新 樹 1

圓く濃き新樹の影にバスを待つ   篠原梵   皿

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
新樹晴携へて来し旅心
稲畑汀子
ホトトギス
199805
新樹晴瀬戸大橋につながりぬ
稲畑汀子
ホトトギス
199805
雨上り新樹の雨滴光る朝
稲畑汀子
ホトトギス
199805
どこまでも新樹明るき並木道
稲畑汀子
ホトトギス
199805
わが造化なりいつぽんの新樹光
小澤克己
遠嶺
199807
新樹すぐ風樹となれり大原野
小澤克己
遠嶺
199807
新樹光サーフボードを横抱きに
山田禮子
遠嶺
199808
王道に星したがへて新樹立つ
小澤克己
遠嶺
199808
祝 川口襄句集 王道
新樹映ゆ坂下門より入る皇居
松尾白汀
円虹
199808
アイロンに柄の浮きたつ新樹の夜
筧隆代
199808
一鳥に撓みて新樹とは静か
坪井洋子
199809
会いたいと伝言のメモ新樹光
望月和子
船団
199811
生きざまは黒子のごとし夜の新樹
保坂加津夫
会者定離
199900
満たされぬものが沈んで夜の新樹
保坂加津夫
会者定離
199900
余命思へば余りに美しき新樹かな
密門令子
雨月
199901
宮島の路地抜けてゆく風新樹
稲畑汀子
ホトトギス
199905
悲しみは新樹の雨の上りても
稲畑汀子
ホトトギス
199905
降るときは降り新樹晴いさぎよし
稲畑汀子
ホトトギス
199905
これよりの新樹明るき通学路
稲畑汀子
ホトトギス
199905
育ちたる新樹輝く日なりけり
稲畑汀子
ホトトギス
199905
雨止めよ止めよと新樹伸び上がる
小澤克己
遠嶺
199907
いつこくの父亡し雨の新樹光
吉岡純子
199907
渓深く新樹まぶしき奥秩父
神宮寺泰吉
酸漿
199908
新樹の香羅漢の耳のみな大き
神宮寺泰吉
酸漿
199908
夜の新樹くぐりて来たり深海魚
曷川克
遠嶺
199908
夜の新樹旅に華やぐ妻の声
岩田沙悟浄
円虹
199908
一雨の過ぎし新樹の香を浴ぶる
吉村玲子
円虹
199908
遠野はや新樹の軒に薪を積み
江木紀子
雨月
199908
須磨浦の段に見惚れる夜の新樹
村田近子
遠嶺
199909
新樹の香また逢ひたくて六本木
吉村春風子
遠嶺
199909
星影の新樹の下の髪飾り
環順子
遠嶺
199909
新樹光不良中年眩しがり
高木伸一
六花
199909
左手が物のやうなる新樹光
高木伸一
六花
199909
新樹より生まれし風や婚決まる
田中麻千子
六花
199909
朱鷺の子に佐渡は新樹の光満つ
田中麻千子
六花
199909
テンペラの匂ふアトリエ新樹光
辻享子
六花
199909
新樹匂ふ闇やはらかに常夜燈
中島霞
ぐろっけ
199909
三兄弟妹に子が揃う新樹声あげる
八木原祐計
海程
199911
新樹光踊る流れを掬ひけり
迫谷富子
いろり
199911
屋根のない家だと想う夜の新樹
小枝恵美子
ポケット
199911
丸ビルの端の新樹も伐られけり
稲畑廣太郎
廣太郎句集
199912
屋根のない家だと想う夜の新樹
小枝恵美子
船団
199912
天為あり天の声あり新樹晴
稲畑汀子
ホトトギス
200003
祝「天為」百号
手のひらに妖精が乗る新樹光
松木知子
ヒッポ千番地
200004
新樹揺れる水目覚めてる
新関一杜
京鹿子
200005
はるかなる闇に産声夜の新樹
稲田眸子
200005
風軽し新樹を渡りくるときは
稲畑汀子
ホトトギス
200005
青空に新樹の色を伸ばしけり
稲畑汀子
ホトトギス
200005
四十雀のみよく鳴けり新樹光
阿部ひろし
酸漿
200006
ばっさりと娘髪切る新樹出ん
保坂加津夫
いろり
200006

 

2014年5月9日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。