月 14     100句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
月さやかハープ奏者の細き指 山口ひろよ 201301  
遠灘に月のぼりゆく墨衣 栗栖恵通子 201301  
不動の面目を凝らすなり月光す 本多俊子 201301  
月光やくびれ忘れし青ふくべ 谷村幸子 201301  
夕月夜土にまだ日のある匂ひ 久保東海司 201301  
妻見舞ふ月皓々と病の窓 渡辺安酔 201301  
猫が来る月夜の歴史館の塀 藤井美晴 やぶれ傘 201301  
月光が『マルドロールの歌』に来る 藤井美晴 やぶれ傘 201301  
月を待つなら重口のワインなど 大川ゆかり 201301  
月光をたつぷり浴びて猫戻る 大川ゆかり 201301  
眼光鋭き月光に見えたり 細川洋子 201301  
月明にすこし拗ねたる三輪車 林昭太郎 201301  
月光のすすきが原は分けもせず 豊田都峰 京鹿子 201301  
密書との赤い印字や月の暈 鈴鹿けい子 京鹿子 201301  
石見半紙のざらつく面暈の月 鈴鹿けい子 京鹿子 201301  
新刊書月のあかりの差すあたり 高木晶子 京鹿子 201301  
猫とわれ道ゆづりあふ月夜かな 飛高隆夫 万象 201301  
潮騒の夕月隠れやすきかな 前田貴美子 万象 201301  
水際を照らす月光生と死と 古俣万里 ろんど 201301  
少年の前に壁ある月夜かな 田中一美 ろんど 201301  
月白やひそと媼の身罷るる 大西よしき ろんど 201301  
月光の野に座すごとく床に座す 古川忠利 ろんど 201301  
街を出る橋を揺らすは月光か 古川忠利 ろんど 201301  
身繕ふ水輪ひろごる月の鴨 すずき巴里 ろんど 201301  
天心の月へ跳びけり猫の胴 坂口夫佐子 火星 201301  
蛇の皮枝に垂れゐて月を恋ふ 浜口高子 火星 201301  
月の鳰になりたく鳰の潜きけり 城孝子 火星 201301  
塀の上を鼬一気に月明り 松井倫子 火星 201301  
月代やタイ舞踊めく松の枝 松井倫子 火星 201301  
棲みついて烏鵲つぶやく月の杜 井上淳子 火星 201301  
月光を踏みゆきにけり僧の列 西村節子 火星 201301  
萱原の道途切れゐし昼の月 西村節子 火星 201301  
月白の川に迫り出すカフェテラス 藤本千鶴子 火星 201301  
想ひただ一言のみに片割月 福島松子 ぐろっけ 201301  
月照らす刃物の町をすり抜ける 荒木治代 ぐろっけ 201301  
我が末路如何なるものか月に問う 樋口正輝 ぐろっけ 201301  
ミシン踏む音しづかなり月の窓 福島悠紀 ぐろっけ 201301  
潮騒の昂ぶる闇や月の海 中野久雄 末黒野 201301  
すれちがふ人の残り香月の道 中野久雄 末黒野 201301  
層塔にかかりて淡き明けの月 青木由芙 末黒野 201301  
月を背に少年駈くる渚かな 青木由芙 末黒野 201301  
夕月や雲の切れ端かと思ふ 志方章子 六花 201301  
入院を明日にひかへて月さやか 志方章子 六花 201301  
堂縁に法の灯明り月を待つ 寺岡ひろし 雨月 201301  
病窓の角より月の昇りけり 田代貞枝 201301  
横笛の指に月光走りけり 原友子 201301  
月満ちて家ぬち広くなりにけり 安武晨子 201301  
右側は月光の窓今日も臥す 神谷耕輔 201301  
月白の川かぜ土手をわたりけり 大崎紀夫 やぶれ傘 201301  
夕月と車窓に見しが消えてをり 稲岡長 ホトトギス 201302  
月光もすべり込ませて投函す 杉本綾 201302  
月あれば酒酒あれば句敵来 内山花葉 201302  
白雲を恵方へ流し夜明月 鈴鹿仁 京鹿子 201302  
月ひとつ大家族にも独りにも 田中一美 ろんど 201302  
船笛や名残の月の見え隠れ 川村亘子 末黒野 201302  
無音なるビルの合間を登る月 梁瀬照恵 ぐろっけ 201302  
残業の会社を出れば月明り 秋田直己 ぐろっけ 201302  
月光をペルシアの杯にあふれしむ 近藤紀子 201302  
月燦々と傷心の自然治癒 山口ひろよ 201302  
灯火三千月ひとつ星ひとつ 山口ひろよ 201302  
梟の目をまるくせり月に蝕 定梶じょう あを 201302  
掘りあげし子芋を月に供へけり 中村則夫 やぶれ傘 201302  
この月と共に退りて帰郷せん 安原葉 ホトトギス 201303  
