月見草 1  100句

妹が手をふるれば開く月見草   高浜虚子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
月見草夜々咲くを夜々撮りにけり 松崎鉄之介 199808  
てふてふの頤を見たり月見草 水野恒彦 199810  
君いかに居ても立つても月見草 菊池和子 京鹿子 199901  
月見草人魚に逢いに行ったきり 今城知子 船団 199902  
月見草胸の高さにひらきけり 西村和子 火星 199905  
一斉に咲く一花づつ月見草 稲畑汀子 ホトトギス 199907  
月見草夕べは文字のない詩集 穴澤光江 花菜風 199907  
鰡飛んで黄昏ながし月見草 岩上登代 春耕 199908  
拾ひ来し蛸壺に咲く月見草 麻生當子 199909  
月見草話しゐて人遠きかな 岡本眸 199909  
月見草触れきて朝の風となる 柏井幸子 円虹 199910  
人知れず咲きて人呼ぶ月見草 中村芳子 ホトトギス 199911  
月の出を待つにしづもり月見草 遠藤若狭男 199912  
振りむけば月を背に咲く月見草 原静寿 酸漿 199912  
今日果てし野辺のいのちへ月見草 遠藤タミ子 京鹿子 199912  
月見草ディープキスなど嫌ですわ 三池泉 船団 199912  
月見草見てゐて誰か来る気配 小林希世子 199912  
月見草誰かが人を呼んでゐる 田中藤穂 水瓶座 200002  
砥の色の道が一すぢ月見草 田中藤穂 水瓶座 200002  
長居して寺門に月見草ひらく 田中藤穂 水瓶座 200002  
午後九時は宵の口なり月見草 稲畑廣太郎 ホトトギス 200007  
一と砂丘合歡一と砂丘月見草 大橋櫻坡子 雨月 200007  
思ひ出をたぐりつつ咲け月見草 阿部ひろし 酸漿 200007  
海軍病院ありしところに月見草 川島真砂夫 200009  
長汀はかすかに撓み月見草 中村堯子 銀化 200009  
月見草咲いて濁世の出入口 下村志津子 銀化 200009  
川幅の広さのありぬ月見草 渋谷ひろ子 酸漿 200010  
月見草恋を語りし日の思ひ 福田みさを いろり 200010  
月見草開く力の満つつあり 稲岡長 ホトトギス 200012  
月見草ぽんぽんたたく雨となる 渡部ひとみ 船団 200102  
青信号海まで続く月見草 星野早苗 船団 200103  
大好きな月見草にて犬尿る 泉田秋硯 月に逢ふ 200103  
シーサイドホテルそこより月見草 小林あつ子 火星 200104  
月見草今宵の花を蔵す原 稲畑汀子 ホトトギス 200105  
君逝きし真夜中の庭月見草 松崎鉄之介 200107  
高原の夜の静けさ月見草 稲畑汀子 ホトトギス 200108  
知つてゐる山路迷ひぬ月見草 稲畑汀子 ホトトギス 200108  
月見草遥かで人を呼ぶ声が 田中英子 火星 200108  
日の没りてより眩しかる月見草 浅井青二 雨月 200108  
信号を狸が通る月見草 酒井多加子 俳句通信 200108  
月見草岬は風の立ちやすく 押切安代 200109  
再会の胸にともる灯月見草 重高湧子 遠嶺 200109  
月見草ほのかに立てる闇夜かな 青木政江 酸漿 200109  
月見草開通見込みなき鉄路 魚井満里子 百鳥 200109  
月見草一滴拒まざる大河 森麟 銀化 200109  
月見草ダム見学の足もとに 木戸波留子 いろり 200109  
月見草小犬走らす丘の上 柴田美佐子 いろり 200109  
山深き風に触れつつ月見草 寺田善樹 風土 200110  
仮縫ひのままで咲いてる月見草 松田都青 京鹿子 200110  
