唐辛子 2    100句

唐辛子一糸まとはず熟れにけり    田川飛旅子

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
五六株納屋軒下に唐辛子 山嵜ヤス子 酸漿 200401  
秩父路の風透く軒端唐辛子 清水明子 遠嶺 200401  
挑発の色となりけり唐辛子 伊藤早苗 200401  
唐辛子刻むいよいよ偏頭痛 伊藤早苗 200401  
ちりめんの魔除けなるらむ唐辛子 山崎靖子 200402  
逆立ちて赤極むるか唐辛子 大橋敦子 雨月 200411  
針千本呑みたる顔や唐辛子 遠野萌 200411  
どの色になろうか五色唐辛子 高橋将夫 200412  
何処にも陥穽のあり鷹の爪 川口襄 遠嶺 200412  
激情を秘めからからと唐辛子 岩渕彰 遠嶺 200412  
畝の間に夜のいろ残る唐辛子 小林輝子 風土 200412  
痩せ畑に赤が異状な鷹の爪 泉田秋硯 200412  
唐辛子軒に水上勉の訃 大島翠木 200412  
軒高く風のからびぬ唐辛子 佐久間由子 200501  
山の日に朱を極めたる鷹の爪 山口マサエ 雲の峰 200501  
舌を焼くひとり住まひの唐辛子 浜口高子 火星 200501  
補陀落へ続く径なり鷹の爪 篠田たもつ 対岸 200501  
吊るされて罵りあつて唐辛子 太田寛郎 200502  
唐三彩思はす彩の唐辛子 滝川あい子 雨月 200502  
唐辛子干す日遍くクルス山 中尾杏子 200502  
淋しくはないと言ひ張る唐辛子 あさなが捷 200502  
みすずかる信濃のいろに唐辛子 神蔵器 ぐろっけ 200509  
摘みとればルアーにしたき唐辛子 塩出眞一 ぐろっけ 200509  
知命など蹴飛ばして過ぎ唐辛子 中村房枝 六花 200510  
唐辛子うきうきとして流れゆく 山田六甲 六花 200510  
唐辛子小言を三言猫に言ふ 森理和 あを 200510  
かの国の血の赤さとも唐辛子 竹内弘子 あを 200511  
この家や今年も軒に唐辛子 田中藤穂 あを 200511  
遠嶺晴れて渾身の艶唐辛子 安藤しおん 200511  
干上げてくの字しの字の唐辛子 芝尚子 あを 200511  
去ぬるまでをんなはをんな唐辛子 斉藤裕子 あを 200511  
札所寺牛小屋に吊る唐辛子 森山のりこ あを 200511  
山川草木轉荒涼蕃椒 佐藤喜孝 あを 200511  
七人の小人の帽子唐辛子 木村茂登子 あを 200511  
身を粉にしても脇役唐辛子 木村茂登子 あを 200511  
秩父路や軒に明るき唐辛子 森山のりこ あを 200511  
唐辛子一寸先は見えぬもの 堀内一郎 あを 200511  
唐辛子火消の刺子重きこと 森理和 あを 200511  
唐辛子激しく辛い外来種 赤座典子 あを 200511  
唐辛子喪服通ればなほ赤し 柴田佐知子 200511  
どうしても曲る途中の唐辛子 風間史子 200512  
唐辛子伽耶は古代の韓の国 森嘉夫 春燈 200512  
唐辛子吊し一村黙深し 西口万佐子 200512  
唐辛子裏山は黙深めをり 森嘉夫 春燈 200512  
みしみしと肥ゆる人をり唐辛子 左官治郎 200601  
師の選の頑固さ宜し唐辛子 玉川悠 遠嶺 200601  
上空より庭ぢゆうの干し唐辛子 渡辺鮎太 200601  
地蔵みな首に下げたる唐辛子 小林優子 酸漿 200601  
地蔵尊首に掛けたる唐辛子 大塚洋子 酸漿 200601  
唐辛子骨の髄まで乾きをり 高倉和子 200601  