須磨の月仰ぎ源氏の君気分 大久保白村 ホトトギス 201303  
見えんと思ふ心に月育つ 藤浦昭代 ホトトギス 201303  
足跡に月明溜まる猪のぬた 米澤光子 火星 201303  
月影に公園猫の目が八つ 吉田和子 ぐろっけ 201303  
玻璃越しに月影凍つる吾がベッド 秋田直己 ぐろっけ 201303  
人として猫として月夜を歩く 火箱ひろ 船団 201304  
月照らす窓に中也と泰子の日 火箱ひろ 船団 201304  
月を描くヒゲを付けたくなって描く 静誠司 船団 201304  
天窓の桟を洩れくる月明かり 斉藤マキ子 末黒野 201304  
半分こお合いこ月の月島に 高橋龍 201304  
ロゼワイン夕月に酌む下ごころ 鈴鹿百合子 猫贔屓 201305  
月煌々生一き方変へるつもりなし 鈴鹿百合子 猫贔屓 201305  
月の夜の打明けばなし猫嗤ふ 鈴鹿百合子 猫贔屓 201305  
万太郎忌の月を高しと仰ぎけり 上山永晃 鶴翼 201305  
漁火の向かう大きな月出づる 亀田やす子 ははのこゑ 201306  
ビルの窓より下弦の月を眺めをり 北村香朗 京鹿子 201306  
幾万の月光ひとひらづつ浴びる 水野恒彦 夢寐 201306  
出発を見送るホーム夕月夜 岡野安雅 かさね 201310
糸ほどの月上りたる鵜の礁 玉田瑞穂 万象 201310  
櫓を上げて月の雫のこぼれけり 山田六甲 六花 201310  
磨かれし廊下月光走り来る あさなが捷 201310  
篁の朽ちゆくものに月の影 浜口高子 火星 201310  
食べ頃は月光に聴けラフランス 広渡敬雄 201310  
買ひ戻る草市のみち月の路 安立公彦 春燈 201310  
押鮨の笹ほどきあふ月の宴 山田六甲 六花 201310  
佐渡情話流るる月の出船かな 山田六甲 六花 201310  
衛星の月に地球と他人説 安居正浩 201310  
月の夜の水母になりて漂はむ 松本周二 かさね 201310  
一考の書が満月に呼応せり 田中貞雄 ろんど 201310  
中天の満月目指しヘリコプター 青木英林 かさね 201311  
沢蟹の遠出に月の畑かな 宇都宮敦子 201311  
ある夜の月金木犀銀木犀 神蔵器 風土 201311  
月明の砂丘を奔る砂の音 近藤幸三郎 風土 201311  
月読の山にこころを放つ秋 千田百里 201311  
月太るビル屋上を台座とし 甲州千草 201311  
月光の帯にて我を束ねたき 吉田希望 201311  
月の渡御金の稚児武者従へて 松岡凌 201311  
鬼天狗河童もゐたり月の客 高橋将夫 201311  
甦る遊びに影踏み月の夜 大日向幸江 あを 201311  
しばらくは月のうさぎを仰ぎけり 藤井美晴 やぶれ傘 201311  
柴漬を揚げ月影を毀ちけり 浜口高子 火星 201311  
夜中までをりたかりけり月みたし ことり 六花 201311  
樹は腕を伸ばし放題月の夜 吉田葎 201311  
首長く月待つ姿女郎花 鈴木阿久 201311  
溪声の紫菀月夜と思ひけり コ田千鶴子 馬醉木 201311  
施餓鬼寺月影杉に縞となす 石崎浄 風土 201311  
月代やまぼろしを産む用意して 有松洋子 201311  
甲斐駒を木曽へ乗り替へ伊那の月 池内とほる かさね 201311  
むら雲に月の幽明音のなし 松川悠乃 ろんど 201311  
月天心救急サイレン遠ざかる 山本孝夫 201312  
釣り暮れて月の影踏み戻りけり 布村松景 春燈 201312  
これからの一人諾なふ月明り 数長藤代 201312  
鯉跳ねし水輪を月に拡げゆく 金森教子 雨月 201312  
仲見世を出てから月の夜と知りぬ 瀧春一 花石榴 201312  
中天の月をこころに眠りけり 宇都宮敦子 201312  
置き換へてみてもひとりの月の椅子 土屋草子 ろんど 201312  
地震走りけり月光の降りやまず 辻美奈子 201312  
源氏絵の紙燭ゆらめく月の道 田中珠生 馬醉木 201312  
月明を行く白杖の矜恃かな 山崎青史 ろんど 201312  
月明や波打際にある旅愁 黒滝志麻子 末黒野 201312  
月明の木を離れたる木霊かな 熊川暁子 201312  
月天心「風」の一字を帯に染め 浅木ノヱ 春燈 201312  
月代や男流しのひとりゆく 浅木ノヱ 春燈 201312 月 →15

2016年11月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。


 

2019年10月22日