9   100句

瀧宿の瀧の聞こえてくる電話  八田木枯  玉藻

  瀑布

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
ゆるぎなき秋櫻子忌の男滝かな 穐好樹菟男 馬醉木 200909  
天上の水くつがへる滝襖 泉田秋硯 200909 ナイヤガラ
白糸の糸のもつれて滝と落つ 三沢蘭 遠嶺 200909  
一筋の瀧にゆるみのなかりけり 高橋将夫 200909  
滝へ滝へと笹舟の速さかな 原田達夫 200909  
夏炉とも煮炊きの火とも滝見茶屋 深澤鱶 火星 200909  
滝音がして滝へS字坂上る 陽山道子 船団 200909  
養老の滝にいかるの声消され 近藤豊子 雨月 200909  
声なくて顔の笑へり滝の前 渡邉友七 あを 200909  
良き友と滝のホテルの加賀料理 八木岡博江 酸漿 200909  
体ごと差し出してゐる滝の前 高倉和子 200909  
滝こだま怎麼生と声返しけり 吉川唯秋 ろんど 200909  
流離とはこんな形か滝落つる 松田都青 京鹿子 200909  
しばらくはすべてを忘れ瀧の前 小原徳男 遠嶺 200910  
蓑虫の蓑鳴神の滝じめり 山尾玉藻 火星 200910  
滝殿や皿もお椀も紅づくし 山田美恵子 火星 200910  
あけぼのや音して滝の現はるる 岩木茂 風土 200910  
一の滝二の滝見ゆる三の滝 岩木茂 風土 200910  
眼を縦に伸ばしきつたる滝見かな 岩木茂 風土 200910  
滝茶屋へ法螺の音ひびく滝開き 奥村眞人 雨月 200910  
滝壷に水の安堵を見てをりぬ 平野みち代 200910  
滝一条天のつつかひ棒をなす 守屋井蛙 酸漿 200910  
ほの暗き真昼の底や滝仰ぐ 新井みゆき 炎環 200910  
瓜割の滝の霊水掬み上ぐる 伊藤敬子 200910  
布引の滝は千すぢの糸放つ 伊藤敬子 200910  
水が水咬み咆哮の滝の音 伊藤文郎 200910  
男滝仰ぎて己がせりあがる 渡部節郎 転舵の渦 200911  
淋しさは音にこもりて滝落つる 木村公子 花貝母 200911  
滝壺を覗きしあとも震へゐる 半澤正子 馬醉木 200911  
イグアスの百滝再度来て飽かず 竪山道助 風土 200911  
滝落ちて即ち水となりにけり 竪山道助 風土 200911  
滝道の音に飛沫の気配かな 井八重子 末黒野 200911  
瀧飛沫浴び喜びを頒ち合ふ 東良子 遠嶺 200911  
雄峰の瀧は雲より落ちにけり 与川やよい 遠嶺 200911  
一念の水飛び散らす瀧行者 曷川克 遠嶺 200911  
五重塔越しに一条白き瀧 曷川克 遠嶺 200911  
滝音をうしろに百の石の階 岡野ひろ子 200911  
まぼろしのこの雨期のみの滝といふ 相良牧人 200911  
瓜割の滝水五指の痺れけり 水谷洋子 200911  
音伏せて棒のやうなる那智の滝 代田青鳥 風土 200912  
不動滝飛沫を浴びて拝しけり 大山妙子 酸漿 200912  
女滝まで数歩のところ水涸るる 山田六甲 六花 200912  
自らの幅を溢れて滝落つる 大地真理 201001  
滝壺へ柱状節理崩れ落つ 大地真理 201001  
滝壺の水とは打たれ強きもの 稲畑廣太郎 ホトトギス 201001  
あらたまの滝こだまして熊野かな 田中佐知子 風土 201004  
近づきて遠ざかる滝音のあり 稲畑汀子 ホトトギス 201007  
方向の確かならざる滝音に 稲畑汀子 ホトトギス 201007  
滝風をまともに受けて降り立ちぬ 稲畑汀子 ホトトギス 201007  
