新 緑 2       100句

新緑の山を食べたくなりにけり   小林厚子   現代俳句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
新緑に沈みこみたる堂一宇 清水明子 遠嶺 200209  
新緑の真つ只中の句会かな 大村真佐子 遠嶺 200209  
新緑を天蓋として湯浴みをり 杉山真寿 200209  
新緑の上に新緑鳥こだま 高木晶子 京鹿子 200210  
新緑や術後の余生諭さるる 増田八重 酸漿 200211  
新緑の玻璃に術後の目を洗ふ 増田八重 酸漿 200211  
明治の世知らぬ新緑知る古木 稲畑廣太郎 ホトトギス 200304  
新緑や水の面にある愁ひ 山仲英子 200305  
新緑やみな低く干す母のもの 長坂ヤス子 酸漿 200306  
新緑を天蓋として蘆花眠る 塩川雄三 築港 200306  
新緑の濃淡に間のありにけり 長崎桂子 あを 200306  
新緑へどこからも入口ばかり 豊田都峰 京鹿子 200307  
新緑の奥をよぎれる鳥の影 渡辺君恵 帆船 200307  
新緑や鳥居の中に石畳 斉藤静枝 あを 200307  
新緑に心開放してゐたり 塩川雄三 築港 200307  
百幹の竹百幹の新緑よ 塩川雄三 築港 200307  
単線の新緑の駅長停車 米谷香恵子 築港 200307  
柿の葉の新緑光る日に反射 上岡末喜 築港 200307  
新緑のうへ滑りゆくモノレール 米倉よしお 雲の峯 200307  
二上の新緑そびらに塔二つ 大柳篤子 雲の峯 200307  
新緑の中の西郷どんと犬 芝尚子 あを 200307  
宮司留守新緑あふる山の宮 田中藤穂 あを 200307  
新緑の夜は目薬買ひにゆく 篠田純子 あを 200307  
踏ん張って臨終を聞く外は新緑 篠田純子 あを 200307  
新緑や事故の白墨消え残る 森理和 あを 200307  
新緑や車椅子なる姉見舞ふ 早崎泰江 あを 200307  
新緑や紙飛行機の高くとぶ 吉成美代子 あを 200307  
新緑の山ゴンドラの影映す 吉成美代子 あを 200307  
新緑の風鏡中を通りぬけ 吉成美代子 あを 200307  
新緑やバックミラーの両側に 赤座典子 あを 200307  
新緑やパステル紙をすべりゆく 東亜未 あを 200307  
新緑や遠くに白き滝かかる 須賀敏子 あを 200307  
新緑や休耕田のとびとびに 鈴木多枝子 あを 200307  
新緑のその風音は波の音 鈴木多枝子 あを 200307  
新緑の被さり減速ローカル線 長崎桂子 あを 200307  
新緑の風吹きぬける神樂殿 佐藤喜孝 あを 200307  
船着きて新緑の島動きをり 清水明子 遠嶺 200308  
新緑や園児の列の伸びちぢみ 小阪喜美子 遠嶺 200308  
新緑のバスに触れなむ淡路かな 白井墨絵 遠嶺 200308  
新緑やドイツビールとソーセージ 小川洋子 帆船 200308  
新緑をとび出して巫子小走りに 高木智 京鹿子 200308  
新緑の視力検査は両眼開け 木村みかん 200308  
新緑や心の芯まで青むほど 西村咲子 六花 200308  
新緑の森を守るやボランテイア 延川笙子 六花 200308  
新緑やいく度となく深呼吸 鈴木多枝子 あを 200308  
新緑や工房にある竹箒 郷田健郎 百鳥 200308  
新緑や花嫁の舟ゆるやかに 水田清子 200308  
新緑や麟麟は空で考へる 鎌倉ひろし 百鳥 200309  
新緑や城塞残る石の街 石井邦子 酸漿 200309  
新緑の峠を越えて谷川岳たにがわ 小田知人 ぐろっけ 200309  