月見草父母ありし日の山と川 三枝邦光 ぐろっけ 200110  
月見草母は静かに老いにけり 宮倉浅子 遠嶺 200111  
川風に開く烏城の月見草 岡野峯代 ぐろっけ 200111  
月見草蛇行をせねば川とせず 中原道夫 銀化 200112  
辿り来て大きなダムと月見草 水上博子 船団 200112  
月見草ほどほどに母薄れきし 荒川美邦 京鹿子 200201  
月見草咲けば灯りし定時校 小島左京 ホトトギス 200202  
月見草目下大リーグに夢中 稲畑廣太郎 ホトトギス 200207  
柵のない水辺をあるく月見草 竹内弘子 あを 200207  
伊吹山の道のはじまる月見草 山尾玉藻 火星 200207  
海を恋ふ琉球月見草の名に 熊岡俊子 雨月 200207  
夜明けつつ庭繚乱や月見草 阿部ひろし 酸漿 200207  
月見草潮の匂の少女過ぐ 西村博子 馬醉木 200208  
月見草むかしも今もなぜか裏 江倉京子 あを 200208  
乱の字を深く刻むや月見草 小田道知 円虹 200209  
月見草朝を惜しめり高尾口 阿部ひろし 酸漿 200209  
嘶きのまだ母恋ふか月見草 益本三知子 馬醉木 200210  
月見草待てど還らぬ人待てり 小野あゆみ 銀化 200210  
フビライの牧の名残や月見草 金山藤之助 200211  
月見草はなやかなりし母のこと 沼田巴字 京鹿子 200211  
月見草この道ゆかば海ならむ 清水晃子 遠嶺 200211  
月見草開くまで待つ帰り道 小野れい子 六花 200211  
月見草犬さきだてて瀧の径 芝尚子 あを 200211  
出棺の方舟となり月見草 男波弘志 200212  
ミシン音ようやく止みて月見草 陶山泰子 ぐろっけ 200212  
長汀の撓みかすかに月見草 長井順子 200302  
五十年前の語り部月見草 稲畑廣太郎 ホトトギス 200302  
岳麓の夕風荒し月見草 稲畑汀子 ホトトギス 200307  
高原に咲く刻々の月見草 稲畑汀子 ホトトギス 200307  
おもむろに花弁ひらきぬ月見草 村田文一 遠嶺 200309  
月見草高速道に咲き沿ひし 吉川ハマ子 築港 200309  
月見草廃船伏せし古港 吉川ハマ子 築港 200309  
千曲川の闇ひしひしと月見草 宮入河童 200311  
空になほ入り日のなごり月見草 谷和子 200311  
けだるげの夢二の女月見草 大橋敦子 雨月 200311  
昼を咲き夢二旧居の月見草 大橋敦子 雨月 200311  
道具屋に古き薬研や月見草 水田清子 200311  
夕暮の千曲川になびく月見草 水田清子 200311  
月見草終電待ちて萎み初む 中田寿子 ぐろっけ 200311  
星空や天までとどけ月見草 高見澄子 200312  
かばかりの水仕に倦めり月見草 糸井芳子 200312  
月齢を一つふやして月見草 庄中健吉 200402  
月なき夜二十五個咲く月見草 松崎鉄之介 200407  
月見草手繰りて重きゴムホース 岡本眸 200407  
大祖の墓地月見草まで太し 宮崎すみ 対岸 200407  
月見草手毬の里をたづねけり 水田清子 200408  
北壁が見えてスイスの月見草 福井隆子 対岸 200409  
鳴き砂の音きはやかに月見草 志水芳秀 京鹿子 200409  
色町に灯のほつほつと月見草 高野清風 京鹿子 200409  
雨兆す風に揺れをり月見草 竪ヤエ子 京鹿子 200409  
月見草こころゆくまで庭に咲く 阿部ひろし 酸漿 200409 月見草 →2

 

2014年7月19日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。