そぞろ寒 2   133句

ああいへばかういう兜太そぞろ寒   鷹羽狩行

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
母もせし取り越し苦労そぞろ寒 品川鈴子 ぐろっけ 200609  
空室の数多ビル街そぞろ寒 稲畑廣太郎 ホトトギス 200610  
通勤の靴音乾きそぞろ寒 稲畑廣太郎 ホトトギス 200610  
逃亡のからくり出口そぞろ寒 能村研三 200611 郭沫若記念館
パンタグラフ青き火散らすそぞろ寒 那須淳男 馬醉木 200611  
うたた寝の足かかへ込むそぞろ寒 鎌倉喜久恵 あを 200611  
亡き人にも日の過ぎゆきぬそぞろ寒 大橋敦子 雨月 200612  
耳鳴りは巴の声かそぞろ寒 品川鈴子 ぐろっけ 200612  
駅の灯の路地にもとどきそぞろ寒 藤井昌治 200612  
そぞろ寒夜ごとポストに六〇〇歩 鈴木榮子 春燈 200701  
ノロウイルス何より恐れそぞろ寒 大橋敦子 雨月 200701  
潮めく通夜人引きてそぞろ寒 禰寝瓶史 京鹿子 200701  
そぞろ寒剥がれ舗道につまづきて 唐鎌光太郎 ぐろっけ 200701  
小塚原仕置き二十万そぞろ寒 舘泰生 風土 200701  
そぞろ寒鏡に映る我が屈背 杉山瑞恵 雨月 200702  
そぞろ寒軒を並べて店じまい 真木早苗 八千草 200705  
留守がちの仕事溜りぬそぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 200710  
旧友の逝きて身ほとりそぞろ寒 中村悦子 200712  
ブランデンブルク門弾丸あとやそぞろ寒 田中きよ子 酸漿 200712  
そぞろ寒爪で傷つく念仏札(ねぶつふだ) 小形さとる 200801  
側候所の無人化となりそぞろ寒 橋本梢明 200801  
蕉門の墓は円坐にそぞろ寒 長谷川史郊 馬醉木 200803  
忌心は横川のそぞろ寒にこそ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200810  
夜の帷犇き合うてそぞろ寒 稲畑廣太郎 ホトトギス 200810  
底知れぬ忍野八海そぞろ寒 中村翠湖 馬醉木 200811  
句会果て椅子ひく音やそぞろ寒 鎌倉喜久恵 あを 200811  
若州の竹の紙漉くそぞろ寒 田中佐知子 風土 200812  
虐待のニュース多しやそぞろ寒 田下宮子 200901  
頭を垂れて馬群客待つそぞろ寒 手島靖一 馬醉木 200901  
見舞ひきし心の揺れやそぞろ寒 緑川啓子 馬醉木 200901  
鍬すじの曲らぬ人のそぞろ寒 山本久江 200901  
蒸籠より掛蕎麦にせむそぞろ寒 田中きよ子 酸漿 200901  
街なかにまだ不発弾そぞろ寒 辰巳比呂史 200902  
樹の瘤に齢息づくそぞろ寒 坂口夫佐子 火星 200902  
失せし物杏と帰らずそぞろ寒 大泉美千代 雨月 200902  
峰寺へ近づくほどにそぞろ寒 安原葉 ホトトギス 200903  
直感の狂ひまざまざそぞろ寒 北川孝子 京鹿子 200903  
被災の日近づいて来るそぞろ寒 安原葉 ホトトギス 200904  
丑三つの訃報に惑ふそぞろ寒 須藤トモ子 200904  
そぞろ寒阪神ほんま大丈夫 稲畑廣太郎 ホトトギス 200910  
夜は止むといふ雨止みぬそぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 200910  
そぞろ寒懺悔の椅子の油いろ 木村公子 花貝母 200911  
そぞろ寒小さくなりたる顔洗ふ 三浦澄江 はらから 200911  
能面のふくみ笑ひやそぞろ寒 三浦澄江 はらから 200911  
円空仏鉈目の威こそそぞろ寒 岡田貞峰 馬醉木 200912  
姨捨の細き面やそぞろ寒 船越和香 馬醉木 200912  
そぞろ寒ニッキの甘さ香ばしく 鷲見多依子 201001  
服薬の一剤増えぬそぞろ寒 乙坂きみ子 末黒野 201001  
語尾濁すことも世過ぎやそぞろ寒 大室恵美子 春燈 201001  
