泰山木の花 1    99句

坐すならば泰山木の花の上   若泉真樹   あらまほし

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
改築に残す泰山木の花 稲畑汀子 ホトトギス 199805  
扇ケ谷泰山木の蕾さは 松崎鉄之介 199807  
満月へ泰山木の花の翔つ 神蔵器 風土 199808  
誕生日窓から泰山木の花 須山つとむ 船団 199812  
電線を入れて泰山木の花 別府優 199901  
辻説法泰山木は花ひらく 神蔵器 風土 199907  
モノレール発つ泰山木の花の上 神蔵器 風土 199908  
知命はや泰山木は花つけて 小澤克己 遠嶺 199908  
泰山に泰山木の花見ざり 松崎鉄之介 199908  
泰山木の花ぽっかりと雲の下 白倉智子 ヒッポ千番地 199908  
啓示読む泰山木の花びらに 島崎晃 遠嶺 199909  
泰山木つづきアメリカ領事館 野澤あき 火星 199909  
天ばかり仰ぎて泰山木の花 山田暢子 風土 199909  
泰山木の花仰ぎつつ男坂 川端和子 遠嶺 199910  
救急の心臓泰山木の花 汎馨子 海程 199910  
父母は昭和に逝けり泰山木咲き継げり 八木原祐計 海程 199911  
もう急くなと泰山木の一輪咲く 北原志満子 海程 199911  
妻をなくした中年の哀泰山木に 島津亮 海程 199912  
膀胱を掌にのせみせる泰山木 島津亮 海程 200001  
念祷の静寂泰山木の花 稲畑廣太郎 ホトトギス 200005  
泰山木の花黄ばみつつ落ちにけり 岡本高明 200006  
みたまやに泰山木は花掲ぐ 水原春郎 馬醉木 200008  
時の日も天向き泰山木の花 蔦三郎 円虹 200008  
藍工房泰山木の大きな花 松崎鉄之介 200008  
鴉啼き泰山木の花崩る 長谷川通子 俳句通信 200008  
教会の泰山木の花匂ふ 村田近子 遠嶺 200009  
泰山木錆びし花びら撒き散らす 小林螢二 春耕 200009  
朝富士へ泰山木は花捧ぐ 柳井文江 200009  
待つこころ泰山木の花仰ぎ 田中美智代 200009  
ふりむけば港泰山木の坂 斎藤道子 馬醉木 200010  
待ちあはす泰山木の花の下 岡和絵 火星 200102  
熔接所泰山木に錆兆す 品川鈴子 船出 200104  
青空の下りくる泰山木の花 二本松輝久 風土 200108  
泰山木咲きて雲行き慌し 松崎鉄之介 200108  
泰山木の香を入れて拭く大広間 北吉裕子 俳句通信 200108  
泣く吾子に泰山木の一花あり 瀬戸悠 風土 200109  
最果ての泰山木は一花のみ 伊藤格 200109  
石の上にこぼれ泰山木の花 笠松浩子 200110  
うぶごゑや泰山木の珠ひらく 小島和子 百鳥 200110  
仏日庵泰山木のかをり満つ 岡田房子 酸漿 200110  
泰山木花蝋いろの夜明かな 能村登四郎 羽化 200110  
智拳印泰山木に花がつく 小形さとる 200111  
泰山木の実の太りゆく御所の址 冨田明子 百鳥 200201  
ロダンの首泰山木は花得たり 渡邉友七 あを 200201  
落椿泰山木の影にあり 栗栖恵通子 200203  
母校訪ふ泰山木の咲く頃と 阪口美枝子 雨月 200206  
おとろへは突と泰山木の花 鷹羽狩行 200207  
泰山木丈六不動帰山せり 神蔵器 風土 200207 高幡不動
関ヶ原泰山木に大きな花 名和節子 200207  
暮れてゐる途方を泰山木の花 梅田津 銀化 200207  
星に蕊掲げ泰山木の花 沖祐里 200208  
泰山木咲きしか夜明け前の音 千田百里 200208  
そこからは見えぬ泰山木の花 高橋将夫 200208  
整へし呼吸泰山木の花 天野きく江 200208  
希望の色あらば泰山木の白 丸山敏幸 200208  
泰山木高きに咲きて祝ぎ近し 佐藤紀子 200208  
白陶の艶もて咲けり泰山木 田渕匡子 200209  
泰山木咲けり長命父より受く 佐藤静悟 200209  
「悲槍」響く泰山木の咲ける門 片岡妙子 200209  
泰山木出世頭の如く咲く 吉川啓示 200209  
泰山木咲いて浄らな風吹けり 新関澄子 遠嶺 200209  
泰山木の崩れんとして耳鳴りす 北村香朗 京鹿子 200210  
泰山木咲くや漢詩の素読せむ 大橋麻沙子 雨月 200210  
泰山木茶髪の喪主に咲きにけり 高尾豊子 火星 200210  
泰山木高きに香り夜の静寂 吉田眞弓 雨月 200211  
泰山木咲きしところの闇ひらく 中谷藤房 200212  
泰山木皓然として仰がしむ 奥村鷹尾 京鹿子 200308  
泰山木咲きて輪中の霧匂ふ 内藤順子 酸漿 200309  
古里を恋うて泰山木咲けり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200405  
天上に香を放ちたり泰山木 早崎泰江 あを 200407  
天へ咲く泰山木は人嫌ひ 竹内悦子 200409  
半僧坊の大屋根に咲く泰山木 望月喜好 200409  
泰山木己が世界を展きけり 高橋瑛子 河鹿 200409  
泰山木咲く城跡の投票所 大西八洲雄 万象 200410  
空に突きあたりて泰山木ひらく 柴田佐知子 200410  
泰山木天にひらきて休館日 青山悠 200411  
台風来泰山木の倒壊す 山元海郎 河鹿 200501  
泰山木二階に来てから考へる 柴田朱美 京鹿子 200501  
藍染めの干さるるに咲く泰山木 松崎鉄之介 200508 会津鍛錬会にて
朝光の捉ふ泰山木の白 隅田恵子 雨月 200508  
白炎をあげ泰山木の蕾かな 宮川みね子 風土 200508  
夕闇へ泰山木は香を放つ 沢田清子 200509  
泰山木重たき隠岐の雲乗せて 手島靖一 馬醉木 200509  
泰山木妹背の山に香を放ち 井上あい 風土 200509  
泰山木咲く駅前を朝立す 阿部ひろし 酸漿 200509  
天空より香り下り来る泰山木 早崎泰江 あを 200509  
泰山木ひらき宇宙と交信す 浜和佳子 百鳥 200510  
咲き極む泰山木の忘我かな 菅野末野 風土 200511  
泰山木広場にそびえ冬の駅 阿部ひろし 酸漿 200601  
泰山木結婚式を見下ろす日 堀内一郎 あを 200605  
泰山木咲いて山門覆ひけり 森本数子 200607  
泰山木をとこ一生ひとよの一行詩 淵脇護 河鹿 200608  
地にまこと天に泰山木咲けり 神蔵器 風土 200608  
泰山木咲くに先師の家偲ぶ 法月幸子 200609  
泰山木あぢさゐ山にそびえ咲く 阿部ひろし 酸漿 200609  
泰山木高きに咲きて師はひとり 生方ふよう 200609  
浮雲に触れたくて伸ぶ泰山木 荒井千佐代 200610  
月渡る泰山木を煌めかせ 田中藤穂 あを 200612  
授業済みし声に泰山木咲ける 杉浦典子 火星 200709 泰山木→ 2

 

2014年5月29日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。