唐辛子 1    100句

蕃椒横むいたのはなかりけり   正岡子規   寒山枯木

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
秦嶺越え四川へ運ぶ唐辛子 松崎鉄之介 199811  
唐辛子赤く息づく韓の家 皆川盤水 春耕 199811  
窯元の梁のくらみに唐辛子 皆川盤水 春耕 199811  
ひとり居の魔除のやうな唐辛子 野口光枝 高籬 199812  
ふるさとの風の色なる唐辛子 神蔵器 風土 199901  
唐辛子一呼吸おくへそ曲り 菊池和子 京鹿子 199901  
すばらしき仲間七色唐辛子 望月美子 遠嶺 199902  
原色の放つ騒音唐辛子 小枝恵美子 船団 199903  
指さきに恥の集まる唐辛子 藤田守啓 船団 199903  
唐辛子揺るるは山姥触りしか 金國久子 青葉潮 199907  
目隠しの無い国へ発つ唐辛子 吉田透思朗 海程 199909  
唐辛子たかわなれども人見えず 松沢久子 いろり 199910  
唐辛子の程を忘れし緋は憎し 丸山海道 丸山海道全句集 199910  
唐辛子日を照り返す韓の庭 岸恒雄 春耕 199910  
軒下に枯れきる里の唐辛子 石丸弥平 春耕 199911  
唐辛子きんぴら牛蒡に入れ過ぎて 熊谷みどり いろり 199911  
唐辛子赤き刃が天を刺し 関根洋子 風土 199911  
牛小屋に大束で吊る唐辛子 西川よし子 春耕 199912  
広げ干す日差ちりちり唐辛子 中田ゑみこ 馬醉木 199912  
荒畑に色を尖らす唐辛子 頓所友枝 199912  
生か死か知らぬが佛唐辛子 近藤憙治 船団 199912  
屋根に道に唐辛子干す莚かな 江木紀子 雨月 200001  
日の神を斎ける里の鷹の爪 大橋敦子 雨月 200001 丹波元伊勢
潮風に染みし番屋の唐辛子 安原ときこ 遠嶺 200002  
唐辛子干したる家の真くらがり 吉井幸子 200002  
唐辛子吊れば軒場に風をどる 新井田操 酸漿 200002  
余すなく緋をつらぬきし唐辛子 重高涌子 遠嶺 200002  
乾びても根性のいる唐辛子 島田尚子 馬醉木 200004  
石段に石の大小唐辛子 荻野美佐子 船団 200006  
空の色日に日に澄んで唐辛子 柏井幸子 円虹 200008  
あつけなく青の抜けたる唐辛子 桑田真佐子 200010  
唐辛子飾るつもりで貰ひけり 水谷ひさえ 六花 200011  
唐辛子干し原点をかへりみる 小澤克己 遠嶺 200012  
唐辛子熟れて雄鶏胸を張る 松宮幹彦 俳句通信 200012  
唐辛子絶えず発信してをりぬ 岡崎るり子 銀化 200012  
唐辛子紆余曲折は常のごと 岩垣子鹿 円虹 200012  
夕映の畑に際だつ唐辛子 西川よし子 春耕 200012  
いちにちのうらに日あたる唐辛子 彌榮浩樹 銀化 200101  
寺の猫痩身唐辛子は赤し 林唯夫 海程 200101  
唐辛子からかはれゐるたのしさの 杉浦典子 火星 200101  
唐辛子彩よく乾せる水車守 御子柴光子 春耕 200101  
唐辛子真っ赤に日射飛んで来る 江木紀子 雨月 200101  
唐辛子運河を丸太曳かれ出づ 木曽岳風子 六花 200109  
犬の掻く柱ささくれ唐辛子 山田六甲 六花 200110  
浜名湖のよく見える日の唐辛子 大平保子 いろり 200110  
干涸びてからが本領唐辛子 暮岸江 銀化 200111  
故山にはささめごとあり唐辛子 堀川夏子 銀化 200111  
紅蓮なる皺も小癪な唐辛子 黒田咲子 200111  
山の日や人の馨きく唐辛子 岡井省二 200111  