新緑や腎結石を砕きし日 嶋田一歩 ホトトギス 200310  
新緑の日増しよ窓を洗はねば 武井玲子 八千草 200310  
新緑や貨物列車のゆるり過ぐ 田中時子 八千草 200311  
新緑の風のなだめし湖静か 橘沙希 月の雫 200404  
新緑の明るさ消して雨の朝 稲畑汀子 ホトトギス 200405  
新緑を来し目に峨々と嶺現るる 稲畑汀子 ホトトギス 200405  
一雨に新緑深めたる狭庭 稲畑汀子 ホトトギス 200405  
新緑にホテルの透けし昇降機 長谷川鮎 ぐろっけ 200405  
摩天楼より新緑がパセリほど 鷹羽狩行 河鹿 200406  
新緑や移動図書館公園に 山崎ミチ子 帆船 200406  
新緑の寺の砂紋に乱れなし 塩川雄三 築港 200406  
新緑の地獄の門を出入りする 早崎泰江 あを 200406  
会ふたびに老い新緑のクラス会 櫻井幹郎 百鳥 200407  
新緑に銭を払うて苑回る 里見輝子 築港 200407  
常に見る山のいつしか新緑に 難波澄子 築港 200407  
新緑の森の匂ひに酔ひにけり 川原典子 酸漿 200407  
新緑の色に煽らるここちせり 山荘慶子 あを 200407  
新緑やボーイスカウト唄揃ひ 泉田秋硯 200407  
新緑の社をまたぐ高架橋 井上紘 雲の峰 200407  
新緑や老の翳りの夫の背 大野信子 草の花 200407  
新緑の山トンネルに迫り来る 名取富子 帆船 200408  
新緑の美人走者とすれ違ふ 小澤克己 遠嶺 200408  
新緑の嶺や北斗の星時計 小澤克己 遠嶺 200408  
新緑にすつくと古刹立ち上がる 高村洋子 遠嶺 200408  
新緑に深入りしたる絵筆かな 中山皓雪 200408  
茶畑に新緑の縞洗ふ雨 高木智 京鹿子 200408  
新緑をかたちにすればいちまいガラス 直江裕子 京鹿子 200408  
新緑に包まれ飛騨の美術館 岡本直子 雨月 200408  
新緑の雫掌に受く忌明かな 近藤きくえ 200408  
新緑やわた雲のごと散る羊 古川京子 万象 200408  
新緑やむかひ合せの焙り餅 深澤鱶 火星 200408  
御飯粒嚼めば新緑にあふる 辻恵美子 栴檀 200408  
新緑の山動きだすループ橋 上石哲男 築港 200408  
新緑や自惚れ鏡古びたる 二瓶洋子 六花 200408  
新緑の巨木追ひこしビル伸びる 斉藤裕子 あを 200408  
新緑の空奪いつつ再開発 斉藤裕子 あを 200408  
新緑に風あり赤子よく眠り 塩沢とき子 対岸 200408  
新緑の異なる色を見分けをり 中田寿子 ぐろっけ 200408  
新緑の阿寒湖畔にまりも唄 鈴木照子 200409  
新緑の匂ひが湖にまで及び 浅田浦蛙 対岸 200409  
新緑に浸りたくゆく播但線 岡本直子 雨月 200409  
新緑や新人芸子の座に和む 佐原正子 六花 200409  
新緑や夫亡きあとの粗き雨 田代ヨシ 河鹿 200409  
新緑に紫煙吸はれてゆきにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200411  
新緑やしたたる魚籠を土間に置き 鷹羽狩行 200503  
新緑の奈落をカーブ又カーブ 稲畑汀子 ホトトギス 200505  
新緑に染まりて雨の旅路かな 稲畑汀子 ホトトギス 200505  
新緑に深く沈みて神灯る 今瀬剛一 対岸 200506  
新緑や日々つややかに逞しく 赤座典子 あを 200506  
新緑や船頭の歌冴え渡り 伊藤昌子 帆船 200507 新緑→3

 

2014年5月4日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。