唐辛子祭囃子に急かさるる 大塚洋子 酸漿 200601  
唐辛子夕日を赤く染めにけり 大串章 百鳥 200601  
太平洋の一角に在る唐辛子 竹内弘子 あを 200603  
京の裏鬼門の寺の唐辛子 浜口高子 火星 200609  
母の荷や茶筒に詰める唐辛子 斉藤裕子 あを 200609  
きれいごとだけではすまぬ唐辛子 高橋将夫 200611  
唐辛子朝日のあたる愛でたさよ 辻直美 200611  
一株に思はぬ嵩の唐辛子 笠井敦子 200612  
建て替へはさせぬと軒に唐辛子 伊藤宇太子 200612  
出格子に濃き日集める唐辛子 宮内とし子 200612  
鷹の爪吊りて世俗を絶つ如し 遠藤白雲子 200612  
長ながと待つ事楽し唐辛子 西澤ひで子 遠嶺 200612  
唐辛子やせて軒端に逆さ吊り 佐々木よし子 200612  
一切の無駄はぶきたし唐辛子 小宮山勇 遠嶺 200701  
干す程に輝きのあり唐辛子 篠原普美子 酸漿 200701  
知る由もなき前世や鷹の爪 大谷茂 遠嶺 200701  
唐辛子血圧計の跳ね上がる 貝森光洋 六花 200702  
唐辛子真つ赤や五年生の畑 鈴木朗月 万象 200702  
出格子に唐辛子干す廓あと 三澤治子 万象 200703  
唐辛子つんつん心替わりして 野村みどり 八千草 200704  
火の国の茜に反りし鷹の爪 本多俊子 200711  
教典を蔵してをりぬ唐辛子 小澤克己 遠嶺 200711  
日々庭の畑に色づく唐辛子 鈴木幾子 酸漿 200711  
荒畑の捨て唐辛子朱を極め 谷榮子 雨月 200712  
太陽の鷹の爪には依怙贔屓 大橋敦子 雨月 200712  
浄瑠璃寺裏稲架干の唐辛子 水谷芳子 雨月 200801  
唐辛子いつまで天地逆しまに 水谷芳子 雨月 200801  
唐辛子曲りて遠き山河かな 鳥羽夕摩 京鹿子 200801  
老ゆるとは父母を恋ふこと唐辛子 高橋道子 200801  
鷹の爪目白押しにて天を指し 和田崎増美 雨月 200802  
唐辛子花束のごと持ち帰る 田原陽子 200802  
たましひを虜にしたる鷹の爪 藤井佐和子 200803  
一筋の記憶の道や唐辛子 藤井寿江子 馬醉木 200811  
一丁目一番地角唐辛子 笠真木 炎環 200811  
山峡は薬研にも似て唐辛子 齊藤實 200811  
子へ送る三年坂の唐辛子 中川すみ子 200811  
徴兵のある国ない国唐辛子 萩尾亜矢子 炎環 200811  
怒りなど遠いむかしよ唐辛子 あさなが捷 200811  
風の夜の味噌汁に揉む鷹の爪 朝妻力 雲の峰 200811  
からころと晩年が来る鷹の爪 坂本丹荘 遠嶺 200812  
逆さ吊りされても色づく唐辛子 黒澤登美枝 200812  
大悟いくつ小悟いくつや唐辛子 沼田巴字 京鹿子 200812  
唐辛子ほんの些細なことなのに 松山直美 火星 200812  
唐辛子赤さが辛さ主張せり 松本圭司 200812  
白波の沖より立つる唐辛子 戸栗末廣 火星 200812  
人亡くて色濃くしたる唐辛子 服部早苗 200901  
今年限りと母よりの唐辛子 あさなが捷 200902  
雪沓に入れやう赤き唐辛子 新関一杜 京鹿子 200902  
唐辛子ふた袋買ふ十二月 石寒太 炎環 200902  
干すほどに鋭さ加へ鷹の爪 森下光江 200903 唐辛子→ 3

 

2019年9月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。