そぞろ寒 1   100句

ああいへばかういう兜太そぞろ寒   鷹羽狩行

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
大寺の闇一塊にそぞろ寒 山田弘子 円虹 199812  
美しき木洩日にゐてそぞろ寒 横田元子 199901  
ゼロ件の留守番電話そぞろ寒 鹿野佳子 199901  
たびたびの誤配郵便そぞろ寒 鈴木ミヨコ 199902  
倒れ木の跨げば触れてそぞろ寒 岡本眸 199902  
尖りくる己の声のそぞろ寒 斉藤由美子 ぐろっけ 199902  
快晴となりしより旅そぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 199910  
又仕事中途半端やそぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 199910  
緊張のほどけ行くときそぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 199910  
銀行マン自転車置いてそぞろ寒 稲畑廣太郎 ホトトギス 199910  
そぞろ寒ダークスーツの増えて街 稲畑廣太郎 ホトトギス 199910  
出入口二つ迷ひぬそぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 199911  
入院を拒む一徹そぞろ寒 本城布沙女 雨月 199911  
摩天楼の入口探すそぞろ寒 武井清子 199912  
そぞろ寒そぞろ歩きの杖片手 村越化石 199912  
買ひもせぬ夜景の値踏そぞろ寒 中原道夫 銀化 199912  
牛小舎の裸電球そぞろ寒 鈴木大林子 春耕 199912  
六甲の峰より今朝のそぞろ寒 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
蕉翁の隠密説やそぞろ寒 善積ひろし 遠嶺 200001  
刀疵しるき適塾そぞろ寒 中川濱子 ぐろっけ 200001  
仏飯に眼鏡のくもるそぞろ寒 服部幸 200002  
そぞろ寒一瞬湾の白襖 小島とよ子 新樹光 200007  
もう一度考へてみるそぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 200010  
横川路はそぞろ寒しと身ごしらへ 稲畑汀子 ホトトギス 200010  
握る手のぬくもり添へるそぞろ寒 大平保子 いろり 200011  
夫の書く年金請求そぞろ寒 桑原敏枝 いろり 200012  
松籟の絶えぬ鵺塚そぞろ寒 中川濱子 ぐろっけ 200012  
血管を叩き探られそぞろ寒 高木悠悠 200101  
そぞろ寒受話器へ一礼して切りぬ 小島美智子 風土 200101  
赤きもの着て見たくなるそぞろ寒 谷口蔦子 ぐろっけ 200101  
幅広き上り框やそぞろ寒 神崎律子 200107  
聞き流す一言胸にそぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 200110  
A3の出口に迷ふそぞろ寒 竹内芳子 あを 200111  
星散に金気の混じるそぞろ寒 新井竜才 銀化 200111  
釣舟に並ぶ背固しそぞろ寒 浅野恵美子 酸漿 200112  
闘争心見す羽抜鶏そぞろ寒 久保晴子 雨月 200201  
障害者の証明書これそぞろ寒 古田考鵬 雨月 200201  
そぞろ寒百の戦車と遇ふ沙漠 竹内喜代子 雨月 200201  
色違ふ錠剤四つそぞろ寒 鈴木とおる 風土 200201  
ストロボの残像白しそぞろ寒 広渡紀子 200202  
鈴付けし猫と和鋏そぞろ寒 中原道夫 銀化 200211  
飲み薬又一つ増えそぞろ寒 山崎ミチ子 帆船 200212  
みぞおちに持病の兆しそぞろ寒 伊藤月江 雲の峰 200212  
叶杉とても手触るるそぞろ寒 大橋敦子 雨月 200212  
別れ来て一人歩きのそぞろ寒 加賀富美江 遠嶺 200302  
そぞろ寒橋渡る間に星殖えて 隈部郁子 200302  
源の怨修善寺そぞろ寒 田中敏文 ぐろっけ 200302  
そぞろ寒水掛不動水の音 塙告冬 ホトトギス 200303  
そぞろ寒夕日も沼に落ちにけり 塙告冬 ホトトギス 200303  