友の墓供華に添ふる手そぞろ寒 中原敏雄 雨月 201001  
防空壕召されしまま兄そぞろ寒 藤野寿子 あを 201001  
手を合はす百観音堂そぞろ寒 藤野寿子 あを 201001  
そぞろ寒チラシに指を切られけり 近藤倫子 ぐろっけ 201001  
百面に見据ゑられゐてそぞろ寒 有田蟻太 201002  
己が齢数へおどろくそぞろ寒 北川孝子 京鹿子 201002  
さじ加減時に辛口そぞろ寒 瀬口ゆみ子 ぐろっけ 201002  
あらためて己が齢数ふそぞろ寒 北川孝子 京鹿子 201003  
そぞろ寒長崎の道問はれても 稲畑廣太郎 ホトトギス 201010  
石踏めばからから谿へそぞろ寒 福田雅子 万象 201010  
常用字に「鬱」の復活そぞろ寒 北尾章郎 201012  
そぞろ寒メッシュの靴を磨き終へ 大松一枝 201012  
聞くともなく聞こゆる話そぞろ寒 西岡啓子 春燈 201012  
老いたれば肺炎ワクチンそぞろ寒 宇治重郎 201101  
つけまつ毛長きレジの子そぞろ寒 竹内悦子 201101  
遣唐使の戸惑ふ時勢そぞろ寒 増田一代 201101  
そぞろ寒過疎地赴任の子を思ふ 棗怜子 春燈 201101  
そぞろ寒父の無口をなつかしむ 斎藤道子 馬醉木 201101  
致死量の句を生み出してそぞろ寒 泉田秋硯 201101  
栗鼠の尾の太くなりたるそぞろ寒 松原仲子 201101  
虹の間の日の嫋やかにそぞろ寒 松本三千夫 末黒野 201101 三千院
点滴の管揺れ止まずそぞろ寒 林哲夫 ぐろっけ 201101  
陣痛の眉阿修羅なりそぞろ寒 篠田純子 あを 201101  
荒荒し津軽三味線そぞろ寒 森山のりこ あを 201101  
虫の這ふ布袋の腹やそぞろ寒 有賀昌子 やぶれ傘 201101  
そぞろ寒羽衣伝説ある余呉湖 山口キミコ 201102  
子規集の金文字硬きそぞろ寒 鈴木一広 201102  
そぞろ寒舟に結べる古タイヤ 垣岡暎子 火星 201102  
鳥の餌に鳥がなりたるそぞろ寒 矢野百合子 201104  
そぞろ寒故人の名前聞くにつけ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201110  
担当の交代告ぐるそぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 201110  
又星を見にきざはしのそぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 201110  
武蔵野の路地を迷ひぬそぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 201110  
旅心華やぎつつもそぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 201110  
心くもるときの饒舌そぞろ寒 コ田千鶴子 花の翼 201111  
そぞろ寒旅から帰り又旅へ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201111  
どうしても読めない熟語そぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 201111  
一向に慣れぬ補聴器そぞろ寒 小林一榮 末黒野 201112  
甲冑はいつも定位置そぞろ寒 相沢有理子 風土 201112  
同病へ貸す医学書やそぞろ寒 阪本哲弘 201201  
検診の結果待つ身やそぞろ寒 小林久子 201201  
そぞろ寒崩し字で書く追而書 宮田豊子 春燈 201201  
思ひ出し古着を探すそぞろ寒 林美智 ぐろっけ 201201  
空耳か赤児泣く声そぞろ寒 史あかり ぐろっけ 201201  
信号でASIMOの走りそぞろ寒 篠田純子 あを 201201  
そぞろ寒湯上り湿布あちこちに 先山実子 ぐろっけ 201202  
抜け道といふは暗しよそぞろ寒 高倉和子 夜のプール 201203  
