鈴 虫 2  24句

鈴虫や土手の向ふは相模灘    正岡子規    寒山枯木

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
鈴虫の声の余白を埋める闇 稲畑廣太郎 ホトトギス 201509  
鈴虫の宿と呼ばれしこともあり 稲畑汀子 ホトトギス 201509  
鈴虫の仔のそそくさとそそくさと 田尻勝子 六花 201509  
高階に鈴虫鳴かせ夫病めり 笹村政子 六花 201511  
鈴虫の番貰ひて夢枕 溝渕弘志 六花 201511  
清掃員の鈴虫鳴かす得意かな 箕輪カオル 201512  
鈴虫の鳴いてる書店わが町に 秋月祐一 船団 201512  
鈴虫の籠置床に朝の茶事 武生喜玖乃 雨月 201512  
気まぐれに鳴く鈴虫を待つてをり 山田佳乃 ホトトギス 201602  
鈴虫の家ぬばたまの闇に入る 新谷フクヱ 末黒野 201602  
鈴虫の音を張る真夜のひびかひて 丸尾和子 雨月 201612  
身の白みつつ鈴虫に寝落ちけり 近藤喜子 201612  
鈴虫や霧吹く夫の指なごみ 笹村政子 六花 201612  
鈴虫や何処に雨を凌ぎをり 石森理和 あを 201610  
鈴虫の振る金の鈴銀の鈴 和田華凛 ホトトギス 201701  
一匹となる鈴虫にいつもの餌 山口ひろよ 201701  
泣きじょうご松虫鈴虫くつわ虫 川副民子 船団 201707  
鈴虫や仕舞湯の闇澄みきつて 石本秋翠 馬醉木 201711  
鈴虫の間もなく鳴くと待ちゐしに 笹村政子 六花 201711  
鈴虫のあとインコ鳴くペット店 森有子 201712  
鈴虫を籠に鳴かせて休憩所 岡田史女 末黒野 201712  
今日からは家族鈴虫よく鳴けり 奥山テル子 万象 201802  
鈴虫の声家ぢゆうを席巻す 松田明子 201802  
鈴虫の声虫籠にをさまらず 松田明子 201802 鈴虫 →1

 

2018年9月9日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。