颱 風 5     102句

すでに死者出る颱風の肉屋灯し    高島茂

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
台風を海が身籠るうねりかな
辻美奈子
200609
台風を追ひ越して来て信濃かな
田尻勝子
六花
200609
台風の兆しの雲の花火かな
高橋芳子
火星
200611
台風圏電子レンジに廻る酒
千田百里
200611
台風の目を抜け来たるフアクシミリ
柴田久子
風土
200611
台風の爪痕しるき島岬
神田一瓢
雨月
200611
台風も無事との知らせ島の友
神田一瓢
雨月
200611
集落を浮かせ台風過ぎにけり
あさなが捷
200611
寝静まる病棟颱風来つつあり
福地初江
200611
吟行や大台風の西にあり
田中藤穂
あを
200611
台風の去りしを告ぐる星のかず
西山春文
200612
吾が家の台風迫る線上に
一瀬昭子
馬醉木
200612
台風の外れて恃みの雨も外れ
久保晴子
雨月
200612
颱風を辰巳に迎ふ丘に住み
鈴木とおる
風土
200612
台風の大円盤の端にかな
井口ふみ緒
風土
200612
絵馬の馬みないななきて台風裡
柴田久子
風土
200612
台風過木のない山に日の当り
柴田久子
風土
200612
台風の来る日コロツケ売り切れし
奥田茶々
風土
200612
ねむごろにピアノ拭きをり台風圏
荒井千佐代
200612
台風眼繋留の機首急ぎ回す
澤田緑生
馬醉木
200701
台風のどこかにありて山の風
今井千鶴子
ホトトギス
200701
台風の目やタバスコの二三滴
遠藤和彦
遠嶺
200701
台風の目は遥かなり織部窓
玉川悠
遠嶺
200701
台風に降り籠められし旅三日
永塚尚代
ぐろっけ
200701
台風を飲み込み太るくじら雲
松本文一郎
六花
200702
台風の猛威校舎の屋根飛ばす
辰巳比呂史
200704
昭和九年
颱風の地下に積まるる生卵
松崎豊
200705
台風の来つつある旅決行す
稲畑汀子
ホトトギス
200709
台風の備へおろそかならざりし
稲畑汀子
ホトトギス
200709
穂孕みの田に台風の行方かな
谷榮子
雨月
200709
遺影を抱いて台風がそれてゆく
堀内一郎
あを
200709
台風の通過待ちする古都の駅
森山のりこ
あを
200709
台風来る板ぶつ違ひに漁師小屋
布川直幸
200710
台風一過倒木にある日射かな
中貞子
200710
夏台風シロウミウシに曲がりをり
栗栖恵通子
200710
戸惑ひのままに台風圏内に
高田令子
200710
異議問へば夏台風は戸を叩く
竹下昌子
200710
颱風に漁船犇めく避難港
佐野蒼魚
200710
颱風の逆巻いてをる大樹かな
ことり
六花
200710
夕やけが真赤台風去りし日の
浮田胤子
ぐろっけ
200710
台風過人影もなき海濁る
渡辺安酔
200711
水を買ふ台風の目の中にゐて
神蔵器
風土
200711
台風にも小屋の屋根石微動せず
浮田胤子
ぐろっけ
200711
台風裡ただよふごとく帰宅せり
望月晴美
200711
塩害を竹に残すや風台風
菊地英雄
酸漿
200711
夏台風過ぎたる朝のみどりかな
山村修
酸漿
200711
立ちしまま眠るにはとり台風圏
岬雪夫
200712
台風や楯のごとくに傘構へ
猪狩銀龍
200712
近づいてくる台風に眼鏡拭く
根岸善行
風土
200712
なまぬるき颱風圏の忿怒像
中村恭子
200712
台風来少しわくわくしてゐたり
栗原公子
200712
台風やしみじみ人の無力にて
米原秋城
雨月