そぞろ寒鎮守の杜の高嶺星 藤枝五三子 帆船 200311  
電気メス身を焦がす臭そぞろ寒 品川鈴子 ぐろっけ 200311  
そぞろ寒茶道指南の札古りて 佐藤瑛 帆船 200312  
そぞろ寒しろじろ朝の日の昇る 辻本興雲 雲の峰 200312  
抜き身太刀護身のききめそぞろ寒 林日圓 京鹿子 200401  
運転に死角のありてそぞろ寒 竹内喜代子 雨月 200401  
竜神を祀りてそぞろ寒きかな 望月三千代 草の花 200401  
博多帯息すれば鳴るそぞろ寒む 芝生南天 河鹿 200402  
蔵へ山車収めのならひそぞろ寒 今井松子 遠嶺 200402  
玻璃越しの魚に睨まるそぞろ寒 大谷茂 遠嶺 200402  
そぞろ寒汀に鷺の一思案 山崎靖子 200402  
卓の面に白紙吸ひつくそぞろ寒 坪井洋子 200402  
そぞろ寒堂に極楽地獄絵図 三浦澄江 ぐろっけ 200403  
そぞろ寒手から離せば物忘れ 水野範子 ぐろっけ 200403  
そぞろ寒愛用の杖持ち去られ 先山実子 ぐろっけ 200403  
点眼の耳迄濡らしそぞろ寒 井手由紀江 築港 200404  
そぞろ寒肩を寄せ合ひ道祖神 橘沙希 月の雫 200404  
朝の間のそぞろ寒はや消えて着く 稲畑汀子 ホトトギス 200410  
たわいなく撃たるる子熊そぞろ寒 竹内弘子 あを 200410  
目の前の仕事の枷やそぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 200411  
身の置き処居間へ厨へそぞろ寒 岡田和子 馬醉木 200412  
片しぼ竹の節の屈折そぞろ寒 小泉三枝 春燈 200412  
山容の暮色に沈むそぞろ寒 相沢有理子 風土 200412  
医師の書く医師への添書そぞろ寒 坂上多恵子 雨月 200412  
闘牛のどよめきにゐるそぞろ寒 中野智子 春耕 200412  
地震はしる人も地面もそぞろ寒 安部里子 あを 200412  
詰め寄りて木偶の問答そぞろ寒 片田千鶴 馬醉木 200501  
そぞろ寒不明者四名の官軍墓地 松崎鉄之介 200501  
モニターにて映る胃の中そぞろ寒 木村三郎 200501  
ビー玉を陽に透かしゐるそぞろ寒 大山文子 火星 200502  
赤子抱く避難所の夜のそぞろ寒 岡山満沙子 遠嶺 200502  
倒れ伏す葦に日当るそぞろ寒 前田陶代子 200503  
そぞろ寒俳句の道が折れ曲がる 八木蝉息 200508  
そぞろ寒仕事の山を置きて旅 稲畑汀子 ホトトギス 200510  
通じたる電話の声のそぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 200510  
快晴の空被災地のそぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 200510  
ニュース又見てしまひたるそぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 200510  
不用意に出掛け来しことそぞろ寒 稲畑汀子 ホトトギス 200510  
青びかる蛇の鱗やそぞろ寒 那須淳男 馬醉木 200512  
そぞろ寒犬に舐められ手を洗ふ 山田六甲 六花 200512  
浮世絵の黒き雨脚そぞろ寒 藤井寿江子 馬醉木 200601  
魚見る橋の定位置そぞろ寒 荏原徹 対岸 200601  
多羅葉の木と解るまでそぞろ寒 黒田咲子 200601  
鳳凰と目の搗ち合うてそぞろ寒 増田大 春燈 200601  
可坊(べらぼう)な値の付く古銭そぞろ寒 宮川典夫 200601  
銭湯の跡にコンビニそぞろ寒 高杉風至 百鳥 200601  
待つほどの郵便は来ずそぞろ寒 近藤倫子 ぐろっけ 200601  
はづしてはさがす眼鏡やそぞろ寒 小山陽子 200601  
そぞろ寒首を伸ばして鶏かける 芝生南天 河鹿 200602  
そぞろ寒暗へと落つる狸穴 大森尚子 風土 200602  
歯科椅子に麻酔注射やそぞろ寒 物江晴子 八千草 200604 そぞろ寒→2

2019年10月1日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。