そぞろ寒供華の白さにありにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201210  
急逝の友又一人そぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 201210  
熊注意に怖気付く朝そぞろ寒 福本すみ子 201211  
そぞろ寒鋏すべらせ開封す 細野恵久 ぐろっけ 201211  
そぞろ寒ひと世長しと思ひをり 酒井秀郎 返り花 201211  
能面のふくみ笑ひやそぞろ寒 三浦澄江 ぐろっけ 201212  
遊廓の残る一角そぞろ寒 竹内悦子 201301  
一村の流失跡やそぞろ寒 坂根宏子 201301  
貝洗ふ音きしませてそぞろ寒 米尾芳子 馬醉木 201301  
彫刻の竜のみじろぎそぞろ寒 篠原幸子 春燈 201301  
塀を超えまだ咲く朝顔そぞろ寒 丸山酔宵子 かさね 201301  
そぞろ寒塩蔵にあるにがり溜 松本三千夫 末黒野 201301  
断層の竹の根あらはそぞろ寒 熊切光子 末黒野 201302  
そぞろ寒絵解比丘尼の指す地獄 藤田かもめ ぐろっけ 201302  
目合はせぬ街の往来そぞろ寒 松井洋子 ぐろっけ 201302  
十年のカルテの重みそぞろ寒む 足利ロ子 ぐろっけ 201303  
死の旅の晴着をきめしそぞろ寒む 足利ロ子 ぐろっけ 201304  
そぞろ寒裏返しては刃物研ぐ 三浦澄江 ぐろっけ 201305  
そぞろ寒払ふ佳人の講話かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201310  
そぞろ寒日にち薬といふ言葉 稲畑汀子 ホトトギス 201310  
そぞろ寒昨日の酒の抜けぬまま 稲畑廣太郎 ホトトギス 201310  
そぞろ寒その後の君は如何ならん 稲畑廣太郎 ホトトギス 201310  
真夜覚めて星を見に出しそぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 201310  
一つづつ乗り越えそぞろ寒くとも 稲畑汀子 ホトトギス 201310  
けふも点滴明日も点滴そぞろ寒 白数康弘 火星 201311  
そぞろ寒太公望の孤独かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201311  
新幹線切符売切れそぞろ寒 稲畑廣太郎 ホトトギス 201311  
寝巻とふ言葉よろしきそぞろ寒 辻美奈子 201311  
極楽へ軋む電車やそぞろ寒 有本南陵 ろんど 201312  
そぞろ寒こむら返りの不意にくる 長久保郁子 かさね 201312  
よく切れる鋏の欲しきそぞろ寒 竹内弘子 あを 201312  
鳥籠に主なき月日そぞろ寒 笠井敦子 201401  
御厩の神馬不在やそぞろ寒 松本三千夫 末黒野 201401  
そぞろ寒変換ミスの多き夜 宮田香 201401  
そぞろ寒仔猫に逢ひし宮の森 羽賀恭子 201401  
そぞろ寒カタカナ書きの来鳥誌 菅谷たけし 201401  
そぞろ寒ウインドに映る我が猫背 松嶋一洋 201401  
寺屋根の寒山拾得そぞろ寒 飯田美千子 201401  
つながらぬネオンサインやそぞろ寒 田丸千種 ホトトギス 201402  
そぞろ寒余白なる老いとほしき 石田朝子 末黒野 201402  
そぞろ寒小籠包の汁とばす 箕輪カオル 201402  
そぞろ寒女医はパソコンばかり見て 池田華甲 201402  
そぞろ寒手窪に碧き化粧水 三浦澄江 ぐろっけ 201402  
反古となる指切りひとつそぞろ寒 北川孝子 京鹿子 201402  
エレベーター待つ高層のそぞろ寒 布川孝子 京鹿子 201403  
水飴を箸にからませそぞろ寒 中山静枝 201403  
そぞろ寒舫ひの船の軋む音 庵原敏典 末黒野 201404 そぞろ寒→ 3

2015年10月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。