200712
台風の雨の絶間に虫鳴ける
永見嘉敏
酸漿
200712
選句披講台風近きこと忘れ
今井忍
ぐろっけ
200712
台風の余りの風を歩きけり
南浦輝子
火星
200712
黙々と御山へ向かふ台風裡
竹内弘子
あを
200712
台風の眼や開く福音書
浜田はるみ
遠嶺
200801
富士現れて韋駄天台風一過かな
代田青鳥
風土
200801
台風の目に抗ひて貝割菜
河内桜人
京鹿子
200801
台風の後の青空誕生日
大西八洲雄
万象
200801
夏颱風去りて安堵のうなじかな
桑原泰子
八千草
200801
一対の楷台風を鷲掴み
岡敏恵
ぐろっけ
200801
陶展へ颱風圏の丘の上
数長藤代
200802
台風のそれし砂丘をゆく帽子
飯塚ゑ子
火星
200802
台風に明かされてゆく星いくつ
稲畑廣太郎
ホトトギス
200807
早々と来し台風に処す旅路
稲畑汀子
ホトトギス
200807
遠ざけし台風山の星現るる
稲畑汀子
ホトトギス
200807
外海に台風の余波確かなり
山田六甲
六花
200808
雨男今日は台風男かな
稲畑廣太郎
ホトトギス
200809
台風のために出席叶ふ君
稲畑廣太郎
ホトトギス
200809
南の空台風に明け渡し
稲畑廣太郎
ホトトギス
200809
台風に背く風あり流れあり
稲畑廣太郎
ホトトギス
200809
わてほんま台風に好かれてまんねん
稲畑廣太郎
ホトトギス
200809
台風に水面凹んでをりにけり
稲畑廣太郎
ホトトギス
200809
台風を物ともせずに集ふ句座
稲畑廣太郎
ホトトギス
200809
台風に新幹線立ちつぱなし
稲畑廣太郎
ホトトギス
200809
台風の残せし風に着陸す
稲畑汀子
ホトトギス
200809
台風を離るる旅路盛会に
稲畑汀子
ホトトギス
200809
台風の空のつづきにあることを
稲畑汀子
ホトトギス
200809
台風と同じ航路となりしこと
稲畑汀子
ホトトギス
200809
台風の割り込んで来し旅程かな
稲畑汀子
ホトトギス
200809
台風のわたる始終を雑木山
安武晨子
200809
相撲界いよよ台風席捲す
稲畑廣太郎
ホトトギス
200810
台風は近づく蝉は鳴きつづく
林翔
200810
抜け羽根の濡れて鮮か台風過
林翔
200810
台風期五風十雨をただ願ひ
寺岡ひろし
雨月
200810
よみがへる灯の一斉に颱風過
中尾硫苦
炎環
200812
簾また吊るや台風逸るる午下
浅井青二
雨月
200812
台風外れふたりの前のカプチーノ
長田曄子
火星
200812
台風や外れしまゝの蝶番
堤内久美子
六花
200812
台風一過今日の予定は大山へ
小林正史
200901
生後二日台風予報外れけり
藤幹子
炎環
200901
気象情報台風の眼はまん丸く
丹生をだまき
京鹿子
200901
颱風のあと点眼の一二滴
遠藤和彦
彩雲
200901
台風一過納豆混ぜてをりにけり
きくちきみえ
やぶれ傘
200901
台風の大枝小枝散らしけり
松本文一郎
六花
200901
颱風の叫喚蟲は音を変へず
瀧春一
深林
200901
颱風やひた濡れて梳く吾が髪あり
瀧春一
深林
200901
遅々と来る台風に先駆けし旅 
安原葉
ホトトギス
200902
台風の目の中青いスベリ台
火箱游歩
船団
200903
台風と進路の同じ旅路かな
稲畑汀子
ホトトギス
200909
台風は遠しグラスを高く揚げ
稲畑汀子
ホトトギス
200909

 

2019年9月11日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。