1    99句

耕すやむかし右京の土の艶    太祇

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
水に漬けて春耕の鍬たしかむる 保坂加津夫 自在抄 199600  
一日の四隅を使ひ春の耕 小澤克己 遠嶺 199805  
耕すに掘り出してや牛の角 岡井省二 199806  
春耕や海たひらかに日を返し 石谷清武 馬醉木 199806  
春耕の土に命の弾みたり 邑橋淑子 遠嶺 199809  
耕せば土にめがありはらわたあり 奥田甲子男 海程 199810  
耕すや学校田も神祀り 塩田博久 風土 199901  
サンテステフ村の日差に耕せる 稲畑廣太郎 ホトトギス 199902  
春耕の息継ぎに肉刺吹いてをり 樋口英子 朝桜 199904  
土に親しむといふ言葉好き春耕す 笹本達夫 199905  
耕のまづ下ろさるる渡し板 朝妻力 俳句通信 199905  
耕牛や働きながら休む獣 大谷昌弘 海程 199906  
眠り方忘れた耕牛吾が兄弟 大谷昌弘 海程 199906  
耕や漢が地球割らむとす 宮澤さくら 遠嶺 199906  
春耕や奔放なりし鳥の声 石田邦子 遠嶺 199907  
谷をのぼる春耕のあり朝は水 塩野谷仁 海程 199907  
耕すは石除くこと山の畑 竹内久子 京鹿子 199907  
耕して空白の手帳に日付 吉田素糸 海程 199910  
耕牛のおのが影捨つ泥づくり 丸山海道 丸山海道全句集 199910  
はじめての耕しの鍬尊べり 能村登四郎 芒種 199911  
耕すや土をいたはる鍬さばき 能村登四郎 芒種 199911  
耕や家庭菜園賑はひぬ 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
平家村霞の中を耕すか 笹倉さえみ 雨月 200001  
春耕の前も後ろも小糠雨 小澤克己 遠嶺 200004  
春耕や田畑の神のひとりごと 保坂加津夫 いろり 200004  
亀石が出ぬかと深く耕しぬ 朝妻力 俳句通信 200004  
うまさうな畑の土を耕せる 浜口恵以子 風土 200005  
耕しの畦の紅白あられ餅 岡本高明 200005  
耕しに十を宥めるしぐさあり 小菅暢子 200005  
春耕す乳房が今日も張ってくる 保坂加津夫 いろり 200005  
長命やすこやかにして春耕す 大平保子 いろり 200005  
四五人の耕してゐる農学部 福井鳳水 円虹 200006  
春耕や鍬土落すへらの音 野口年江 酸漿 200006  
大仏の見ゆる地に住み耕せり 大西八洲雄 春耕 200006  
ぽつり耕す人学校があり踏切あり 立岩利夫 海程 200006  
耕して木吊り聖鐘守る媼 水岡芳子 馬醉木 200007  
土浅き己が春耕顧みる 斉藤利雄 遠嶺 200007  
春耕や無花果畑に藁敷いて 竹内悦子 200007  
耕して山里はいま眠きいろ 大東二三枝 200007  
耕せば畝ふつくらと艶戻す 三嶋八千穂 ぐろっけ 200007  
耕や昼餉のあとのうす曇 真保喜代子 200101  
耕して今年の生活始まりぬ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200103  
耕人としてブルゴーニュ城主かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200103  
子を乗せて戻つて来たる耕転機 丁野弘 200103  
ふり出しに戻る思ひに耕しぬ 千原叡子 円虹 200103  
春耕やくぐもるこゑを浄めつつ 小澤克己 遠嶺 200103  
観音の千手どの手が耕すや 鷹羽狩行 200104  
耕しの一枚岩をめぐりけり ロツキイ 六花 200104  
斑鳩の塔をそびらに耕せり 山口たけし 春耕 200104  
耕人に一礼をして畦をゆく 萩谷幸子 雨月 200105  
耕すや採算なんど考へず 久保田雪枝 雨月 200105  
春耕や秩父の嶺の風やはし 米須あや子 遠嶺 200106  
残り火を土もろともに耕しぬ 近藤きくえ 200106  
海鳴りや耕しの人こつと消え 中村立身 百鳥 200106  
耕して藪に夜風の音たまる 渡辺友七 あを 200106  
耕人の蟷螂のごと鍬ふれり 渡辺友七 あを 200106  
耕して棚田はどこも夕茜 鰍澤真佐子 春耕 200107  
バス通る度に顔あげ耕せる 神崎律子 200107  
耕人の動かざりけり麦青む 安原楢子 200107  
家裏を空へ耕す峡深し 倭文ヒサ子 酸漿 200107  
耕運機渡りて村のバス動く 北吉裕子 俳句通信 200107  
耕すや鼠銜へて猫走る 村瀬初実 春耕 200107  
耕して星に出会ひし風の音 川端実 遠嶺 200107  
マンモスの化石出るまで耕せり 辻享子 シャガールの女 200108  
耕人にかしづく朝の日も土も 鷹羽狩行 200108

「耕」十五周

年を祝して

新しき土の色見せ耕せる 能村登四郎 羽化 200110  
耕しの後のひと雨自由席 墨谷ひろし 船団 200111  
白雲のしきりに動く耕馬かな 安達しげを 船団 200111  
耕せる本家と分家日をへだて 栢森定男 あを 200202  
二十一世紀の日本耕せる 稲畑廣太郎 ホトトギス 200203  
日出づる国耕してをりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200203  
耕して日本の四季始まれり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200203  
日の中の春耕の畝濡れてゐし 宇田喜美栄 200204  
耕すや国司の屋敷ありし跡 清わかば 雲の峰 200204  
春耕の人遠くよりいつくしむ 山野みどり 銀化 200204  
耕して柚子の黄高く残しけり 柳沢杏 酸漿 200204  
春耕の畝整然としづごころ 井上三千女 200205  
耕人の気骨カラスの気骨かな 黒田咲子 200205  
春耕の土漁りくる大鴉 高野清風 雲の峰 200205  
春耕す畦に肥料をまづ運び 中野菊子 春耕 200205  
湯気上がる丹波の一隅耕せり 三井孝子 六花合同句集 200205  
ワゴン車に鍵耕しの人となる 長谷川鉄夫 200205  
日本一勤勉な農耕せる 泉田秋硯 200206  
耕耘機の意外な迅さ爺乗せて 小澤菜美 200206  
耕して野の水平を間近くす 松本鷹根 京鹿子 200206  
耕して田のまだどこも濡れてゐず 磯田富久子 200206  
耕しの老農に鳥集まれり 上田祥子 遠嶺 200206  
鍬立てて春耕の香に身を浸す 中島あきら 200206  
ちよと狭庭耕す余生なりしかな 黒川悦子 円虹 200206  
迷ひたる道のこゝにも春耕す 福井鳳水 円虹 200206  
耕やスコップの柄に上つぱり 丸山分水 200206  
耕して島畑守れる修道女 高橋照子 雨月 200206  
棚田耕人顔上げて瞬けり 青山丈 200206  
耕して天に至れば蟇めく家 渡邉友七 あを 200206  
山の名を村の名として耕せり 大城まつ子 200206  
耕人の明日もそこにゐるやうな 中村智恵子 200206  
春耕のひとりに風の殺到す 櫻井多恵 200206  
春耕や畝づたひ寄る畑の人 丸山冬鳳 京鹿子 200207  
耕して来し母の背の厨かな 大東由美子 火星 200207 耕→ 2

 

2020年3月4日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。