 200609  
土筆出てなるべく湖近く坐す 松本鷹根 京鹿子 200701  
彼方まで土筆追ひ行く子等滲む 中島玉五郎 200704  
雨は嫌ひと土筆つんつん兵馬桶 大島翠木 200705  
土筆生ふ畦に凹凸見えにけり 清水幸治 200705  
離陸待ちの翼の影の土筆かな 宮津昭彦 200705  
子はとうに飽いてゐるなり土筆摘 小林朱夏 200705  
今はもう数え切れないほど土筆 貝森光洋 六花 200705  
土筆煮て枝葉末節気にかけず 田中藤穂 あを 200705  
あはき日の土筆の影のそろひたる 岡部名保子 馬醉木 200706  
土筆摘子の声遠くなりゆけり 山口順子 馬醉木 200706  
満ち足りし思ひ土筆の袴取る 小宮山勇 遠嶺 200706  
土筆野の真中に祈る人立てり 村越化石 200706  
土筆野の上に陽の道ありにけり 村越化石 200706  
土筆野に兎の道もありぬべし 村越化石 200706  
頑是なき青きつむりの土筆摘む 落合由季女 雨月 200706  
幼霊の墓畔の土筆摘み残す 禰寝瓶史 京鹿子 200706  
縄文の野にゐる心地土筆摘 辰巳比呂史 200707  
土筆野に少し離れて昼餉の座 佐藤雄二 万象 200707  
草の色にまぎれうぶうぶ土筆生ふ 東野鈴子 雨月 200707  
金色の草にまぎれし土筆摘み 中野京子 翁草 200710  
爪切って土筆の袴取りにくし 大滝香釈 八千草 200710  
土筆摘み来し手間のこと考へず 稲畑汀子 ホトトギス 200803  
風強き日よ土筆摘む野の起伏 稲畑汀子 ホトトギス 200803  
城跡の土より出でし土筆かな 山田六甲 六花 200803  
土筆野ににこにこと母すわりたる 石脇みはる 200804  
土筆野や影どこまでも付いてくる 小林朱夏 200804  
土筆ん坊何より先にランドセル 森理和 あを 200804  
名刹の参道それて土筆かな 吉沢陽子 200805  
一つありて数のふえゆく土筆かな 布村松景 春燈 200805  
土筆野のひろがる空の有馬富士 博多永楽 雨月 200805  
育ちたる土筆ひとむら鉢の中 桑久保奈美子 酸漿 200805  
土筆めしありし日の母憶ひけり 河本利一 200806  
庭園を囲む生垣土筆生ふ 吉沢陽子 200806  
自転車を土手に転がし土筆摘む 柿沼盟子 風土 200806  
あたりまへのやうに土筆を摘みにけり 荒井和昭 200806  
椀種に土筆ありけり昼御膳 岡和絵 火星 200806  
土筆摘む背中眠たくなりにけり 蘭定かず子 火星 200806  
詩心湧くやもと摘む土筆なり 山本漾子 雨月 200806  
うぶすなへつづく畦道土筆生ふ 田所洋子 雨月 200806  
土筆野はひとすぢ山陽古道とす 豊田都峰 京鹿子 200806  
野の神の一番さきに土筆の子 伊藤希眸 京鹿子 200806  
幼らに声かけつつの土筆摘 青木政江 酸漿 200806  
越えられぬ水路や土筆よく伸びて 青木陽子 酸漿 200806  
土筆摘む土手に遠富士遠浅間 中村則夫 やぶれ傘 200806  
入漁券要と立て札土筆摘む 根橋宏次 やぶれ傘 200806  
進むより退りて土筆摘みにけり 大島英昭 やぶれ傘 200806  
土筆摘むだけの縁の里にをり きくちきみえ やぶれ傘 200806  
古ゆいのちつなぎて土筆長け 稲岡長 ホトトギス 200807  
袴とんだり土筆のヌーデイスト倶楽部 瀬川公馨 200807  
摘むはずの土筆帰路には摘まれをり 田村園子 200807  
康成のゆかりの土筆摘までおく 田所洋子 雨月 200807  
土筆摘む人あり古道歩く会 中里信司 酸漿 200807  
土筆摘たがひの故郷語りつつ 設楽唱子 酸漿 200807  
軒先に農薬なしと土筆売る 川合まさお ぐろっけ 200807  
花粉症はげし土筆のそれにさへ 山田夏子 雨月 200807  
土筆摘む鉄橋のある町に住み 寺島京子 200808  
かりかりと空揚げかろき土筆の穂 稲岡長 ホトトギス 200808  
ネッカチーフに包む土筆のさむき色 瀧春一 深林 200901  
土筆枯色日輪水に炎なす 瀧春一 深林 200901  
靴下に土筆を詰めて戻りけり 山田六甲 六花 200904  