元正の御代より今に養老滝 林日圓 京鹿子 201007  
賑はひて人の山なす滝開き 林日圓 京鹿子 201007  
滝の前立ちて心が清められ 林日圓 京鹿子 201007  
名高きは孝子伝説養老滝 林日圓 京鹿子 201007  
日本の滝百選に選ばれて 林日圓 京鹿子 201007  
瀧に佇つ予後の眼をしぶかせて 浜口高子 火星 201007  
大瀧の真下は模糊としてをりぬ 高橋将夫 201008  
胙や杉も檜も瀧の音 雨村敏子 201008  
滝を仰げば滝山のかぶさり来 田中佐知子 風土 201008  
大山のしぼり出したる滝の音 柴田久子 風土 201008  
ふるさとを捨てふるさとの滝に佇つ 和田あきを 風土 201008  
一条の滝白刃のこゑ放つ 林いづみ 風土 201008  
あしびきの寝釈迦の纏ふ滝谺 近藤幸三郎 風土 201008  
滝となる藤の花房峡の村 生井慶子 万象 201008  
瀧風におでんの湯気のあふられし 浜囗高子 火星 201008  
那智の滝の施無畏の光拝し佇つ 大橋敦子 雨月 201008 回想
滝壺の天を覆ひし青葉かな 五ケ瀬川流一 六花 201008  
音ひびく木立の中の滝見茶屋 片野美代子 酸奬 201008  
爆音となりてヨセミテ瀧落下 須賀敏子 あを 201008  
顔程のまつぼつくりや瀧聞ゆ 須賀敏子 あを 201008  
渓谷の青々として滝の音 西田史郎 201009  
滝落ちてゆたかに奔し貴船川 田中浅子 201009  
群青の怒涛の如し那智の滝 宮越久子 201009  
倒木が滝への道を塞ぎをり 坂根宏子 201009  
船上に迫る滝あり青岬 穐好樹菟男 馬醉木 201009  
滝しぶき爆ぜて不動智明らけく 延広禎一 201009  
大切なことを小声で滝の前 荒井千佐代 201009  
滝行を終へし鎖骨に水溜めて 久染康子 201009  
滝は那智歌はアララギ茂吉の書 安立公彦 春燈 201009  
新しい流れが滝の上にあり 大沼遊魚 倭彩 201009  
出来たてのマイナスイオン滝匂ふ 大沼遊魚 倭彩 201009  
雨多き屋久島滝も多かりき 島内美佳 ぐろっけ 201009  
幻の滝と指差す支配人 陶山泰子 ぐろっけ 201009  
白滝に向いて隠すものも無し 陶山泰子 ぐろっけ 201009  
他を圧す一枚岩に滝激す 瀬口ゆみ子 ぐろっけ 201009  
涸滝に希望大学聞かれけり 梶浦玲良子 六花 201009  
滝落ちて岩に一縷の白き帯 山本節子 201010  
雲居より滝ほとばしり群青忌 佐藤いね子 馬醉木 201010  
滝見茶屋の赤前垂れのアルバイト 岩下芳子 201010  
滝道のしばらく水を逸れにけり 杉浦典子 火星 201010  
那智滝のしぶきに蟹の瞬けり 井上淳子 火星 201010  
飛沫いま光となりぬ滝行者 安居正浩 201010  
滝壺へかづらを掴みつかみつつ 荒井千佐代 201010  
白糸の滝のしぶきを浴びにけり 大里快子 酸奬 201010  
車椅子の笑顔並ぶや苑の滝 金山千鳥 酸奬 201010  
木洩日は滝の湿りを帯びゐたる 笹村政子 六花 201010  
滝などになりたくなかった条のあり 篠田純子 あを 201010  
勇壮に岩を隠せる滝しぶき 藤本秀機 201011  
瀧壺の群青深し奥駈に 笠井清佑 201011  
滝垢離の一喝雲を退かす 南光翠峰 馬醉木 201011  
滝開き禰宜滝に向け矢を放つ 松本善一 やぶれ傘 201011 滝 →10

 

2014年5月23日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。