土 筆 1    100句

まゝごとの飯もおさいも土筆かな  星野立子  立子句集

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
園児等の鼓笛に土筆もう出頃 笠原ひろむ 199805  
土筆摘む土塁に合戦攻防図 神蔵器 風土 199806 山中城趾
甲冑の草摺の音土筆摘む 神蔵器 風土 199806  
子規堂の土筆の丈の揃ひゐし 城孝子 火星 199806  
過去帳の重くなる寺土筆ん坊 保坂加津夫 会者定離 199900  
土筆摘む武田騎馬隊潰えし野 柴田良二 雨月 199901  
野の名残とどめて庭の土筆かな 稲畑汀子 ホトトギス 199903  
愛液はひっそり土筆野照るばかり 高桑聡 船団 199903  
土筆煮て夜の到來を待つてゐる 中原道夫 銀化 199904  
一輛の電車過ぎたる土筆かな 根岸善雄 馬醉木 199905  
国原の一隅にして土筆摘む 石川多歌司 円虹 199905  
頼朝の墓の廻りの土筆摘 野澤あき 火星 199905  
そのかみの采女の摘みし土筆かな 夏秋秋子 ヒッポ千番地 199905  
さてどうしやう掌中のつくしんぼ 山仲英子 199906  
土筆探るまでを分別くさき顏 中原道夫 銀化 199906 津輕今別驛前
スカートの丈が気になるつくしんぼ 新井竜才 銀化 199906  
つくしんぼくすぐったい程他人でいる 芹沢愛子 海程 199907  
土筆摘む父に乞はれてゐるごとく 冨田正吉 199907  
つくしんぼう根っこの方に笑い声 北原武巳 船団 199909  
反抗期土筆摘みとる園児にも 甲田夏湖 船団 199909  
亡き母のこゑ宙返り土筆かな 三神あすか ヒッポ千番地 199910  
土筆の茎人肌いろに透きとほり 能村登四郎 芒種 199911  
牛小屋を牛が抜け出しつくしんぼ 田中藤穂 水瓶座 200002  
本物の土筆と聞いて覗く籠 稲畑汀子 ホトトギス 200003  
剣豪は長者の血筋初つくし 鈴風仁 京鹿子 200004  
つくしんぼ呆けて俳句忘れをり 熊谷みどり いろり 200004  
近江富土土筆の色が出揃ひぬ 堀義志郎 火星 200005  
みちのくの袴短き土筆摘む 神蔵器 風土 200005  
土筆煮る確定申告書き了へて 浜口恵以子 風土 200005  
土筆野の電柱を靄はなれけり 西田美智子 200005  
野蒜摘む土筆があれば土筆摘み 大橋敦子 雨月 200005  
土筆摘み玉子とぢなと楽しまむ 大橋敦子 雨月 200005  
一族に滅ぼされたるのち土筆 中原道夫 銀化 200005  
駅名の棒のごとくやつくしん坊 保坂さよ いろり 200005  
陽を分けてつくしの籠のかろきかな 肥后潤子 遠嶺 200006  
土筆野や口笛が嘘ついてをり 高橋芳子 火星 200006  
亡き母の齢超えたり土筆摘む 久保龍 200006  
雨に伸びつくしんぼうの五寸かな 大橋敦子 雨月 200006  
雨の中余呉の土筆の背高な 大橋敦子 雨月 200006  
おっとりと頭揃えて土筆かな 中野辰子 いろり 200006  
畦濡れて袴被りし土筆の子 木内美保子 六花 200006  
掌中の土筆まつすぐ暮るるなり 森麟 銀化 200006  
立たされてつくしとなりぬ廊下の子 川名将義 銀化 200006  
姉妹縄張り決めて土筆摘む 堤節子 ぐろっけ 200006  
吾が影の中の土筆やわれのもの 副島いみ子 ホトトギス 200007  
かばかりの土筆や足を棒にして 副島いみ子 ホトトギス 200007  
土筆野に屈む童心摘む童心 木暮陶句郎 ホトトギス 200007  
見つけたる指と土筆の先触るる 木暮陶句郎 ホトトギス 200007  
土筆摘みし爪に命のひとしづく 木暮陶句郎 ホトトギス 200007  
土筆立つ皆宇宙へと発つ構へ 蔦三郎 ホトトギス 200007  