城ノ内通五丁目唐辛子 山田六甲 六花 200111  
束ねられ風のかろさの唐辛子 佐藤輝子 200111  
臆面もなく唐辛子まっかっか 大橋敦子 雨月 200112  
唐がらし我に秘め事ありにけり 保田英太郎 風土 200112  
唐辛子故里の雨思ふ夜 祐森彌香 遠嶺 200112  
唐辛子発止発止と編まれゆく 甲州千草 200112  
きかん気の赤ちりちりと唐辛子 千坂美津恵 200201  
猿田彦の鼻の赤さか唐辛子 西村しげ子 雨月 200201  
唐辛子の赤さに日射し飛んで来る 江木紀子 雨月 200201  
唐辛子月の筵に干されあり 川口襄 遠嶺 200201  
唐辛子束ねて花のごとく売る 高垣和惠 雨月 200201  
唐辛子吊りて日の濃き蝋の町 新家豊子 馬醉木 200201  
唐辛子陶器のごとく並びけり 半澤佐緒里 百鳥 200201  
唐辛子白ハンカチで包みけり 保田英太郎 風土 200201  
唐辛子柳眉逆立てゐるごとし 斎藤棹歌 200201  
山寺の吊り唐辛子目を奪ふ 岸はじめ ぐろっけ 200202  
紫の次の色待つ唐辛子 林敬子 酸漿 200202  
山の日をこぼさじと摘む唐辛子 高橋さえ子 200204  
洗濯のシーツに映えて唐辛子 物江昌子 六花合同句集 200205  
軒下の赤唐辛子青唐辛子 須佐薫子 帆船 200207  
伊勢海老になつたつもりの唐辛子 中村房枝 六花 200208  
わが唇の奪はれさうな唐辛子 小澤克己 遠嶺 200209  
一点の紅にはじまる唐辛子 加藤みき 200211  
唐辛子昼飯抜きで来いといふ 山田六甲 六花 200211  
唐辛子鴉のやうに泣く赤子 山田六甲 六花 200211  
唐辛子一筋縄でいかぬ赤 山田弘子 円虹 200212  
唐辛子逆さに吊られ素直なり 村田さだ子 酸漿 200212  
唐辛子愚直なほどに熟れて立つ 北原東洋男 200212  
唐辛子猫が聴いてる地の鼓動 永田哲心 遠嶺 200212  
反骨に生きて真赤な唐辛子 塩路五郎 200212  
裏畑に忘れスコップ鷹の爪 品川鈴子 ぐろっけ 200212  
しばらくは忘れてゐたき唐辛子 江坂衣代 百鳥 200301  
唐辛子阪神びいきで子規が好き 滝本香世 百鳥 200301  
唐辛子簾に編みて夫機嫌 滝川あい子 雨月 200301  
髪切って一つふっ切る唐辛子 蓮尾みどり ぐろっけ 200301  
片付かぬ家に真つ赤な唐辛子 木村みかん 200301  
火遊びのしたくなりけり唐辛子 新井竜才 銀化 200302  
唐辛子言ひたきことも控へ目に 八田節子 ぐろっけ 200302  
あるだけの夕日集めて唐辛子 阿部正枝 絵具箱 200304  
奥飛騨や束ねて寒き唐辛子 深澤鱶 火星 200304  
口中を驚かしたる唐辛子 稲畑汀子 ホトトギス 200309  
辛さうに見えてさもなき唐辛子 稲畑汀子 ホトトギス 200309  
鶏の逃げ込む土間や唐辛子 中島瑞枝 百鳥 200311  
唐辛子盛りしわくちやのチェコ紙幣 戸田和子 200311  
納骨の切火とびつく唐辛子 神蔵器 風土 200311  
僻村や軒に唐辛子吊し柿 浜明史 風土 200311  
焼肉の箸置きとなり唐辛子 飯田角子 酸漿 200312  
辛さ言ふまでの沈黙唐辛子 泉田秋硯 200312  
唐辛子父の声かとふり向きぬ 長田曄子 火星 200312  
唐辛子母の高さに干されあり 清水ミツコ 200312  
稲架片し畑すみに見る唐辛子 山嵜ヤス子 酸漿 200401 唐辛子→ 2

 

2019年8月31日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。