左手に鎌を遊ばせ土筆摘む 山田六甲 六花 200904  
野遊の弁当にある土筆かな 山田六甲 六花 200904  
せせらぎを跳びて園児ら土筆摘む 岡佳代子 200905  
鉄塔に引つかかる雲土筆摘む 中嶋憲武 炎環 200905  
土筆野に摘み敵来てはかどれり 能村研三 200905  
無器用に生きて幸せ土筆摘む 池田加寿子 200906  
やりとりの話はずみし土筆かな 石脇みはる 200906  
話しつつ土筆の袴むいてをり 谷村幸子 200906  
しりとりをしつつ土筆の袴取る 田所節子 200906  
随順の土筆摘む約思ひ出す 荒井和昭 200906  
風の吹く牧のうちそと土筆生ふ 須藤美智子 風土 200906  
飯事のやうな暮しに土筆摘む 上田幸夫 ぐろっけ 200906  
俳諧に逃るる孤独土筆つむ 柴田良二 雨月 200906  
土筆長け袴の威儀のうすれたる 丸尾和子 雨月 200906  
蓬摘む人に土筆を分けにけり 浅嶋肇 やぶれ傘 200906  
予後なればスロースローよ土筆摘む 野中啓子 200907  
むらさきに土筆煮上がる誰か来る 関根誠子 炎環 200907  
一人降り土筆野へ人すぐ散りぬ 仙石君子 雨月 200907  
土筆ふむ三十六峰の端に来て 丸山佳子 京鹿子 200907  
花人を離れてひとり土筆摘む 大坪景章 万象 200907  
私有地と木札の下がる土筆畑 濱田ヒチヱ ぐろっけ 200907  
中空を風音過ぐる土筆摘 谷口芳江 200907  
子と摘みし土筆のありて夕餉膳 冨田君代 酸漿 200907  
試歩の道土筆出でたる声に逢ひ 高木千鶴子 酸漿 200907  
子に見せる程の土筆を摘みにけり 上田恵美子 馬醉木 200908  
少年のその後聞かざり土筆摘む 大島節子 200908  
廃線のレール伝ひに土筆摘む 久永つう 六花 200909  
さりげなき心遣や土筆煮て 田宮勝代 酸漿 200909  
店閉めて土筆の原の残さるる 稲畑汀子 ホトトギス 201003  
見えて来し土筆野の果なかりけり 稲畑汀子 ホトトギス 201003  
星を恋ふ土筆の丈でありにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201003  
一本といふ土筆野のプレリュード 稲畑廣太郎 ホトトギス 201003  
燧道を仰がば土筆数多なり ことり 六花 201003  
黒米の飯はむらさき土筆和 坂上香菜 201004  
土筆摘む独りに時を告ぐる鐘 小林朱夏 201004  
意気壮んなり短寸の土筆どち 中島和昭 春燈 201004  
わが土筆盗掘したる奴は誰 中島和昭 春燈 201004  
土筆野にカメラ持参の先客あり 中島和昭 春燈 201004  
摘み切れぬほどの土筆に至福感 中川すみ子 201005  
父と娘とそれぞれの手に土筆かな 鈴木阿久 201005  
土筆野に測量杭の真赤つか 松葉よし江 201005  
土筆伸ぶ職種は無職しか書けず 丸井巴水 京鹿子 201005  
土筆摘みゐて万葉乙女にはあらず 西川保子 春燈 201005  
いただけり一箸づつの土筆和 神蔵器 風土 201005  
あちこちの土筆の数ほど野に仏 近藤幸三郎 風土 201005  
畦焼きのあとに芽を出す土筆かな 南奉栄蓮 風土 201005  
枕木の匂ひも少し土筆摘む 高倉和子 201005  
日の中に屈む土筆の高さまで 市村健夫 馬醉木 201006  
土筆煮てふるさと遠くなるばかり 窪田粧子 馬醉木 201006  
土筆野の鎮守の神の百度石 川崎利子 201006  
手に土筆上着はランドセルの上 椿和枝 201006  
馬の背に土筆踏みゆく暫くは 安藤久美子 やぶれ傘 201006  
焼野原たりし地に土筆めくタワー 辻美奈子 201006  
土筆摘む内緒内緒のひとり言 東野鈴子 雨月 201006  
やや闌けしものも混じりて土筆摘 大崎ナツミ 雨月 201006  
夜に入りて雨や土筆の袴取る 大崎ナツミ 雨月 201006  
上戸ゐて下戸ゐて土筆の辛子和 大崎ナツミ 雨月 201006 土筆→4

 

 

2014年4月15日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。