同じ山今日も見てゐてつくしんぼ 木村伊都子 遠嶺 200007  
少年の見つけては蹴るつくしんぼ 藤田宏 200007  
川へ身を傾げて下りるつくしんぼ 田口俊子 200007  
幼な児の駆け寄ってつむ土筆んぼ 福田みさを いろり 200007  
書道展出てつくしんぼ摘んでいる 北原武巳 船団 200007  
幼児の摘むことおぼえつくしんぼ 三嶋八千穂 ぐろっけ 200007  
人はみなふるさとを持ち土筆摘む 柏井幸子 円虹 200008  
筆ペンに穂先はありやつくしんぼう 日吉わたる 船団 200008  
枕木に合はぬ歩幅や土筆摘 塩路隆子 精鋭選集 200008  
結んで開いて伸びきってつくしんぼ ふけとしこ 船団 200011  
約束の土筆煮作る魚座かな 芳野ヒロユキ 船団 200011  
子が摘みし土筆十指に収まらず 栢森定男 あを 200103  
皆の手が伸びて土筆の袴取る 稲畑汀子 ホトトギス 200104  
土筆にも仙台平の袴擦れ 品川鈴子 船出 200104  
蝶結びふんはり出来てつくしんぼ 栗山よし子 馬醉木 200105  
つくしんぼ大地の寸語かも知れぬ 鷹羽狩行 200105  
風と陽のおしやべり聴いてゐる土筆 小澤克己 遠嶺 200105  
悩み事多くて土筆足らざりき 森麟 銀化 200105  
さきはひのかほどと思ふつくしんぼ 行方克巳 知音 200105  
衣川に武将の貌のつくしんぼ 小林共代 風土 200106  
雛送るつくし踏んづけゐたりけり 奥田節子 火星 200106  
妹の見舞土筆の二三本 伊藤多恵子 火星 200106  
筆ペンと土筆置きある芳名簿 松本恭昴 火星 200106  
嫁に書く郷の便りや土筆和 武政礼子 雨月 200106  
払田棚の棚ありし辺の土筆摘む 小堀眞由美 200106  
呆気なる土筆見ている誕生日 関口ゆき あを 200106  
こつちにも土筆てんつくてんつくつ 久保夢女 200107  
風の野に約束の如土筆生ふ 稲岡長 ホトトギス 200107  
土筆摘む笊一杯に唯摘みし 川崎不坐 火星 200107  
南朝の悲史を心に土筆摘む 玉置かよ子 雨月 200107  
幼くてうすくれなゐの土筆の頭 玉置かよ子 雨月 200107  
土筆野の碑離宮跡とのみ 鎌田篤 雨月 200107  
寄り添ふて一本づつの土筆ん坊 熊谷みどり いろり 200107  
土筆煮て戦後のひと日思ふなり 熊谷みどり いろり 200107  
あわてんぼこの指止まれつくしんぼ 秋野火耕 船団 200107  
一本の唯我独尊つくしんぼ 秋野火耕 船団 200107  
新弟子はまわしばかりのつくしんぼ 秋野火耕 船団 200107  
みいつけた明日はルンルンつくしんぼ 秋野火耕 船団 200107  
つくし野や跡形もなき立志伝 武田菜美 銀化 200107  
ほろにがき味をかみしめ土筆食む 早崎泰江 あを 200107  
売れ残る方寸の地に土筆伸ぶ 岸はじめ ぐろっけ 200107  
つくしんぼ犬嗅ぎあてて三四本 尼嵜太一郎 ぐろっけ 200107  
目の前の大雪渓や土筆摘む 武井美代子 風土 200108  
世迷い言つくし三本買いました 田中俊弥 船団 200110  
どの顔も昔のままのつくしんぼ 中本憲巳 200111  
よく見れば土筆寄せ植ゑありて籠 稲畑汀子 ホトトギス 200203  
丈高き水辺の土筆摘みはじむ 島谷征良 風土 200203  
先達に遅れ土筆となりにけり 中原道夫 銀化 200204  
土筆まだ出さうな空を展げやる 中原道夫 銀化 200204  
待ちぼうけの味とはかくも土筆和へ 山野みどり 銀化 200204 土筆 →2

 

2020年3月23日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。